キャッシング利用時に記録される信用情報とそのデメリット

「お金を借りて返済が遅れたり、自己破産をするとブラックリストに掲載される」と昔から言われてきましたが、実は、ブラックリストなどというものは存在しません。

カードローンやキャッシング会社などの金融機関へ融資を申込むと、個人信用情報機関と呼ばれる機関へ個人情報が登録されることになります。

登録内容は、他社での借り入れ状況や滞納歴、さらには自己破産などの債務整理をした事実も記録されます。

滞納や債務整理は、金融事故と呼ばれ、この事故歴の有無が記録されることにより、キャッシング会社へ申込みをした際に、各社の判断で融資審査に通過しないなど、これらの事が誤解されてブラックリストとして広まっている様です。

「アコムは情報機関AとBに加盟」「プロミスは情報機関AとCに加盟」といった具合に、各社それぞれ登録する個人信用情報機関が異なります。

キャッシング会社が加盟する機関、クレジットカードなどの信販系が加盟する機関、さらには銀行系が加盟する機関、といった具合に金融機関の性質ごとに、それぞれが加盟する信用情報機関が分かれています。

また、自身の個人信用情報が登録されているかどうかについては、各個人信用情報機関へ窓口請求や郵送などの方法で開示請求することにより確認できるので、過去にカードローンやキャッシング会社と契約があり、新たにローンの審査が通らなかった場合や、「カードローンの審査に通らないなどの問題はないが現在の登録状況が気になる」という場合には、開示請求を行って調べてみるとよいでしょう。

また、これらの個人信用情報機関へは、審査に通らなかった場合でも、申込みするだけ登録され、あまりにも複数のキャッシング会社へ申込みをすると、「利用していないのに審査に落ちる」といった、いわゆる「申込みブラック」となるデメリットもあるので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る