20万円だけ借りる方法

「すぐにお金が必要」という切迫した事情があり、さまざまな金策に走るケースがあるかと思いますが、必要な金額によって、用立てる手段も変わります。

1万円程度必要なだけであれば、家族や親しい知人に借りるという話はそんなに不自然ではありませんが、10万円単位となると、なかなか言いだ出しにくいものです。

20万円借りるのに便利なキャッシング

例えば「20万円借りる」場合では、どんな解決方法が考えられるでしょうか。

20万円の借入となると、カードローンやキャッシングなどで融資を受ける人が多いかと思います。

20万円であれば、安定した収入があり、他社での借入がなければ、融資審査に通るケースがほとんどかと思います。

ただし、20万円とはいえ、毎月の返済額には注意した方がよいでしょう。

多すぎても生活を圧迫しますが、少な過ぎても返済期間が延びて、結果的に多くの支払いをする事にもなりかねません。

また、消費者金融やカードローンでは、その金利は「利息制限法」という法律で「年率18%以内」と定められていますが、これらの法律を守っている、正規の業者を選ぶことも大切です。

例えば「ブラックでも即日融資します」などという甘い文言で多重債務者を誘う業者へ申し込むと、違法な金利を取り立てる悪徳業者のケースもあるので、くれぐれも注意し、銀行が発行するカードローンや、プロミスやレイクなど、誰もが知る大手のキャッシングを利用するなど、情報の見極めがが重要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る