アコムのクレジットカードはどんな審査があるのか

カードローンの老舗企業として誰もが知るアコムですが、マスターカードブランドのクレジットカードを発行していることをご存じでしょうか。

ACマスターカードという名称でCMでも宣伝されているため、聞いたことがある人も多いかもしれません。

カードローンとクレジットカードの区別がつかないという人もいますが、クレジットカードは、あくまでショッピングの際に「カード決済」が可能であり、キャッシングやカードローンは、現金をATMなどで文字通り「キャッシング」する目的で発行されています。

実は、アコムは消費者金融としては初めてクレジットカードを取り扱った会社で、当時は話題になりました。

それだけ、消費者金融とクレジットカードは垣根があったとも言えます。

通常のアコムのキャッシング審査と違い、アコムのACマスターカードへ申し込んだ場合の審査はどうなっているのでしょうか。

アコムと同様に、在籍確認も行われ、即日の発行、利用も可能です。

個人信用情報機関への照会では他社への返済状況や事故歴なども調べられます。

必要書類(本人確認書類など)の提出や在籍確認などが行われ、審査に通過したら、最短で即日カード発行も可能というスピーディな対応が、既存のクレジットカード会社にはないメリットかもしれません。

また、クレジットカードの審査は貸金業法の総量規制の対象とならないため、収入を証明する書類の提出は不要であるケースがほとんどの様です。

申込方法も通常のアコムと同じくwebから24時間申込可能なので、「日中は忙しい」という人にもピッタリです。

アコムの極度額変更にかかる審査

20160825

アコムのカードローンを利用している人の数は、実はかなりの数にのぼると言われています。

アコムは昭和11年に丸糸呉服店として創業して以来、多くの人に利用されてきました。

キャッシング会社としては初めて「ACマスターカード」の名でクレジットカードを取り扱うなど、常に消費者金融業界をけん引してきました。

アコムのカードローンが人気である理由の一つとして、平日の指定時間までに契約が完了していれば、銀行振込の方法で即日融資が可能であるなど、その対応のスピーディさにあります。

銀行融資や政府系の金融機関からの融資の場合、そうはいきません。

審査も慎重になり、時間もかかります。

さて、アコムを既に利用している人が、限度額の増額、増額の申請をしたい場合、どんな手続きが必要でしょうか。

基本的には、通常の融資審査と同様に進められます。

増額審査で重視されるのは、やはり収入の証明です。

増額すのであれば、返済能力を超えた融資で多重債務に陥らないためにも、それに見合った返済能力、つまり年収を証明する必要があります。

キャッシングの審査では、他社での借入状況照会と違い、収入に関しては個人信用情報機関で照会するにも限度があり、やはり最終的には収入証明書類が要となるのでしょう。

また、増額の申請については、アコムの会員ページからも申請することができます。

増額の審査に伴い、改めて在籍確認が必要となる場合もあるため、勤務先に変更があっても放置している場合などは特に注意が必要です。

増額審査といっても、基本的には通常の融資審査と性質は同じと考えておくべきでしょう。

アコムの審査に勤務年数は関係するのか

アコムといえば、「お金がないときに個人が利用できる」「即日での融資も可能」など、キャッシングの代名詞として認知されています。

むじんくんの名で有名な自動契約機を全国に設置したことで、キャッシング業界のパイオニア的存在として現在まで存続しており、まさに老舗のキャッシング会社とえます。

また、アコムはACマスターカードというクレジットカードも発行していることをご存じでしょうか。

クレジットカードを発行する消費者金融はアコムが初めてで、登場した当時は話題になりました。

さて、アコムの審査に、勤務年数(勤続年数)は関係するのでしょうか。

申込書の項目には勤続年数の欄があります。

キャッシングの審査では返済能力を重視されるはずで、勤続年数は一見して返済能力と無関係の様に思われますが、勤務している期間が長いということは、それだけ「継続性がある」「仕事が長続きする」ということから社会的信用に繋がります。

「年収1千万円で勤続年数1年未満」と「年収400万円で勤続5年」を比較した場合、どちらが確実に返済できそうかは、言うまでもないでしょう。

また、現在のキャッシングは総量規制によって「申込者の年収の、3分の1を超えて融資をすることができない」というルールがあります。

消費者金融側が年収を把握する目的で「収入を証明する書類」の提出が必要となるため、年収については昔よりも正確な情報が得られるようになりました。

現在では個人信用情報機関も3社間で提携しあっているため、銀行での借入れも把握できるようになり、申込者の情報は筒抜けです。

それでも正確に追えないのが勤務先に関する情報であるため、在籍確認などの方法で勤務実態を把握する必要があるのです。

アコムの審査に給与明細は必要か

アコムは老舗の消費者金融として古くから多くの人たちから利用されてきました。

アコムに限らず、カードローンの便利なところは、お金がないときに、誰でもいつでも人目を気にすることなくカード一つで借入れできる点です。

最近のキャッシングはネットでの申込が主流となっており、店頭へ出向くことなく契約を済ませることも可能です。

また平日の指定時間までに、必要書類の提出や、勤務先への在籍確認電話、アコムとの契約が完了している場合、即日での振込融資も可能など、そのスピーディな対応も魅力な一つでしょう。

さて、アコムの審査に必要なものとして運転免許証などの身分証のほか、収入を証明する書類の提出が求められます。

この収入証明書として利用できるのは、源泉徴収票のほか給与明細も有効です。

ただし、給与明細の場合、平均値をとるためにも直近2か月分のものを用意する必要があります。

また、増額の審査を受ける場合にも収入証明書類は必要となります。

これは、消費者金融は2010年から貸金業法が改正されて以来、総量規制というルールによって貸金業者は「年収の3分の1まで」しか融資することができなくなったからです。

一部、金額によっては収入証明がなくても融資を受けられる方法がある様ですが、返済能力を超えた融資を行って利用者が多重債務に陥らないために設けられた法律であるため、基本的には消費者金融側の自主規制として安易な貸付けを行わなくなったことは間違いありません。

アコムの審査は休日でも可能か

消費者金融のアコムは、お金が必要になったときには誰でも気軽に申し込むことができます。

アコムは昔から対応のスピーディさがウリで、場合によっては即日融資も可能など、急ぎの人でも利用しやすいカードローンです。

キャッシング業界では初のマスターカードブランドのACマスターカードを発行したり、消費者金融としは一番はじめに自動契約機を設置するなど、常に時代を切り開いてきました。

そんなアコムですが、土日や祝日でも審査を受け付けているのでしょうか。

銀行などの金融機関が土日は休みであることから、消費者金融の審査も平日のみと思われがちですが、違います。

基本的には、アコムは土日関係なく審査を行っています。

むじんくんであれば夜22時まで営業しているので、仕事で夜遅くなっても余裕をもって申込することができます。

ただし、在籍確認電話を行う都合上、申込をした人の勤務先が休みの場合、在籍確認ができませんので、審査をすすめることができません。

その場合、翌営業日に持ち越すことになります。

また、ネットの情報まとめサイトなどでは土日はNGと掲載されているのを見かけますが、これは銀行振込みの方法で即日融資を受ける場合の話です。

それでも、銀行振り込みで即日融資を受ける場合、楽天銀行の口座をもっていれば、土日に関係なく振込融資が可能です。

現在は、銀行振込融資が普及しているため、土日では即日融資ができないと思われがちですが、消費者金融は昔から土日祝日に関係なく審査を行ってきました。

最近ではあまり見かけることが少なくなりましたが、店舗窓口は土日も営業していることから、消費者金融の審査に土日はあまり関係ありません。

アコムの審査は厳しいのか

20160821

アコムの審査は厳しいのでしょうか。

アコムは昔からカードローンとして誰もが知る存在でした。

現在も、アコム発行のクレジットカード(マスターカード)を多くの人が利用するなど、消費者金融業界だけではなく、個人が利用する金融サービスを幅広くカバーしています。

キャッシングといえばアコムの名を想像する人も珍しくありません。

アコムの魅力は何といってもその対応のスピーディさにあると言えます。

通常、銀行などの融資ではその手続きに何日も要することも珍しくありませんが、アコムの場合、在籍確認や契約が指定時間までに完了していれば即日融資も可能です。

また、「借り換えローン」と称したいわゆる「おまとめローン」の提供も、アコムがもつ魅力の一つでしょう。

借り換えローンは、金利が高く返済が生活を圧迫している場合には、他社キャッシングでの借り入れをアコムへ一本化できるという趣旨のローンで、これは、貸金業法に基づく「利用者にとって一方的有利な融資」とされており、貸金業法が改正されて導入されたルールです。

アコムの審査が厳しいと感る人は、過去にアコムの融資審査に落ちたと考えられますが、おそらく収入証明書(源泉徴収票や給与明細2か月分など)や本人確認書類(運転免許証)などの必要書類を用意できなかったり、職場への在籍確認が取れなかったなどの理由が考えられます。

もちろん、アコムに限らず、キャッシングの審査基準は極秘情報で公開はされていません。

アコムの借り入れ審査で注意すること

アコムのキャッシング審査では、どんなことが行われるのでしょうか。

また、アコムの融資審査に通過するためには、どんな点に注意するべきでしょうか。

アコムは、カードローンとしては誰もが知るブランドで、名実ともに老舗の消費者金融と言えるでしょう。
「アコムの借り入れ審査で注意すること」の続きを読む

アコムの借り換え審査について

消費者金融のアコムは、即日融資に対応しているなど、昔から多くの人に利用されてきました。

一方、アコムをはじめ、キャッシングがブームになった頃、返済能力を超えた借入をして多重債務に陥る人が急増し、社会問題ともなりました。

当時は、他社で借入をしている人が金利の低いキャッシング会社に乗り換えるという行為に抵抗があるものでしたが、貸金業法が2010年に改正されて以来、この「おまとめローン」や「借り換えローン」という性質をもつ融資が法律で推奨されるようになったのです。

アコムでも「貸金業法に基づく借り換えローン」という名目で受け付けています。

借り換えローンの審査は、厳しいのでしょうか。

借り換え専用ローンでは、既に「他社で借入をしており、多重債務一歩手前の状態」であることを前提としているため、審査で重視されるのは、申込者のもつ債務が「借り換え融資の対象となるかどうか」についてです。

そのため、この場合、利用者には何のデメリットもありません。

これは、多重債務者を減らすための法改正であり、毎月の返済額を圧縮することが可能となるため、利用者は債務整理をすることなく、返済を続けることが可能になるのです。

また、この借り換えローンは、あくまで消費者金融での借入が対象で、マスターカードなど、クレジットカードのショッピング枠、銀行の住宅ローン債務などは対象となりません。

「オリックス銀行カードローン」や「アイフル」など、大手キャッシング会社の多くが導入しています。

限度を超えてやみくもに複数社から借入をしていた人にもこうした救済措置があるのは便利なことですが、お金を借りる際には、こうした必要な情報がある、ないにかかわららず、計画的な利用を心掛ける意識が求められます。

アコムの審査に落ちる原因とは

アコムについて、その存在を知らない人はいないかと思います。

アコムを利用したことがない人でも、「アコム=老舗の消費者金融」「むじんくんで有名なカードローン」などというイメージくらいはもっているかと思います。

プロミスやアイフルなどと並んで、大手キャッシングといえば、すぐに思い浮かべるブランド名の一つでしょう。

実は、アコムはキャッシング業界でも、いわば開拓者的存在で、全国初の無人契約機設置に限らず、「ACマスターカード」という、マスターカードブランドを冠したクレジットカードを発行するなど、当時では珍しい事業展開をしていました。

「消費者金融のクレジットカードを出すのは恥ずかしい」という利用者の気持ちに配慮して、アコムとは一切分からないカードデザインにするなど、その徹底ぶりにも感心します。

アコムの融資審査というと、誰でも通りやすいイメージがあるかもしれませんが、落ちる人も一定数います。

キャッシングの審査は、個人信用情報機関で他者での利用記録が照会されるため、他者利用経験もない場合に絞って紹介します。

まず、最も多いのが、「収入を証明できない」又は「年収が極端に低い」場合です。

これは、返済能力に関わるため、他社で借入をしていなくても落ちるケースが多いとされています。

給与明細などの必要書類が用意できない場合もこれに含まれます。

その次に、在籍確認が取れない場合や、銀行の住宅ローンなど、あらゆる金融機関でお金を目一杯借入している場合などは、審査落ちするケースが目立ちます。

アコムの審査で他社の延滞があると不利になるか

アコムは消費者金融としては初のクレジットカード(マスターカード)ブランドのカードを発行したり、全国で初めての無人契約機「むじんくん」を導入するなど、常にキャッシング業界のパイオニア的存在でした。

現在でも、アコムのカードローンは幅広い層に利用され、「個人がお金を借りる=アコム」というイメージも強く定着しています。

では、アコム以外の他社でキャッシングの借入をしており、延滞や滞納があった場合、新たにアコムへ申込をしたとき、融資審査で不利になったりするのでしょうか。

結論から言うと、不利になります。

まず、他社での利用履歴はJICCやCICなどの個人信用情報機関に登録されています。

そこでは、借入に関する情報、返済状況、債務整理などの事故履歴など、個人が金融機関を利用した履歴の全てが記録されています。

一昔前は、「銀行系」や「信販系」などとジャンルごとに区別されていましたが、現在日本に存在する個人信用情報機関は3社しかなく、その全てが相互に提携しあっているため、現在は「キャッシングの利用が銀行での住宅ローン審査に影響する」などという事態が起こりうる様になりました。

また、アコムに限らず、返済が遅れるなどの延滞は非常に悪い記録として残り、キャッシングの審査に悪い影響を与えることは間違いありません。

自分の個人信用情報がどんな状況にあるかは、個人信用情報機関3社に「開示請求」する方法をとることで可能です。

その際、電話では回答を得られないため、書面による手続きが必要となります。

アコムの審査で嘘をつくと不利になる

20160816

キャッシングのアコムは今や誰もが知る老舗消費者金融のカードローンブランドです。

無人契約機「むじんくん」の登場で一躍世間に認知されたアコムですが、利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

アコムの審査で嘘をついた場合、どうなるのでしょうか。

アコムに限らず、キャッシングの審査で嘘をついてもバレる項目は多数あります。

その最たるものが他社での利用状況でしょう。

キャッシングの融資審査では、最初に個人信用情報機関へ照会します。

そこでは、「他社でいくらお金を借りているか」「返済事故の有無」など、他社で申込みした際の個人情報が記録されているため、ほとんど丸見えと言ってもよいでしょう。

一昔前は、「銀行系と信販系、消費者金融系は別のネットワークだからバレない」という人もいましたが、現在ではすべて提携しているため、銀行や消費者金融など関係なく、個人が金融機関を利用した(借入をした)事実は記録されます。

また、アコムの審査で「勤続年数」などを誤魔化す人もいますが、給与明細などからバレるケースもあります。

もちろん、勤務していないのにもかかわらず、勤務先について嘘をついて申込みした場合も、在籍確認電話によってすぐにバレます。

そして、今まではある程度多めに申告することができていた「年収」についても、改正貸金業法によって総量規制が導入され、貸金業者は「収入を証明する書類の提出を求める」ことが必要になったため、年収の誤魔化しもほとんど出来なくなりました。

トータルで考えても、キャッシングの審査では正直に申告した方が、結果的に得をすることが分かります。

アコムの審査申込はアルバイトでもOK 

アコムの審査はアルバイトでも大丈夫なのでしょうか。

アコムといえば、消費者金融としては初めてクレジットカードのマスターカードと提携したり、業界ではじめて全国に「むじんくん」の名で知られる自動契約機を設置するなど、キャッシング業界では、常に新しい事に取り組んできました。

利便性においても、場合によっては即日の融資も可能とするなど、急いでいる人にとっては大変便利なサービスを提供しており、多くの人から利用されてきました。

インターネットのキャッシング体験談などの情報サイトを見ても、アコムの評判は内容がよいものが目立ちます。

何といってもカードローンの魅力は、銀行での融資異なり、準備するものは本人確認書類や収入を証明する書類だけで審査進めることが出来る点です。

もちろん、職場へ担当者から電話をかける在籍確認などの行程はありますが、基本的には学生でや主婦でも安定した収入があり、それを証明できれば審査を受けることができます。

アルバイトの収入しかない人がアコムへ申し込む際、注意したいのは、その限度額です。

キャッシング会社は現在、総量規制のルールで「年収の3分の1」までしか融資を受けることができません。

アルバイトの場合、その収入が低いケースが多く、どうしても希望する限度額での融資を受けることが出来ない場合があります。

きぼうした融資限度額で契約できなかった場合、一度は希望する限度額を引き下げて、返済実績を積み重ねた頃に増額の案内が来るのを待などの方法を検討しましょう。

アコムの審査は甘いのか

アコムの審査は甘いのかという質問や情報を、ネットでもたまに見かけますが、アコムが他社と比べて特別甘いということはありません。

もっと言えば、本当に審査が甘いキャッシング会社があるとすれば、それは違法な取り立てを行う闇金有業者である可能性があります。

それでは何故アコムは審査が甘いという情報が広まっているのでしょうか。

それは、その利用者数にあります。

アコムは老舗のキャッシング会社として、古くから多くの人々に利用されてきました。

90年代のキャッシング全盛期でも自動契約機のむじんくんを、消費者金融業界としては初めて全国に設置し、一躍話題になりました。

そのほか、こちらも消費者金融としては初めてクレジットカードの「マスターカード」ブランドと提携ど、業界のパイオニア的な存在でした。

キャッシング会社の情報や評判をまとめたサイトでも、アコムの口コミ評判は大量に掲載されていますが、よく見ていると、審査に落ちた人もいれば、通過した人もいます。

一概に、「ここなら誰でも審査に通過する」というカードローン会社はありません。

アコムの情報を見ても、金利も利息制限法に基づいた金利を適用しており、融資限度額も極端ではありません。

どのキャッシング会社も、多くの場合、銀行カードローンを含む他社への返済状況、本人確認書類など必要書類の有無によってその審査結果は決まります。

総合的に判断したうえで、融資を決定し、カード発行へと至る訳ですが、審査についてデメリットや審査基準がある訳ではないことを覚えておく必要があります。

アコムが何となく「借りやすそう」というイメージがある理由としては、「即日での融資も可能」であったり、その老舗ブランドからくるものでしょう。

アコムの審査とその流れ

キャッシングのアコムは審査スピードが非常に早いカードローンとして有名です。

アコムの融資審査申込には、本人確認書類や収入を証明する書類などの提出だけで、安定した収入さえあれば、お金が必要な個人の誰もが利用できるため、その利便性から多くの人に利用されてきました。

個人が無担保で融資を受ける方法としては消費者金融でのキャッシングが一般的ですが、アコムの審査はどんな流れで行われるのでしょうか。

まず、ネットや自動契約機などで、アコムへ申込をし、審査が開始されると、個人信用情報機関へ他社への返済状況どが照会されます。

そして事故歴などがなければ職場へアコムの担当から電話をかける「在籍確認」が行われます。

この間にかかる時間はおよそ1時間ほどです。

そして、運転免許証などの本人確認証を提出(ネットであればwebアプリで撮影して提出)し、カード発行となりますが、カードの受取は物理的なやり取りが発生するため、当日にカードを受け取りたい場合、最寄りの自動契約機で受け取るか、平日の14時までに契約を完了させて振込融資を依頼するかのどちらかとなります。

消費者金融が盛んだった90年代後半、店舗や電話での申込が主流であった当時、消費者金融ではじめての自動契約機「むじんくん」を導入するなどキャッシング業界のパイオニア的存在でした。

そして今でも、急ぎの場合、即日での融資も可能であるなど、そのユーザーメリットを追求する姿勢は健在です。

アコムの審査は申込状況次第でスピードが決まる

キャッシングのアコムは審査スピードが早いことで有名ですが、実際にはどれ位の時間で審査及び融資が完了するのでしょうか。

アコムといえば、既に誰もが知る老舗の消費者金融として多くの人が利用しています。

現在は、カードローンというと銀行や信用金庫までもが事業参入するなど、一般的にも広く普及するようになりました。

お金が必要なときには時間に関係なく申込みが可能で、場合によっては即日での融資も可能であるなど、そのスピーディも魅力の一つですが、キャッシングの審査は、提出された申込情報をもとに、個人信用情報機関にて他社への返済状況、事故情報などを照会したうえで、職場への在籍確認電話を経て完了します。

そのため、キャッシングの審査というものは、ある程度の時間がかかることは避けられません。

そのなかでも、工夫次第で審査にかかる時間をある程度短縮することは可能です。

通常、カードローンの申込はネットや自動契約機などを利用する方法が一般的ですが、「自動契約機で直接申し込む」「ネットで申込み、仮審査が通過したら自動契約機へ行く」など、その申込み状況によって、審査のスピードが大幅に変わります。

最も早い方法は、ネットで申込してカード受取は自動契約機で、という方法ですが、近くに自動契約機がない場合、すべてwebで完結し、振込による融資を希望する方法がありますが、平日の14時までに、本人確認書類の提出や、アコムとの契約を完了させている必要があります。

アコムの審査基準について

アコムは、消費者金融として最も有名なキャッシングブランドの一つです。

消費者金融の業界では初めて「むじんくん」という自動契約機を全国に設置するなど、 カードローン業界としてはパイオニア的存在となっています。

また、クレジットカードブランドのマスターカードと提携するなど、消費者金融だけではなくクレジットカードをも発行する珍しいサービス提供を行う点もアコムの特徴と言えます。

個人が「今すぐお金が必要」となった場合、本人確認書類や収入証明書類の提出だけで気軽に利用できるのも魅力の一つでしょう。

場合によっては即日融資も可能など、そのスピーディさには驚かされます。

では、アコムの審査基準はどんな内容でしょうか。

通常、キャッシング会社に限らず金融機関のほどんどは審査基準を公開しておらず、むしろ機密情報として外部に漏れない様になっています。

店舗窓口で担当者と対面しながらの審査が通常であった時代は、担当者の反応などから、審査において何が有利か、何となく把握していた人もいますが、現在はネットでの申込が主流であるため、「審査に通過するために何が重要になるか」を肌で感じることができなくなりました。

それでもいくつか明らかなこととしては、他社での返済状況が悪かったり、契約希望限度額が収入に見合ってなかったりすると、落とされる可能性があります。

確実に審査に通過する方法というものは存在しませんが、少なくとも、他社での利用状況は個人信用情報機関へ記録されています。

クレジットカードや他社カードローンの返済が滞っている人は、気を付けましょう。

アコムの審査における在籍確認

アコムの審査で行われる在籍確認ではどんなことをするのでしょうか。

アコムに限らず、キャッシング会社の審査で発生する在籍確認は、融資審査を行う上で欠かせないものとなっています。

ここでは、アコムの在籍確認について説明します。

まず、アコムは、プロミスやレイク、アイフルなどと並んで誰もが知る老舗の消費者金融として非常に多くの人たちに利用されてきました。

個人が「お金を借りたい」と思ったときに、銀行の融資などと比べると、本人確認書類や収入証明書類などの提出だけで済む、非常に簡単な審査で、融資までのスピードも驚異的に早いことがメリットと言えます。

申込方法も、電話や自動契約機はもちろん、インターネットでの申込みなど、考えられる申込方法はすべて網羅しています。

現在は、銀行もカードローンを発行していますが、その審査は実態としてキャッシング会社が代行しているという実態があります。

銀行も個人融資の審査ノウハウに関しては、消費者金融の方が優れていると認めているということです。

アコムの在籍確認は、審査の後半に行われます。

とはいえ、内容は簡単なもので、多くの場合、勤務先の会社へ、電話などの方法で連絡がいきます。

個人名で、「○○さんをお願いします」と知人や友人を装う形で連絡が入ります。

職場へ電話がかかることに抵抗を示す人がいますが、ほとんどは「クレジットカードの審査だろう」と、気にしないのが通常です。

ただし、在籍確認電話を受けることが可能な時間帯をあらかじめ伝えておくなど配慮が必要です。

アコムの審査に落ちた場合に考えられること 

ネットの体験談などを見ても、アコムの審査に落ちたという人の声が一定数ありますが、どんな理由が考えられるでしょうか。

アコムは、言わずと知れた消費者金融やカードローン業界のパイオニア的存在で、古くから自動契約機を導入するなど、キャッシング業界を牽引してきました。

また、アコムは消費者金融としてのカードローンだけではなく、クレジットカードの発行も行っており、消費者金融としては初めてマスターカードブランドと提携しました。

プロミスやレイク、アイフルなどと並んで、現在も存在する消費者金融として、老舗キャッシングブランドの一つです。

まず、アコムの審査に落ちた場合に考えられることとしては、他社での利用状況です。

他社で借入して返済が滞っていたりすると、個人信用情報機関へその旨が登録されるため、審査に落ちるリスクが高まります。

滞納どころか、他社で過去に融資を受けて債務整理などをしていると、当然、他社利用金額が0だったとしても審査落ちする可能性は高くなります。

個人がお金を借りる際、昔は銀行系、信販系、消費者金融系などと、個人信用情報機関がジャンルごとに分かれていましたが、現在は銀行カードローンでの借り入れも消費者金融での借り入れも、情報機関が統合または提携しているため、全て筒抜けと考えた方がよいでしょう。

そのほか、収入を証明する書類が用意できなかったり、申込書に記入した年収に嘘があったりすると、必要書類をしっかりと確認したうえで期間をおいて再度申し込むなど、別の方法を検討する必要があります。

アコムの審査にかかる時間

アコムの審査にかかる時間はどれくらいでしょうか。

アコムは自動契約機むじんくんのCMで知られた有名な老舗キャッシング会社で、消費者金融業界ではじめて無人契約機を導入するなど、カードローン業界のパイオニア的存在といえます。

通常、消費者金融へ申し込む人というのは、すぐにお金が必要であり、本来ならその審査スピードが問われ、その利便性の代わりとして、銀行の融資利率よりも高い金利設定となっている訳です。

こうした面でも、多くのの利用者がアコムの審査スピードに魅力を感じていると言えます。

実際、多くの消費者金融では、申込をした当日に融資を受けられる「最短即日融資可能」を基本としていますが、本人確認書類の提出など、指定時間までに契約が完了していることが前提となります。

アコムでも、審査回答時間は最短30分と掲載されていますが、申込をしてから実際に融資を受けるまでの時間は、平均で2時間ほどです。

これは、web申込や自動契約機を使用する方法を選択した場合の話で、電話で申込みをした場合、返済方法の確認や必要な情報の聞き取るなど、時間がかかります。

最もスピーディな方法としては、申込みをwebで済ませておき、カード受取りを自動契約機で行う方法がベストです。

書類の提出やカード受取など、物理的な作業に関しては従来の自動契約機が最も利便性が高く、逆に、申込書への記入などは、自動契約機ブースにて手書きでするよりも、普段から慣れたスマホやパソコンで入力した方が早いためです。

プロミスで50万円借りたい場合の審査

プロミスで50万円を借りたい場合は、どんな審査があるでしょうか。

プロミスは貸金業法の適用を受けるため、総量規制の対象となります。

しかしプロミスは50万円までの希望限度額であれば、収入を証明する書類の提出が不要であるため、煩わしい書類の準備をしたくないという人にとっては非常にありがたい条件です。

ただし、最初の契約額が50万円でも、返済の途中で増額を希望する場合は別途収入を証明する書類の提出が求められます。

これは、返済能力を審査するためにも欠かせないものなので、どうしても避けられません。

とはいえ、収入証明書類なしで審査が受けられるのは、プロミスならではのメリットと言えます。

お金を借りたい個人にとって、消費者金融は、簡単な申込情報や、本人確認書類などの必要書類を提出するだけで、電話やネット、自動契約機などの方法で、気軽に申し込むことができる便利なサービスです。

指定時間までに契約が完了しているなど、条件を満たしていれば、基本的には即日での融資が可能であるなど、そのスピーディさには驚かされます。

最近では、大手銀行はもちろん地方銀行や信用金庫までもカードローン事業に参入する様になりました。

三井住友銀行グループのプロミスも、三井住友銀行が直接融資をしている訳ではありませんが、現在は銀行グループのカードローンとして多くの人に利用されています。

知っての通り、プロミスは老舗のキャッシング会社で、消費者金融といえばプロミスという位、誰もが知るカードローンのブランドとしてその名が知られています。

プロミスの増額審査電話で注意すること

三井住友銀行グループの大手消費者金融「プロミス」は、既に非常に多くの人から利用されていますが、「限度額を上げたい」という要望がある人も多いかと思います。

ここでは、プロミスで増額を希望する際の注意点について説明します。

カードローンやキャッシングは、お金が必要な時に誰もが場合によっては即日で融資を受けることも可能であるなど、非常に便利なものですが、金利が発生することを忘れてはいけません。

現在利用しているキャッシング会社の契約限度額では足りずに他社と新規契約をする人がいますが、金利や返済額の面でも、既に利用しているキャッシング会社で増額をする方法がお得です。

増額とは、その名の通り、限度額を増やすという意味ですが、自ら希望する場合は、増額にも審査があります。

とはいえ、既にプロミスとの契約は済ませている状態なので、新規で契約するときの様に、電話での在籍確認などは省略されますが、増額によって限度額が50万円を超える場合、改めて収入を証明する書類の提出が必要となる場合があります。

大抵の場合、新規契約から半年も経過するとプロミス側から増額の案内が来るケースが多く、そこで増額を希望する旨を伝えた時点で簡単な審査(仕事や住所に変更はないかの確認)を経て増額が決定します。

また、増額を希望していても、それまでの間に返済が遅れたことがあると、希望しても増額の審査に落ちるケースがあります。

この様に、キャッシングの増額においては、初回利用からの返済実績が重視されることを覚えておく必要があります。

住宅ローンの審査にプロミスの利用は影響するのでしょうか

プロミスを利用している人の多くは、決して高収入ではないケースが多いかと思います。

実際に、個人が無担保で融資を受けられる代わりに比較的高い利息を支払うことになっていますが、本来であれば、お金を借りるなら、金なるべく金利の低い銀行のローンを受けることを望んでいるはずです。

会社を経営していれば別ですが、個人が銀行から融資を受けるケースとして最もなじみが深いのが、住宅ローンです。

そこで気になるのが、銀行などで住宅ローンの審査を受ける際、プロミスなどカードローンや消費者金融の利用歴が審査に影響するのでは?という不安です。

結論から言うと、プロミスに限らず、カードローンやキャッシングの利用は住宅ローンの融資審査に大きく影響します。

そもそも、住宅ローンは非常に高額な融資を行うため、申込者の返済能力を慎重に判断します。

その審査には、当然ながらクレジットカードの利用歴や事故歴はもちろん、消費者金融の利用履歴をも照会します。

一昔前は、銀行系は別の個人信用情報機関ネットワークで照会されていたため、消費者金融の利用は住宅ローンの審査に影響しないという意見もありましたが、現在は大いに関係あります。

要するに、他に借金があるのにさらなる借金(住宅ローン)を抱えて大丈夫なのかという観点で審査される訳ですから、もしカードローンを利用している場合、せめて完済してから住宅ローンを申し込んだ方がよいでしょう。

とにかく、住宅ローンの審査はカードローンの審査よりも厳しいと考えておくべきです。

残債がある人は、何らかの方法で整理しておきましょう。

プロミスの審査は自営業でも大丈夫か

消費者金融のプロミスは、アコムやレイクなどと並んで、老舗の大手消費者金融として誰もが知る存在でしょう。

キャッシング会社としてのブランドは確固たる地位にあると言えます。

三井住友銀行グループの傘下となった現在も、「返済日お知らせメール」「30日間金利0円」、「即日融資が可能」「50万円までは収入証明書の提出が不要」など、とにかく急ぎでお金が必要な人にとっては至れりつくせりのカードローンサービスを提供しています。
「プロミスの審査は自営業でも大丈夫か」の続きを読む

プロミスの審査で聞かれる理由

プロミスやアコムなど、消費者金融でのキャッシングは、お金が必要なときにいつでも、24時間申込が可能で、場合によっては即日での融資も受けられるなど、急ぎで融資を受けたい人にとっては、非常にありがたい存在です。

ここでは、現在は三井住友銀行グループのキャッシング会社となった、大手消費者金融のプロミスについて紹介したいと思います。

しかし、プロミスに限らず、これらカードローンの利用には、まず融資審査があります。

審査といっても、基本的な本人情報とや他社借り入れ状況などを入力(記入)したうえで、プロミス側では個人信用情報機関へ他社利用状況や事故歴などを照会し、最終的な融資可否を判断します。

もちろん、勤務先への在籍確認も行われます。

意外と見落としがちですが、カードローンの審査では、本人確認の電話がかかってきた際に、用途、つまり、借りる理由を聞かれます。

まずは「申込に間違いはございませんか」といった内容からはじまり、「用途」について尋ねられます。

ここで注意したいのが、決して「事業性の用途」「ギャンブルに使う」などと言わない事です。

ギャンブルに使うと知っていながら融資はしませんし、事業性の用途であれば、プロミスは別途、自営業者向けカードローンという商品を提供しているからです。

これは、増額申請の際にも同じことを聞かれます。

この様に、申込をすると、審査の過程でプロミスの担当者と電話でやりとりする機会があるので、返済方法や金利について分からないことがあれば、何でも納得いくまで質問しましょう。

プロミスへ郵送で審査申込をする場合の注意

三井住友銀行グループ系列のカードローンとなった消費者金融のプロミスは、30日間無利息やweb完結契約により即日融資可能など、急ぎでお金が必要な人にとっては利便性が非常に高いキャッシングブランドです。

プロミスに限らず、最近ではインターネットでの申込方法が主流となり、誰もが24時間いつでも申し込むことができるため、店頭窓口での申込、自動契約機、電話や郵送での申込など、従来の申込方法が廃れていったかの様に思われますが、スマホやパソコンの操作が苦手な人も一定数存在するため、まだまだこれらの申込み方法も健在です。

プロミスへ郵送で審査申込みをする際、注意するべき点はあるのでしょうか。

基本的には、審査に必要な情報や書類さえプロミスへ提供するための手段が異なるだけで、審査内容自体は変わりません。

氏名や住所、勤務先の名称や住所、勤続年数や居住年数、他社借り入れ件数など、申込用紙に必要な情報を記入し、運転免許証や収入証明書類など、必要な書類のコピーを同封して郵送するだけです。

その後、申込の確認のために電話がかかってきたり、在籍確認の電話が職場へかかりますが、プロミスへ申込書が届くまでの間、タイムラグがある点が、他の申込み方法と異なります。

また、郵送の場合、はじめてカードローンを利用する人は「返済方法や金利」など、キャッシングについての不明な点を質問する機会がないため、別途、コールセンターへ電話して、あらかじめ納得いくまで理解することが大切です。

プロミスの審査は夜中でも対応しているのか

プロミスは、自動契約機が爆発的に普及した90年代にアコムやレイクなどと並んで多くの人に利用されたカードローンです。

一時期は無計画にお金を借りた結果、多重債務へと陥る利用者が急増し、社会問題となったため、業界全体のイメージが悪くなりましたが、ここ10年ほどで銀行もカードローン事業へ本格的に参入するなど、以前に比べてクリーンなイメージへと変化しました。

さて、プロミスでは、夜中にも審査を受け付けてもらえるのでしょうか。

結論から言うと、プロミスに限らずほとんどのキャッシング会社は夜中に審査を行いません。

インターネットでは、24時間申込を受け付けていますが、審査となると、個人引用情報機関への情報照会や在籍確認などの手順が発生するため、深夜1時など、夜中となると対応してもらえません。

最短での「即日融資」を希望している場合、運転免許証など必要書類の用意を含め、なるべく早い時間からの準備が求められます。

また、インターネットでの申込方法が当たり前となっている最近では、消費者金融の一般的な窓口営業時間(オペレーター対応時間)が何時までなのか分かりにくいかもしれませんが、自動契約機や電話で申し込みをすると、受付時間は9:00~22:00です。

夜中というと微妙な時間帯ですが、一応、22時まで審査受付をしてもらえます。

意外と遅くまで対応していることに驚かされます。

もちろん、自動契約機では、併設のATMがあり、契約したその場で借入はもちろん、返済も可能です。

プロミスの目的ローンの審査は厳しいか

キャッシングやカードローンの利用を検討する人の多くは、アコムやレイク、プロミスなど、まず大手の消費者金融を思い浮かべるのではないでしょうか。

消費者金融は、銀行のマイカーローンなどと比べると、金利も高いため、特に急ぎでお金を必要としていない人にとっては、興味がないかもしれませんが、個人が無担保、保証人もなしで当日に融資を受けることができる金融機関は、カードローン以外にありません。

プロミスでは、返済日お知らせメールや、一定期間(30日)無利息サービス、web完結契約による即日振込融資など、急ぎでお金が必要な人にとっては非常に利便性の高いサービスがあるのが特徴的です。

総量規制の対象となるため、収入を証明する書類の提出が必要となりますが、50万円までの希望融資金額であれば、提出なしでの申込みも可能です。

プロミスには、通常のフリーローンのほか、目的ローンという商品も提供しています。

違いとしては、結婚資金など、用途が明確に決まっていることを前提として受ける融資である点です。

かと言って、何かしらの証明が要る訳ではありませんので、返済方法や提出書類も同じなので、単に金利や限度額が異なるだけとも言えます。

目的ローンというと、審査が厳しいというイメージがあるかもしれませんが、ここでいう目的ローンは銀行のそれと異なり、フリーローンの審査と変わりません。

誤解されがちですが、用途が決まっている場合、こちらへ申し込んだ方が、金利面でもお得と言えるでしょう。

プロミスの目的ローンの限度額は300万円と、フリーローンの500万円と比べてやや低めですが、金利の上限もやや低めに設定されています。

この様に、同じプロミスでも、自営業向けローン、おまとめローンなど、用途に合わせたサービスを提供しているので、やみくもに申し込む前に、自分にあったサービスがあるかどうか検討してみることをお勧めします。

プロミスへ無人契約機で審査を受ける場合の注意

20160719

消費者金融のプロミスを利用したことがあるという人は多いかと思います。

最も有名なカードローン/キャッシングブランドの一つと言えるでしょう。

現在は、三井住友銀行グループのカードローンとして運営されていますが、古くから存在するプロミスのブランド力は健在です。

さて、キャッシングへの審査申込方法と言えば、スマホやパソコンなどのインターネット経由が当たり前ですが、最近再び「自動契約機」や店舗での申込が見直されています。

というのも、自動契約機はひとたびブースに入れば、申込みから審査、在籍確認はもちろんのこと、書類提出や借入まで全て一か所で完結することに強みがあるからです。

情報技術が発達した現代では、インターネットは一見便利な様に見えますが、ネットやスマホを使いこなせない世代にとっては、まだまだ店舗や無人機の方が便利なようです。

自動契約機を利用する際の注意点としては、必要書類を忘れずに持参することです。

インターネットで申込みする場合、免許証や収入証明書類など、提出物をいつでも準備できますが、自動契約機の場合、また取りに帰宅してから戻ってこなければならず、二度手間がかかってしまいます。

カードローンへ申し込むときの状況というのは、「急ぎでお金を用意する必要がある」ケースが多く、おそらく多くの人は「即日融資」を期待しており、あまり時間はかけられません。

そのため、インターネットで申し込むにせよ、自動契約機で申し込むにせよ、事前の準備が重要となります。

また、意外と知られていませんが、無人契約機では、ATMが併設されているため、契約や借入だけでなく返済も可能です。

プロミスの審査は無職でも通過するか

プロミスのキャッシング審査は、無職でも通ることがあるのでしょうか。

カードローンの「プロミス」は老舗の消費者金融として、古くからお金を借りたいという個人向けに融資を行ってきており、なかでも「30日間無利息」や「即日融資が可能」「返済日お知らせメール」など、手厚いサービスが魅力で、多くの人たちが利用してきました。

プロミスへの申込み対象者として、公式に「安定した収入がある方」と書かれています。

これは、パートの主婦でも、アルバイトのみの場合でもOKです。

しかし、無職となると、返済のために必要な収入がありません。

当然ですが、無職の人は審査を通過することができません。

プロミスに限らず、レイクやアコムなど、色々なカードローンがありますが、消費者金融やカードローンは、いずれも申込条件として「安定した収入がある20歳以上」と表記しています。

そもそも、無職でも簡単にカードローン会社からの無担保融資を受けられるのであれば、職場への在籍確認電話という作業の意味がなくなってしまいます。

では、無職の場合、お金を借りる方法はないのでしょうか。

無職でもお金が必要な人向けの支援は、こうした民間の企業ではなく、各都道府県の社会福祉協議会が実施する「生活福祉資金貸付制度」を利用するのも手でしょう。

また、銀行が発行するカードローンの場合、一部で専業主婦向けに「配偶者カード」というものがありますが、夫がその銀行で住宅ローンを借りているなど、何かしらの取引関係があることが前提です。

三井住友カードの審査とプロミスの関係

消費者金融のプロミスは、言わずと知れた老舗のカードローンブランドとして有名ですが、これまでの吸収合併により、現在プロミスは、三井住友銀行グループのキャッシング会社となっています。

90年代後半から、自動契約機の普及によって、お金を借りようとする個人は気軽に融資を受けられるようになりました。

実際に利用した経験のある人も多いはずです。

一方、同じ三井住友銀行グループの「三井住友カード株式会社」が発行するカードローンブランドで「三井住友カード」があります。

非常にややこしいのですが、つまり、母体である三井住友グループは、消費者金融として「プロミス」を、カードローンとして「三井住友カード」を、クレジットカード事業として「三井住友VISAカード」を提供しているという訳です。

それでも、プロミスと三井住友カードはサービスが重複していると言わざるを得ませんが、買収後もそれぞれのブランド価値を維持した方が得策と考えた結果なのでしょう。

事実、プロミスには、「即日融資」「30日間無利息サービス」などのユーザメリットがあり、三井住友カードには、その信頼性とブランド力があります。

さて、三井住友カードへの審査申込みとプロミスの利用歴はどう関係してくるのでしょうか。

個人信用情報機関への照会はもちろん、同じグループ内で情報を管理されていますので、既にプロミスを利用している場合、特に返済が遅れたなどの事故歴がある場合は、審査に落ちる可能性はあります。

これらは、プロミスや三井住友カードに電話して確認しようとしても、教えてくれる訳ではありませんが、どちらかの利用が一方の審査への影響はゼロではないと考えるべきでしょう。

三井住友VISAカードを利用しているとプロミスの審査に影響するか

国内で誰もが知るクレジットカードと言えば、「株式会社三井住友カード」が発行する「三井住友VISAカード」もその一つです。

三井住友VISAカードの利用者がプロミスの審査へ申し込む場合、「何らかの影響があるのでしょうか?」という質問を見かけますが、これはどういうことでしょうか。

実は、消費者金融のプロミスは、同じ三井住友銀行グループのブランドです。

同じ会社なので、審査情報や利用履歴が共有されていて、審査に何かしら影響があるのでは?

という不安からくるものでしょう。

結論からいうと、希望融資額がよほど高額でない限り、プロミスの審査への影響は少ないと考えられます。

一般的には、カードローンの審査よりクレジットカードの審査の方がやや厳しめと言われています。

カードローンの審査に落ちるということは、他社で既に借入をしていることが原因であるケースがほとんどです。

それでもプロミスへ申込身を検討している場合、せめて三井住友VISAカードの「キャッシング枠」をなくすか少額に設定しておくとよいでしょう。

また、審査の一部を保証業務の委託としてアコムの様な審査ノウハウをもっている会社へ委託するクレジット会社もありますが、三井住友VISAカードは自社保証なので、プロミスでの審査基準と三井住友VISAカードの審査基準にはある程度の共通性はあるかもしれません。

実際に、ネットなどで「三井住友VISAカードを利用中にプロミスへ申込みした人」の実体験情報を見ても「通った」という例が多いことから、「利用しているから」という理由で審査落ちするとは考えにくいといえます。

最近のカードローンは、「即日融資」「本人確認証提出アプリ」「返済日お知らせメール」など、お金を借りる人にとって利便性のあるサービスを提供しています。

クジレットカードのみならずこうしたカードローンの需要もますます高まっていくことでしょう。

プロミスの審査は水商売でも通るのか

プロミスの審査は水商売の仕事をしていても通るのでしょうか。

カードローンやキャッシングは、お金が必要なときに個人の誰も利用できる点が魅力です。

さらにほとんどのキャッシングは指定時間までに契約など必要な手続きを済ませていれば「即日での融資」も可能です。

プロミスは、知っての通り、大手消費者金融として知らない人はいない程の知名度があり、安心感の面では、銀行のカードローンとも引けを取らないネームバリューがあります。

プロミスは、安定した収入さえあれば、水商売の仕事でも申込みは可能で、もちろん審査に通過している人もたくさんいます。

主婦の人でも「週に3日、スナックで働いている」という場合に、実際にプロミスで借入している事例は珍しくありません。

水商売の場合、注意したいのが、在籍確認電話です。

プロミスに限らずキャッシングの審査で在籍確認は最も重要なプロセスで、いくら収入が高くても、勤続年数が長くても、在籍確認が取れないばかりに審査落ちするケースが非常に多いのです。

水商売は夜間に営業しているため、日中にプロミスの担当者からかかってくる在籍確認の電話を受けられない場合が多々あります。

この場合、事前にプロミスのコールセンターへ相談しておくとスムーズです。

特に女性の場合は返済方法や利息の付き方などについても、分からないことが沢山あるかと思います。

そのために「プロミスレディース」という女性オペレータが対応する専用のコールセンターも設けられていますので、「キャッシングが初めて」という女性はこれらを活用するとよいでしょう。

プロミスの審査に必要な本人確認書類

プロミスの審査に必要な本人確認書類にはどんなものがあるでしょうか。

プロミスは、キャッシング会社として、お金を借りたいという個人から長い間利用されており、長年の間で蓄積してきた審査ノウハウがあります。

現在では、カードローンやキャッシング会社が無数に乱立していますが。

誰もが知る安心できるキャッシング会社といえば、その数は限られてきます。

プロミスもその一つと言えるでしょう。

まず、融資審査に必要な本人確認書類としては、運転免許証が最も有効となります。

これは、多くの人が所持しており、顔写真付きの公的な身分証明書としてメジャーなものだからです。

次に、プロミスは総量規制の関係上、50万円を超える金額の融資を希望する場合、収入を証明する書類の提出が必要となります。

場合によってはこちらも用意しておくとよいでしょう。

これらの本人確認書類は、インターネットが普及する前の「自動契約機で申し込むのが当たり前」の頃は、ブースに設置されているスキャナで読み込ませるだけで簡単でしたが、インターネットでの申込みにおいても、専用のアプリで提出することも可能なので、文字通り家に居ながら申込みができます。

これらの書類提出が終わったら、個人信用情報機関への照会、あとは在籍確認電話を終えてほぼ完了です。

申込内容の確認でオペレータから電話がかかってくる場面があるので、返済方法など分からないことをこの時点で聞くとよいでしょう。

特に、銀行振り込みによる即日融資を受ける場合は、平日の14時までにプロミスとの契約をすませている必要があるため、必要な提出書類は用意しておくなど、事前の準備が問われます。

プロミスの審査に保証人は必要か

プロミスのキャッシング審査に保証人は必要なのでしょうか。

よく誤解されますが、個人向けの無担保融資である消費者金融は、無担保、無保証人となっているところがほとんどです。

プロミスの様に大手の消費者金融であれば尚更、保証人を求められることはないでしょう。

これは貸し付け条件にも記載されています。

また、キャッシングやカードローン会社のなかでも、保証人を求めることがありますが、法的な効力はほとんどなく、身元保証人という責任の範囲が軽いものであることがほとんどです。

保証人と聞くと、日本人の多くは「連帯保証人」を想像しますが、連帯保証人の責任は契約者本人と同等の責任を「連帯して」負うため、慎重にならなければいけません。

キャッシングの審査において、連帯保証人を求めるところがあれば、利用は慎重に検討した方がよいでしょう。

個人が無担保でお金を借りる方法の一つとしてあるのが、消費者金融やカードローンの利用です。

初めて利用する人からの疑問のなかでも多いのが、「保証人は必要か」という内容です。

もちろん、ほとんどの消費者金融やカードローンでは保証人は必要ありません。

最近では、即日での融資が可能なキャッシング会社も増えてきていますが、保証人が必要であれば、保証人候補の了承などを含めると、「借りたいと思ったときに借りられる」という性質から遠ざかってしまいます。

原則として、少なくともプロミスは保証人は不要です。


逆に、銀行の融資などは利息も低く設定されており、連帯保証人を求められることがほとんどで、さらには連帯保証人についての審査もあり、収入証明書類の提出や個人信用情報機関への情報照会や在籍確認まで行われる場合もあります。

これらは、契約者本人の返済が滞った場合などに確実に回収するために必要とされています。

プロミスの審査で健康保険証は有効か

プロミスのキャッシング審査で必要な書類の提出において健康保険証を使用する人がいますが、なるべく運転免許証をおすすめします。

キャッシングの審査で、提出する身分証の種類によって有利にも不利にもなるケースというのは存在します。

キャッシングの融資審査では基本的に「顔写真付きの身分証」が推奨されます。

原則として免許証を求められますが、ない場合は、パスポートや健康保険証などが代わりとなります。

プロミスをはじめ、多くのキャッシング会社では即日融資も可能ですが、そのためには必要書類の提出も当日中に、つまり審査と契約を終えている必要があるので、急ぎで融資を希望する人は事前に準備しておいてください。

プロミスは、ご存じの通り、個人がお金を借りる手段として老舗の消費者金融として多くの人に利用されてきました。

現在では銀行カードローンなどの登場によりキャッシングが幅広い層に普及しましたが、最近では総量規制の施行に伴い、カードローンの申込時には、「運転免許証などの身分証明書」と「収入を証明する書類」の2点が必要となりました。

電話での在籍確認が取れない場合、会社名が記載された社会保険証を提出することによって「在籍を証明する」という方法もあるようです。

ただし、返済能力を確認するうえで重視される「在籍確認」の方法はあくまで「職場への電話」が原則であり、社会保険証による在籍確認は正規の方法ではないため、夜間にしか勤務先が営業していない場合など「どうしてもやむを得ない事情がある場合に限り」応じてくれる可能性もあるという程度なので、参考情報程度にとどめておきましょう。

必要書類(本人確認書類)として健康保険証を提出する人がいますが、もし運転免許証があるなら、免許証を選んだ方がよいでしょう。

フリーターでもプロミスの審査に通るか

消費者金融のプロミスは、満20歳以上の安定した収入がある人であれば誰でも申込ができるカードローン商品ですが、ここでいう「安定した収入がある人」には、フリーターも該当するのでしょうか。

プロミスはアコムやアイフルなどのと並んで古くから「個人が無担保でお金を借りることのできる資金調達方法」として多くの人から利用されてきました。

また、銀行振込にて即日融資が可能であるなど、対応の早さも魅力の一つです。

非正規雇用が増えてきている現在、派遣社員、契約社員、フリーターという垣根がどんどん曖昧になりつつあります。

たとえフリーターであっても、メインの仕事として数年働いていれば社会保険にも加入しているケースも多く、そうなると客観的にも雇用であることには変わらず、アルバイトなのか正社員なのか判別がしにくくなっています。

そういった意味で、キャッシングの融資審査においては雇用形態というものは、あまり意味を持たないのでしょう。

実際に、希望限度額に届かなかったという話はあっても、「アルバイトだから審査に落ちた」ということは、考えにくいでしょう。

ただし、「収入が少ない」「勤続年数が短い」「在籍確認電話がとれない」「必要な書類が提出できい」などの理由で、審査に落ちることはよくあります。

そして、正社員に比べて、フリーターの場合はこの割合が高くなる傾向にあるのも事実です。

特に在籍確認は返済能力を担保するうえで最も重要な過程なので、クリアできないと審査通過はあり得ません。

ネットでは審査にまつわる様々な情報が掲載されていますが、基本的にキャッシング審査の具体的な基準というものは公開されていないため、都合のよい情報に振り回されず、あくまで参考程度に留めておいてください。

プロミスの審査は派遣社員でもOK

 

現在では、プロミスをはじめキャッシングやカードローンの会社は無数にあり、消費者金融だけではなく、最近では大手銀行や地方銀行までもがカードローンサービスの提供に力を入れており、銀行、貸金業者など業種を問わず、個人利用者を対象にするほぼ全ての金融機関がカードローンを提供しています。

これに対して、古くからのキャッシング会社は「即日融資可能」など、対応のスピーディさをウリにするところが増えてきました。

カードローンの便利なところは、契約しておけば、限度額の範囲内であれば、お金が必要になったとき、いつでも借入できる点です。

もちろん、申込みをして審査に通過しなければ契約には至りません。

そこで、誰もが気になるのが、審査についてです。

最近では非正規雇用で働く人の割合が増え、「派遣社員でもキャッシング審査に通るか」という質問をネットでも目にするようになりました。

結論から言えば、派遣社員でも契約社員でも、プロミスへ申込みすることは可能で、勤続年数が長い人であれば、「派遣社員だから」という理由で審査落ちする可能性は低いはずです。

派遣社員で審査落ちするケースとして考えられる理由はいくつかありますが、その一つが「勤務先への在籍確認電話をクリアできなかった」というケースです。

派遣社員の場合、よく勘違いするのが、派遣先を自分の所属会社として記入し、申込みして、在籍確認の際に「不在」を告げられて審査落ちする人も多い様です。

対策方法としては、職場で情報を共有しておくか、事前に「派遣なので在籍確認を取りづらい」との旨を伝えておくことです。

また、派遣社員でも、返済能力(安定した収入)さえあれば、正規雇用でない事そのものは審査落ちの対象とはなりませんが、単発の登録型派遣で働く人は、ここでいう派遣(社員)とは趣旨が異なるため、審査通過は難しいかもしれません。

プロミスは自己破産していもて審査に通るか

プロミスと言えば大手老舗消費者金融です。

レイクやアコムなどと並んで古くから、お金を借りたい多くの個人から小口金融として利用されてきました。

2016年時点では、SMBCコンシューマファイナンスグループの銀行系キャッシング会社として「プロミス」のブランド名にて運営されています。

さらに、web完結契約で「即日融資可能」というスピーディ対応を宣言しており、「今日中に必要だったので助かった」などの評判もネットでよく見かけます。

もちろん、30日無利息サービスも提供しているため、短期間だけ、「つなぎで小口融資を受けたい」という人にお勧めのカードローンと言えるでしょう。

プロミスの利用にあたって、カードローン利用経験がる人が気になるのは、審査や「自分は借りられるか」という不安です。

特に、自己破産などの債務整理をしている人は、個人信用情報機関にその事実が記録されています。

プロミスへ審査申込をすると、まずこの個人信用情報機関へ「申し込んだ人」の情報を照会、確認をしますが、ここで、過去に「返済が滞った」「債務整理をした」などの記録がある場合、審査に大きな影響を与えることになります。

たまに、ネットで「ブラックでもOK」「自己破産をしていても審査に通る方法がある」などの情報を見かけますが、規模の大小に関係なく、過去に自己破産をしていれば、個人信用情報機関に記録されている期間は、たとえ少額であっても通らない可能性が高いことだけは覚えておいてください。

プロミスの審査申込みはネットで出来る

キャッシングやカードローンと言えば、最近では大手銀行もカードローン事業に乗り出し、今までは「消費者金融に興味がなかった人」の利用機会も増えてきました。

急いでいて時間がない場合でも、最短即日融資が可能であったり、返済日をメールでお知らせしてくれるサービスを提供するなど、キャッシングの利便性は日を追うごとに向上しています。

以前は、キャッシングといえば、町中いたる場所に設置してあった自動契約機(無人契約機)での申込方法が主流でしたが、現在では情報通信技術が発達し、インターネットで審査から契約までのプロセスをほぼカバーできるため、キャッシングの審査にも自動化が進みました。

では、プロミスをはじめ、キャッシング会社はプログラムで自動的に審査結果を割り出しているかと言えば、そうではありません。

もちろん、「属性でスコアリングする」という方法も残っていますが、最終的には人力で行われる「職場への在籍確認電話」をもって審査が完了すると言っても過言ではありません。

また、自動契約機で申込みをしていた時代は、必要書類の提出についてもブース内に設置されているスキャナで取り込んで送信する方法でしたが、現在はスマホのカメラで撮影したものを送るという方法も採用されています。

この様に、キャッシング業界では審査の効率化が進められており、現在はキャッシングでお金を借りるにあたってインターネットの活用はかかせません。

その分、店舗窓口を減らしている分、公式サイトでの情報収集は必須と言えます。

プロミスの審査と年齢の関係

最近では、様々なカードローンが登場し、銀行までもが「銀行カードローン」という形で個人向けの無担保融資を行っており、いわゆるキャッシング(消費者金融)とカードローンの垣根が曖昧になってきました。

ほとんどのキャッシングは「銀行振込」という融資方法で「即日融資」を可能としており、そのスピーディさも魅力の一つでしょう。

そんななか、利用者の多い消費者金融「プロミス」のキャッシング審査に、年齢というものは関係あるのでしょうか。

どのキャッシング会社も、申込条件として、「満20歳以上の安定した収入がある方」という条件を設けています。

20歳以上という年齢制限を設けているものの、成人していれば、あまり関係ないように思われます。

しかし、キャッシングやカードローンの審査では、多少なりとも年齢によって何かしらの影響があることも否定できません。

例えば、定年間近の場合、審査申込の時点では安定した収入があったとしても、近い将来、定年退職を予定している訳ですから、返済能力に影響を及ぼす可能性が高いと考えられます。

この場合、キャッシングの融資担当者も、融資額を下げるなどの判断をしなければなりません。

もちろんこれは、20代、30代という現役で働く人にとっては、在籍確認さえクリアできれば関係のないことかもしれません。

現役世代であれば、年収や勤続年数に応じて融資額が決定するなど、判断項目は複数あったかもしれませんが、60歳以上となると、どんなに「お金が必要だから借入をしたい」と思っても、キャッシングには「返済期間」が定められているため、それを超えてしまう場合は融資を受けられない可能性もあります。

年齢などの貸し付け条件は、プロミスの公式サイトで正確な情報を確認しておくことをお勧めします。

プロミスの審査に年収はどう影響するか

20160706

プロミスの審査に年収はどう関係するでしょうか。

プロミスは、言わずと知れたカードローンの老舗として多くの人から、お金がない時の強い味方として利用されてきました。

現在でこそ、キャッシングやカードローンというサービスは一般市民に定着していますが、消費者金融がこれほどまでに世間から認知されるようになるまではかなりの時間がかかりました。
「プロミスの審査に年収はどう影響するか」の続きを読む

プロミスの審査結果に他社借入状況はどう影響するか

プロミスは誰もが知る有名な大手消費者金融です。

「一定期間無利息サービス」や「即日融資可能」「返済日お知らせメール」など、利用者にとって便利なサービスを多数提供しているのも特徴的です。

プロミスをはじめ、キャッシングやカードローンの利用を検討している人にとって最も気になるのが、「自分は審査に通過するかどうか」についてでしょう。

審査の基準はどのキャッシング会社でも非公開ですが、ある程度の基準は存在します。

その一つが、「他社借り入れ状況が良好であること」が挙げられます。

他社借り入れ状況は、審査申込みを受けたキャッシング会社は「個人信用情報機関」へ申込者の過去利用状況を照会することによって明らかになります。

申込情報に記載された「年収」や「勤務先」などは、在籍確認電話や収入証明書類の提出によって確認することができますが、「過去を含む他社での借り入れ状況」は、個人信用情報機関への照会でかなり詳細まで明らかになります。

以前は、テラネット、CIC、CCBなど、金融機関の性質ごとに加盟する信用情報機関が異なっていたため、「銀行での借り入れ状況は消費者金融は知ることができない」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、現在は、銀行やクレジットカード、消費者金融など、ほぼすべての金融機関が相互に提携しているため、隠し通すことはできません。

必要以上にお金を借りて多重債務に陥らないために、年収の3分の1までしか融資をしてはいけないという総量規制のルールがありますが、他社借り入れ状況の確認は、その意味でも必要と言えます。

また、「実は既に他社借入件数が多い」という場合は、おまとめローンなどを活用して一本化するという方法もあるので、既に他社で複数の借入れをしている人は、利用をおすすめします。

プロミスの審査に必要な書類提出

プロミスは、会社員に限らず、主婦やフリーターなど、幅広い層から利用されているカードローンです。

個人がお金を借りる場合、ほとんどが消費者金融でのキャッシングの利用を検討するかと思います。

即時融資も可能で、急いでいる人にとっても大変便利な存在です。

プロミスの審査に必要な書類はどんなものがあるのでしょうか。

プロミスに限らず、消費者金融の融資審査の際に必要な書類は、2010年ごろに改正された貸金業法に盛り込まれたルール「総量規制」と大きく関係します。

ネットなどの情報で見たことがある人も多いかもしれません。

総量規制とは、債務者が返済困難に陥らないために設けられた「年収の3分の1を超えて貸金業者は個人へ融資をしてはいけない」というルールで、その年収を確認するために、申込時には、運転免許証などの本人確認証のほか、「収入を証明する書類」の提出が求められます。

パートなどの収入がある人はまだしも、収入がない専業主婦の場合、この条件は非常に厳しいかもしれません。

また、プロミスには、レディースローンがありますが、レディースローンは決して女性のために金利優遇するという意味ではありませんし、そもそも専業主婦でもOKという意味でもありません。

通常のキャッシングと貸付け条件は同じなので注意が必要です。

専業主婦でもカードローンを利用したいという場合は、配偶者枠のあるカードローンか、総量規制の対象外である銀行カードローンを選択する方法もありますが、実は、プロミスは「50万円までなら収入証明書類不要」となっています。

もし、専業主婦など、収入証明を用意できないという場合、一度、希望融資額を見直してみてはいかがでしょうか。

プロミスの審査は主婦でも受けられるか

プロミスは主婦でも融資審査を受けることは可能でしょうか。

プロミスは、大手消費者金融として誰もが知るキャッシング会社です。

初めてカードローンを利用する人の多くは、なるべく知名度があるブランドを選択した方が安心と言えますが、女性であれば尚更でしょう。

まず、主婦でも融資審査を受けることは可能です。

しかし、収入を持たない専業主婦などは、審査に通過することは難しいかもしれません。

多くの消費者金融は「主婦でもOK」と謳っていますが、いずれにしても「安定した収入がある方」という条件があることには変わりません。

パートなど、何かしらの収入があれば利用できる可能性は十分にありますが、無収入では非常に厳しいと言えます。

もし、専業主婦でもカードローンを利用したいという場合、総量規制の対象外である銀行カードローンや、「配偶者枠のあるカードローン」を検討するというのも一つの方法です。

また、大手キャッシング会社のほとんどが、「レディースローン」という女性向けのカードローンを用意しています。

これは女性のために金利を優遇するといったものではなく、「女性オペレータが対応する」など、女性が抱きがちな消費者金融への心理的抵抗を払拭するためのものです。

お金を借りたいと思ったとき、「即日融資とは?」「返済方法」など、必要な情報の意味が分からない場合でも、オペレーターが親切に説明してくれるというのも、女性にとってはありがたい存在かもしれません。

プロミスは即日審査で対応もスピーディ

お金を借りたいときというのは、いつでも急な場合がほとんどです。

大手消費者金融のプロミスでは、日中であれば、利用申込をするとすぐに融資審査が始まります。

そして、申込みをしてから多くの人が気になるのが、「いつになった審査結果が分かるのか」という点です。

プロミスでは、審査結果の回答時間も「最短30分」という驚異的なスピード対応や、「初回利用であれば30日間は無利息サービス」というのも魅力です。

キャッシングやカードローンの融資実行スピードは年々進化しており、大手のカードローンであればほとんどが「即日融資可能」を謳っています。

ネット申込が普及して以前の様に窓口で対応するスタッフの人件費も削減されているため、一見してかなりスピーディになった印象がありますが、実は、申込みから融資までの早さは、自動契約機で申し込む方法が早いとも言えます。

というのも、必要な申込情報の入力から在籍確認や必要書類の提出、在籍確認の電話など、自動契約機ブース内で全て行われるため、以前から、自動契約機を利用すればほとんどの場合は「即日審査」「即日融資」と言えます。

また、自動契約機にはATMが併設されているため、返済もそこで行えるというのがメリットと言えます。

プロミスが提携するATMのなかに、いつも利用する金融機関のATMがあればそれに越したことはありませんが、最寄りに自動契約機があれば、「銀行ATMは並ばなければならないので嫌だ」という人などは、そこで返済する人も多くいます。

プロミスの審査に勤続年数は関係するのか

消費者金融のプロミスは、アコムやモビット、レイクなどと並んで大手キャッシングブランドの一つです。

以前から提供している「初めての利用なら30日間無利息」というサービスが特徴的で、50万円未満の少額利用から、100万円を超える高額な融資まで、幅広く対応しています。

特にカードローンの利用がはじめてという人にとっても「返済日お知らせメール」など、非常に便利なサービスがあるのも人気の理由の一つでしょう。

プロミスに限らず、消費者金融は個人が無担保でお金を借りることが可能な方法として、唯一の手段と言っても過言ではありません。

無担保であるため、「勤務先の在籍確認電話」や「年収の確認」などは、返済能力を確かめるために最低限必要な手段と言えます。

さて、プロミスのキャッシング審査には、勤続年数はどう影響するのでしょうか。

他社での借り入れ状況や事故歴などは、融資審査の段階で個人信用情報機関へ紹介されるため、本人が申告しなくてもプロミス側も容易に確認することができます。

そのほかにも審査の結果に影響を与える要素と言えば、勤続年数でしょう。

勤続年数は、審査のうえでは、年収の額よりも重要で、いくら収入がある人でも「勤続年数が1年未満」という場合は、さほど信用力がないと判断されることもあります。

また、勤続年数というのは、銀行の融資(マイカーローンや住宅ローン)審査においても比較的重要視される要素で、これは日本の金融機関が、個人の信用を評価するにあたって、継続性を重視する傾向にあることを意味しています。

プロミスの審査基準とは

大手消費者金融のプロミスは、昔からアコムやレイクなどと並んで、沢山の人に利用されているキャッシング会社です。

特に、初回は「30日間無利息」という特典は、多くの人から人気を得ています。

カードローンやキャッシングと言えば、以前は自動契約機で申込をして「その場で即日カード発行」という方法が一般的でしたが、現在ではインターネットが普及して、スマホやパソコンなど、web上からの申込みをする人が増えてきました。

プロミスを検討している人のなかで、「審査の基準はどうなっているのか」という疑問をもつ人も多いかと思います。

しかし、キャッシングの審査基準というのは、どの会社も公開している訳でもなく、一般的には知りようがありません。

ただ、「こんなケースは審査を通過しない」という、ある一定の相場はあります。

審査落ちするケースで最も多いのが、「他社借り入れ件数が多い」という場合です。

他社での借入状況や過去の滞納歴などは、融資審査の際に行う「個人信用情報機関への照会」で必ず判ります。

また、現在では、返済を超えてお金を借りる人を増やさないために改正された貸金業法の一環で「総量規制」というルールがあり、申込者の収入を把握したうえで貸付を行わなければなりません。

そのため、本人確認書類(身分証明証)のほか、必要書類として給与明細や源泉徴収票などの提出を求められるため、収入があまりにも低いことが理由で審査落ちするケースもあります。

他にも、「在籍確認の電話が受けられない」などの場合も、審査落ちする可能性があります。

とにかく、実質的な返済能力を有しているかどうかが審査通過の分かれ目となるのではないでしょうか。

プロミスの審査に給与明細は必要か

個人が無担保でお金を借りることができる唯一の方法が、消費者金融やカードローンなどの利用です。

急いでいる時にも必要な情報を入力するだけでインターネットですぐに利用できる点も魅力で、最短即日での融資も可能なキャッシング会社も多く、昔から多くの人が利用しています。

なかでも、平日14時までに審査通過と契約が完了していれば、最短で即日での融資も可能な、消費者金融大手のプロミスも人気キャッシングの一つです。

プロミスへの申込みにあたって必要な書類は、運転免許証などの本人確認証と収入証明書類です。

以前は、キャッシング申込時の必要書類は、本人確認書類としての身分証(運転免許証やパスポートなど)だけで済みましたが、2010年からは貸金業法が改正され、返済が困難な債務者が増えることを防ぐため、貸金業者は申込者の年収の3分の1を超えて貸付を行ってはいけない「総量規制」というルールが新設されたため、そのルールに基づいて融資するために、収入証明の提出が必要になりました。

また、収入証明書類としては、給与明細の2か月分や源泉徴収票などが使用できます。

この「収入証明書類」の準備が困難なために、キャッシングの利用を諦めるか、総量規制対象外の銀行カードローンを検討する人もいますが、実は、プロミスでは、50万円までの利用希望額であれば、原則として収入証明書類の提出が不要なため、「10万円だけ借りたい」「20万円だけ借りたい」という場合に、非常に便利な存在ではないでしょうか。

ただし、提出書類が少ないといっても、審査段階で在籍確認の電話は必ずありますので、50万円未満の融資だからといって、決して審査を簡略かしているというものではありません。

プロミスの審査と在籍確認

プロミスの利用を検討している人にとって、最も気になるポイントと言えば、融資審査と在籍確認でしょう。

プロミスをはじめとした消費者金融は、個人が無担保でお金を借りることが可能な唯一の金融機関といってもよいでしょう。

銀行の融資と異なり、申込みから融資実行までのスピードが早いことがメリットで、最近ではどのキャッシング会社も「最短即日融資」を可能としています。

カードローン会社のキャッシング審査では、在籍確認といって、担当者から職場へ在職を確認するための電話が入ります。

インターネットが普及する以前は「自動契約機」を使った申込みが一般的でした。

在籍確認を含む審査も契約機のブースにいる間に行われるため、職場へ電話が入ることを意識することがあまりなかったかと思います。

しかし、現在はインターネットでの申込みが一般化しており、職場から申しんだ場合、自分自身が勤務先に居る状態で「在籍確認」電話がかかってくることに心理的抵抗を感じる人もいる様ですが、在籍確認の電話は、決して「消費者金融」であることがバレない様に配慮して個人名での連絡を徹底しているため、その心配は必要ありません。

最近では、個人情報保護の観点から「在籍しているかどうか」を直接答えることはありませんが、「○○さんをお願いします」といった質問方法をとるため、「電話に出た職場の人が在籍していないかの様な回答をしてしまう」という心配もないでしょう。

キャッシングの在籍確認は、申込者に返済能力があるかどうかを確かめる重要な作業なので、申込時は勤務先の電話番号などを正確に入力する様に注意してください。

プロミスの審査で会社に電話がかかることがある

プロミスといえば誰もが知る大手の消費者金融です。

お金がなく、知り合いなどから借りるあてもない場合、真っ先に思いつくのがプロミスなどのキャッシングサービスの利用です。

しかし、プロミスをはじめ、カードローンやキャッシングを始めて利用する人が不安に思う事の一つとして、「キャッシングに申し込むと勤務先の会社へ電話がかかってくる」というものがありますが、これは、在籍確認といって、消費者金融に限らず個人向けの無担保融資へ申し込むと、その審査の一環として必ず行われるものです。

これは、消費者金融は銀行と違ってあくまで「保証人なしの無担保融資」であるため、融資する側としては「申込者が仕事をしているかどうか」という情報は、最低限把握しておくべき「返済能力」を確認するために必要な作業となっています。

在籍確認電話は、例えば「山田と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか」「ご不在であればまたかけ直します」といった具合に、基本的に匿名で行われます。

そのため、キャッシングが初めてという人が心配する様な「職場にプロミスから電話がかかってきたことが同僚や上司にバレるのでは?」という心配はありません。

在籍確認は、連絡というより、確認作業であるため、「在籍している事実」さえ確認できればそれで終わりです。

最近のカードローンは即日融資を前提としているため、在籍確認も、審査申込み後にすぐ行われます。

「職場は深夜しか営業していない」「職場に電話番号がない」など、どうしても在籍確認電話が困難な場合は、プロミスでは(書類による在籍確認など)別の方法を検討してもらえる可能性もあるため、一度相談してみることをおすすめします。

プロミスの審査は遅いのか

お金がない時に誰もが利用できるのが、消費者金融やカードローンでのキャッシングです。

申し込みをすると、所定の審査を通過すれば、最短で即日融資を受けることも可能など、銀行にはないスピーディな対応が魅力でもあります。

これら消費者金融のなかでも、SMBCコンシューマーファイナンスグループの貸金業者となったプロミスは老舗のキャッシングブランドとして多くの人に認知されていますが、その審査スピードについてはどうなのでしょうか。
「プロミスの審査は遅いのか」の続きを読む

プロミスの審査でキャッシングの延滞歴がある場合どうなるか

カードローンのプロミスは、審査対応がとてもスピーディであることで有名です。

「銀行振り込みによる即日融資も可能」や「審査結果を最短30分で回答」と謳うだけあり、老舗のキャッシング業者として培ってきたノウハウがあり、迅速な審査に自信があるのでしょう。

さて、過去利用したキャッシングやカードローンで「延滞」があった場合、プロミスの審査へはどう影響するのでしょうか。

消費者金融でお金を借りたことがある人はご存知かと思いますが、キャッシングの審査で申込内容に虚偽があった場合、「嘘を申告しましたね」とは言われないまでも、個人信用情報機関へ必ず照会して審査結果に反映されてしまうため、「嘘はバレる」可能性が高いことを、よく認識しておくべきでしょう。

そもそも延滞しそうになった場合、事前に連絡していれば、個人信用情報へのダメージも軽く済む可能性があります。

また、ネットのキャッシング利用体験談サイトなどの投稿を見ていると、「ブラックでもOKだった」などの書き込みを発見することがありますが、悪質な業者である可能性が非常に高いため、絶対に申込みをするべきではありません。

キャッシングや審査について心配な点があれば、プロミスの公式サイトに掲載されている情報を調べると分かりますが、公式サイトは情報量も多く、目的の内容を探し当てることができない場合があります。

そうした場合、コールセンターへ直接電話をかけると、プロミスのオペレーターが対応し、非常に分かりやすく答えてくれます。

特に女性の場合、「返済方法」や「必要書類」など、「キャッシングについては分からないことばかり」というケースも多いため、女性専用のコールセンターも設けているので、これらを活用しない手はありません。

プロミスの審査で嘘をついた場合どうなるか

プロミスは「最短30分で審査結果回答」や「銀行振込みにて即日融資可能」などのメリットで有名なキャッシング業者です。

もともと老舗の貸金業者で、アコムやアイフルなどと並んで消費者金融の全盛期に知名度を上げたキャッシング会社のひとつです。

当時は、無人契約機の登場が話題になったものです。

最近では、消費者金融でのキャッシングを「カードローン」と総称する場合もありますが、明確な言葉の定義はありません。

キャッシングは、お金が必要なときに、いつでも気軽に無担保で融資を受けられる点が人気で多くの利用者がいますが、の審査で気になる疑問の一つが、「申込み内容で嘘の情報を入力した場合」についてです。

これは、嘘の種類によって、発覚した場合にプロミスがとる判断は変わります。

例えば、「勤続年数を1か月間違えた」「申告した年収が実際の収入とよりもやや多い」などの場合は、さほど気にすることはありませんが、「他社への返済が終わっていない」など、個人信用情報機関へ照会された場合に発覚するような嘘は審査結果に影響する可能性があります。

また、勤務先についての嘘も審査に大きな影響を与えます。

例えば、既に職場を退職して無職であるにもかかわらず、虚偽の勤務先を入力した場合、在籍確認電話で必ず発覚します。

この場合は、返済能力を示す「収入」の源泉となる「仕事をしているかどうか」についての確認が取れないため、審査に通過することはありません。

くれぐれも、キャッシングの審査で嘘の情報を申告することはやめましょう。

プロミスの審査は何時まで行われているか

お金が必要となったとき、時間を気にせずにいつでも申込ができる点が、消費者金融やカードローンの魅力です。

最近はインターネットでの申込方法が主流となっていますが、ネットが普及する以前は自動契約機や店舗窓口での申込と審査が一般的でした。

なかでもプロミスはアコムなどと並んで老舗消費者金融として幅広い層に利用されており、今や誰もが知るキャッシング会社となりました。

プロミスの魅力は、「銀行振込みにて最短即日融資可能」「30日間無利息」などの利便性にあるといえます。

では、プロミスのキャッシング審査は、何時まで行われているかご存知でしょうか。

実は、消費者金融の審査には、個人信用情報機関への照会を要するため、これらの情報機関が営業している9:00~21:00までが「審査可能時間」となっています。

つまり、個人信用情報機関で必要な情報を照会できれば、基本的に消費者金融はいつでも審査をすることができるのです。

照会情報を元に、総合的に「返済能力があるかどうか」を判断します。

プロミスに限らず、ほとんどの消費者金融が「21時まで」というリミットを設けているのは、このためです。

ただし、21時まで審査が可能といっても、審査通過までには「在籍確認電話」があり、確認が取れない場合は審査に通過できませんので注意が必要です。

また、仕事帰りに申し込む場合や、ネットで仮審査を完了させておいて、あとはカード発行のみという場合は、自動契約機でカードを受け取る方法が早くてお勧めです。

プロミスの審査はアルバイトでもOKか

プロミスのキャッシング審査は、アルバイトやパートでも受けることができるのでしょうか。

老舗消費者金融の一つであるプロミスは、「銀行振込みで即日融資も可能」「初回借入は30日間無利息」「最短30分で審査結果を回答」など、老舗かつ大手のカードローンならではの魅力的なメリットが多数あります。

そのため、「お金が必要な多くの人」から利用されています。

「プロミスはパートやアルバイトでも受けることができるか」について、基本的には、アルバイトでもパートでも、定期的な収入があれば、誰でも申し込むことができ、安定した収入さえあれば、学生でも申込は可能です。

審査の内容は、申込情報をもとに「収入や勤続年数」「他社借り入れ状況や事故歴」などを個人信用情報機関へ照会し、返済能力を総合的に判断します。

その後、問題なければ「職場への在籍確認電話」をして審査そのものは完了となります。

在籍確認が取れない場合、審査に通過することはできませんので、もし夜間のみ営業している職場で勤務している人は、事前に相談しておく必要があります。

場合によっては、電話以外の別の方法で在籍確認を行ってもらえるケースもありますが、あくまで事前に相談しておく必要があります。

電話以外の在籍確認でよくあるのが、「社会保険証」を提出することにって、その会社に在籍していることを証明するという方法です。

アルバイトでも社会保険へ加入している場合などは、「保険証で在籍確認をしてほしい」と、事前に相談しておくなど、対応の早さが求められます。

プロミスの審査は甘いか

プロミスやアコムなどの消費者金融は、お金を必要とする個人が、気軽に無担保で融資を受けられる唯一の金融機関です。

現在は、貸金業法が改正されて「総量規制」の導入もあり、消費者金融で収入を超えた借入をした結果、利用した人が多重債務へと陥るリスクも、以前よりは減ってきました。

最近では即日融資が可能なキャッシング会社も増えてきており、利用者の利便性向上が進んでいます。

カードローンやキャッシングの情報サイトを見ると、たまに「プロミスの審査は甘いか」という投稿や質問を目にします。

そもそも消費者金融は、融資した金額に利息を加えてきちんと回収をしなければ、その運営は成り立ちません。

そのため、大手の消費者金融であるプロミスは、「甘い」ということはまずないでしょう。

ただし、大手カードローンのなかでは比較的、審査に通過し易いという評判はあります。

これは「50万円までなら収入証明不要」という点が影響していると言えます。

キャッシングの審査は、申込情報に含まれる「収入や勤続年数、他社借り入れ状況」などから、返済能力を総合的にみて融資するかどうかを決定しますが、これらはすべて個人信用情報機関への照会のみで勧めることが可能です。

その後、職場への在籍確認電話が完了すると、審査の8割は完了しています。

あとは書類の提出や、金利など契約内容の確認へ移りますが、在籍確認が取れない場合、さらに時間を要する場合があります。

特に即日融資を規模する場合は、振込での融資方法を選択し、なるべく早めの時間帯に申し込むことを推奨します。

プロミスの審査は夜間でも行われるのか

プロミスは、アコムやアイフルなどと並んで大手の消費者金融として多くの人に利用されています。

消費者金融は、個人が必要な時に無担保かつ保証人も必要とせずにお金を借りることができる唯一の金融機関と言えるでしょう。

最近では、カードローンやキャッシングとも呼ばれています。

プロミスは、「銀行振込みによる即日融資が可能」「30日間無利息サービス」「最短30分で審査結果を回答」など、非常にスピーディな対応が魅力ですが、プロミスのキャッシングの審査を受け付けている時間帯はどのように指定されているでしょうか。

そして、夜間も審査は行われるのでしょうか。

「審査への申込み」自体は、インターネットなどから24時間いつでも可能ですが、最短30分での結果回答を実現する「プロミスの自動審査」は、9:00~21:00と決まっています。

これは、個人信用情報機関で申込者の情報を照会できる時間も同様の時間帯だからです。

基本的にキャッシングの審査はほとんどがこの時間帯を利用して行われます。

ただし、在籍確認や必要書類の提出が完了していない場合、カード発行や振り込み融資は行われませんので、注意が必要です。

つまり、審査が行われるのは、最長で21時までということになります。

消費者金融への申込身と言えば、以前は店舗窓口や電話での申込方法が主流でしたが、自動契約機の登場によってカード発行がスムーズになりました。

併設のATMで借入も返済も可能なので、ネットが普及する前までは、無人機というのは非常に便利な存在だったのです。

プロミスの審査は厳しいのか

「プロミスの審査はどれくらい厳しいのか」という質問をよく耳にしますが、審査の通過率からみても、プロミスは比較的「審査に通りやすい」キャッシングと言えます。

というのも、プロミスは融資に関して柔軟な対応をとっており、「50万までの融資希望金額であれば収入を証明する書類の提出は必要ありません。

プロミスに限らず、キャッシングの審査は、基本的に「個人信用情報機関」への照会でほとんどが決まります。

これに加え、提出書類の種類や在籍確認の結果によっても変動します。

キャッシングの審査は、各社それぞれに独自の融資判断基準があるかと思われますが、「どんな人がいくら借りられるか」は、「年収や他社への返済状況、借入れ状況」などから、ある程度の予想がつきます。

これは、プロミスやアコムレイク(レイクは現在、新生銀行のカードローンです)といった、大手の消費者金融が長い時間をかけて培ってきた審査ノウハウがあるからと言えます。

消費者金融でお金を借りる際に気を付けたいのが、審査通過率です。

最近では「即日融資も可能」なカードローンが増えてきたことからも分かる通り、利用者も「より早く融資を受けること」を望んでいます。

そのため、消費者金融が蓄積した審査ノウハウが重要になってくるのです。

また、プロミスの審査完了までの間に、何回か、電話でやりとりする機会があるので、もし、「返済方法」「金利」「必要書類は何か」などについて不安や疑問が残っている場合、このタイミングでしっかりと確認しておきましょう。

プロミスの審査で行われる在籍確認

お金が必要になったときに真っ先に思いつくのがカードローンの利用です。

カードローンはキャッシングや消費者金融などとも呼ばれますが、アコムやプロミス、アイフルなどが老舗のキャッシング会社として有名です。

これらのキャッシングは無担保で融資を受けられるため、誰もが利用できる代わりに金利も高めに設定されていますが、最近では「一定期間無利息」のサービスを提供するキャッシングも増えてきており、利用者の利便性はどんどん向上しているといえます。

老舗カードローンのひとつであるプロミスは、「最短で即日融資も可能」であることに加え、審査結果の回答が最短30分という、非常にスピーディな対応が魅力ですが、キャッシング審査に含まれる「在籍確認電話」では、どんなことが行われるのでしょうか。

職場へ「勤務しているかどうかを確かめる目的」で行われるのが在籍確認ですが、これは審査結果の回答メールを待っている間にプロミスの担当者が行います。

申込内容にある勤務先へ電話連絡にて「△△と申しますが□□さんはいらっしゃいますか」などと、個人名でかけますので、プロミスの在籍確認であるとバレることはまずありません。

その後、必要書類の提出や、返済方法や金利についての説明を含む「契約内容」を確認するために携帯電話へ直接電話がかかってきます。

また、即日振込融資を希望する場合、申込画面にて必要な情報を入力する際に、振り込み先の銀行口座を指定する必要があります。

プロミスで審査結果の回答が得られるまでの時間

個人がお金に困ったときに考えられる選択肢の一つとしてキャッシングがあります。

キャッシングといえばプロミスというほど、多くの人から利用されている消費者金融の一つがプロミスです。

現在は、他のキャッシング会社と同様に大手メガバンクの傘下に入っており、「SMBCコンシューマーファイナンス」グループのカードローンとなっています。

プロミスへ申し込んでから、審査結果が得られるまでにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

プロミスの審査結果はメールで届きますが、「最短30分で審査結果をメール」と謳っているだけあり、とても早い点が特徴です。

審査結果のメールが届いた後には、契約についての説明があり、電話で連絡が入ります。

最短で30分というスピーディな対応を実現するのは、プロミスには自動審査というものがあるからです。

「自動審査」の時間は、9:00~21:00までとされており、これは個人信用情報センターへ利用者の情報を照会できる時間と連動しています。

審査にかかる時間そのものは約30分ですが、融資審査の後にある、「必要書類の提出」や「契約内容の確認」、「返済方法や金利についての確認」、またはカード発行に要する時間などを考慮した場合、最低でも1時間はかかると考えた方がよいでしょう。

また、プロミスは「即日融資も可能」とされていますが、これは申込時に「銀行振り込み融資」を選択することによって可能となります。

振込融資を希望しない場合は、自動契約機でのカード発行や郵送での受け取りとなります。

プロミスの審査の流れ

老舗の消費者金融として有名なプロミスは、キャッシング業者として培った独自のノウハウで、「web申込みで即日融資も可能な点」や「30日間無利息サービス」など、利用者にとって非常に便利なサービスを提供しています。

プロミスに限らず、お金が必要になったときに、自動契約機やネットでいつでも手軽に審査申し込みをできる点がカードローンの魅力です。

では、プロミスの融資審査はどんな流れで行われるのでしょうか。

ここでは、webから申し込んだ場合について説明します。

まず、申し込みフォームから住所や氏名、年収や勤務先、勤続年数など、審査に必要な情報を入力していきます。

また、「即日振込融資」を希望する場合、この段階で「振込先銀行口座」などの情報も入力します。

入力が完了したら送信ボタンをクリックして、プロミスからの審査結果回答を待ちます。

最短で30分ほどで回答がメールで届きます。

この間、職場への在籍確認電話も行われているため、審査が通過した後は、契約内容の確認や必要書類の提出のみとなります。

その後、振り込みが行われるか、カード発行を希望する場合は、自動契約機でのカード発行(または郵送)となります。

この間、何度かプロミス担当者から電話がかかってきますが、返済方法など分からないことがあれば、この時点で質問することをお勧めします。

プロミス側が情報を受け取ってからの「審査にかかる時間」については、自動契約機でもwebでも、どの申し込み方法を選択しても同じですが、付近に自動契約機があるかどうかや、スマートフォンやパソコンなどの操作が得意かどうかによって、どの方法が一番早いかは変わってきます。

自分に一番合った方法を選ぶとよいでしょう。

プロミスの審査は土日でも対応しているか

プロミスは土日でもキャッシングの融資審査に対応しているのでしょうか。

通常、キャッシングの融資と聞くと、土日は受付をしていないというイメージがあるようです。

意外と知られていませんが、プロミスをはじめ、消費者金融やカードローンは、昔から土日でも審査及び融資を行っています。

お金が必要になるのはいつでも平日であるとは限りません。

個人向けの貸付を専門に行う貸金業は、あくまで個人を対象としているため、土日も審査対応するのは当然と言えます。

実際に、自動契約機や店舗での申込み方法が当たり前の時代では、土日でも融資が盛んに行われてきました。

もちろん、自動契約機は年中無休で、返済も可能です。

そもそも、「土日は審査不可」というイメージは、銀行をはじめとした金融機関の多くは、土日は営業時間外であり、平日のみの営業であることからきているのかもしれません。

銀行カードローンが台頭してきた現在、銀行カードローンの見の利用経験しかない多利用者の多くは、消費者金融と銀行のカードローンとの区別がついておらず、「カードローン=平日のみ」という印象が根付いてしまったのでしょう。

また、カードローン業者が、銀行振り込みによる「即日融資対応が可能な条件」として、例えば「平日の14:00までに、必要書類の提出と契約が完了していること」などが挙げられるため、誤解を招く情報が広まったのかも知れません。

ただし、土日も審査OKとはいえ、申込者の勤務先が平日のみの営業の場合、プロミス担当者による電話での在籍確認が受けられないという問題があるため注意が必要です。

プロミスの審査にかかる時間

20160614

消費者金融でのキャッシングは、銀行などの金融機関と比べて、スピーディな対応が魅力です。

急ぎでお金が必要なときでも、運転免許証などの本人確認書類(場合によっては収入を証明する源泉徴収票などの提出も求められます)のみで融資審査を受けられるので、昔から多くの人に利用されてきました。

最近では即日の融資も可能なキャッシングも当たり前になってきました。

プロミスは老舗の消費者金融として誰もが知る存在かと思いますが、プロミスのカードローン審査にはどれくらい時間がかかるのでしょうか。

インターネットからの申込みや無人契約機(自動契約機)での申込み、または電話や店舗での直接申込みなど、方法によってかかる時間は変わります。

ネットでの申込が一番スピーディであるかの様な印象を受けますが、最寄りに自動契約機がある場合は、「ネット申込み+自動契約機でカード発行」が最短であると言われています。

審査にかかる時間の目安としては30分ほどです。

もちろん、スマホやパソコンなど、ネットの操作に慣れているかどうかでも差が生じますが、名前や住所などの個人情報入力から自動契約機で行った場合、平均して審査開始まで1時間ほど要します。

しかし、日頃使い慣れたネットであれば、この申込み情報の入力が大幅に短縮できるというものです。

そして、即日振込融資が最も早いと考えられていますが、カード発行を自動契約機で行えば、銀行振り込み手続きにかかる時間ロスを防げます。

また、借入や返済も併設のATMで行えるので、カード発行した際に覚えておくと便利です。

プロミスの審査に落ちた原因として考えられるもの

お金が必要になった場合、アコムやレイクなどの消費者金融でのキャッシングを利用する人も多いかと思います。

最近のカードローンやキャッシングは、ネット申込みによる即日融資が可能であったり、無利息期間が設けられていたりと、利用者にとって利便性の高いサービスを提供しています。

消費者金融として長い間多くの人から利用されている老舗キャッシング会社のプロミスもその一つです。

キャッシングは、ある程度の収入があれば、誰でも申込みが出来るうえ、銀行の住宅ローンやマイカーローンなどと比べて審査に通りやすいことが利点です。

しかし、プロミスの審査に落ちる人も一定数存在します。

その理由は何でしょうか。

消費者金融の融資審査に落ちる理由はいくつか考えられますが、典型的なパターンとしては、「他社の借入を返済途中」など、個人信用情報の状態があまり良くない場合です。

また、他社での借入をしていないにもかかわらず、プロミスの審査に通らないとしたら、もう一つ考えられるのが、在籍確認が取れなかった場合です。

通常、審査の最終段階では必ず、職場へ本当に勤務しているかどうかを確かめるための「在籍確認電話」があり、これをクリアし最終的に「審査通過」となります。

他社借入状況もなく、個人信用情報を照会された段階でクリアしていても、この在籍確認で審査落ちするケースがあります。

水商売の人などは、職場が夜遅くからしか営業していないなどの事情があるかと思いますが、その場合は、社会保険証や源泉徴収票を提出するなど、別の方法で在籍確認をできるかどうかも相談することをお勧めします。

レイクはバイトでも審査を受けられるのか

急にお金が必要になった場合、多くの人が利用するのが、カードローンです。

カードローンの魅力は、個人でも無担保で融資を受けられることのほか、毎月決まった金額(元金と利息)を返済するシステムも分りやすく、金利の計算が苦手な人でも不便を感じることなく利用できるのが特徴的です。

キャッシング会社や消費者金融というと、まずどの会社を思い浮かべるでしょうか。

プロミスやアコム、アイフルなど並んで、レイクもまた、「誰もが知る消カードローン」として多くの人に知られ、利用されています。

現在、レイクは新生銀行のカードローンという位置づけで、いわゆる「銀行カードローン」です。

レイクは、アルバイト収入しかもたないフリーターやパートで働く主婦でも審査を受けることができるのでしょうか。もちろん可能です。

レイクの申込み条件では、「安定した収入がある20歳以上の方」とされており、例えそれがアルバイトの収入であっても問いません。

その代り、審査についても正社員の場合と同じように扱われ、当然ですが、職場への在籍確認電話もあります。

ただし、深夜勤務のアルバイトの場合、勤務先の営業時間によってはこの在籍確認が困難になる場合があります。

そのため、即日融資を希望する場合など、スムーズに審査を終わらせるためには、あらかじめ、在籍確認の時間帯について担当者と相談しておくなどの対応が必要になります。

また、意外と知られていませんが、学生でも安定したアルバイト収入があれば申込みの対象となります。

レイクは土日でも審査を行っているか

レイクは土日でも審査を受け付けているのでしょうか。

新生銀行のカードローンであるレイクは、即日融資や30日間無利息サービスなどが人気で、「お金を借りたいけど時間がない」という、多くの人から利用されています。

キャッシングの融資審査というと、一昔前は「土日は個人信用情報機関が休業日なので、キャッシング会社も確認がとれずに多重債務者でも審査に通過しやすい」などという噂もありましたが、現在は全てオンラインで情報を照会するのが普通で、土日でもキャッシング業者は十分に審査が可能です。

ネットの消費者金融情報まとめサイトなどを見ても、「土日にレイクで借り入れをした」という投稿を見かけます。

ただし、注意したいのが、「銀行振り込みによる即日融資」はできません。

もし、土日に当日融資を受けたけいのであれば、その場でカード発行ができる自動契約機での申込方法がおすすめです。

また、自動契約機はその場で契約やカード発行までに必要な全ての手続きを完結できる空間で、ネット申込み全盛期の現在でも見直されています。

何より、返済方法や金利について分らないことがあっても、備付けのインターホンで気軽に質問できる点も便利です。

また、レイクだけではなく、プロミスやアコムなどの消費者金融でも、土日の審査を行っていますが、金融機関によって多少その扱いが異なります。

例えば三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など、大手銀行のカードローンは、土日は休業日として取り扱うため、融資審査を行わない場合が多いようです。

住宅ローンの審査でレイクの利用がバレると不利か

カードローンやキャッシングというと、一昔前は、アイフルやプロミスなどの、いわゆる消費者金融と呼ばれる貸金業者が主流でした。

現在は新生銀行のカードローンとなった「レイク」もその一つで、現在ではどの銀行でもカードローンを発行しており、レイクだけではなく、三菱東京UFJ銀行のバンクイックや、ネット銀行系のオリックス銀行カードローンも有名です。

消費者金融やカードローンの利用を検討する場合に考えなければいけないのが、個人信用情報についてです。

レイクについても、「レイクで借入をしていると住宅ローンの審査に影響があるか」という質問を見かけますが、もちろん、影響があります。

返済の途中であれば、住宅ローンの審査にはまず通過しないと考えた方がよいでしょう。

個人への銀行融資で代表的な住宅ローンは、融資額も高い分、低金利です。

消費者金融を利用するということは、比較的高利であるカードローンの利用と引き換えに将来受けられる「低金利の融資」を難しくすることを意味します。

現実的にマイホームを購入する予定があれば、住宅ローンの審査を受ける前には、カードローンの残高をゼロにしておく必要があります。

急いでいるときでも「即日融資も可能」であったり、利息を支払う代わりに無担保で融資を受けられるなど、カードローンは非常に便利な存在ですが、将来的に住宅ローンの融資を検討しているのであれば、消費者金融やカードローンの利用が将来にどう影響するのかをよく確認しておくべきでしょう。

レイクの自動契約機で審査を受けるメリット

新生銀行のカードローン「レイク」は、「即日融資が可能」や「一定期間無利息サービス」などが人気で、古くから多くの利用者から愛されているキャッシングブランドです。

現在は、消費者金融ではなく、新生銀行が発行するカードローンのブランド名として存続しています。

ネットが普及している現在では、公式サイトの申込みフォームから必要事項を入力し、審査結果の連絡を待つスタイルが当たり前になりましたが、消費者金融やキャッシングの審査といえば、一昔前は、キャッシング会社の店舗窓口で担当者と直接対面しての申込みか、無人契約機や自動契約機と呼ばれるブースで申し込み用紙に記入しながら審査を進めていく方法が一般的でした。

申込み用紙に記入した勤務先で本当に働いているかどうかを確認する「職場へ在籍確認電話」も、その場で行われるため、「無人機へ申込みに行けば、出てくる頃には融資を受けているか審査に落ちているかはっきりしている」というのが通常でした。

レイクは最短即日融資を行っていますが、より早い融資を望むのであれば、ネット申込みと自動契約機を併せて利用する方法がお勧めです。

あらかじめ、レイクの公式サイトで必要事項を入力しておき、必要書類(運転免許証などの身分証明証)の提出、契約書への入力など、「ある程度まで審査に通過した後の手続き」のみを自動契約機で行う方法が最も時間を短縮できる方法と言えます。

契約まで完了すれば、その場でカード発行されるため、併設のATMですぐに借り入れができるのです。

レイクは自営業でも審査に通るか

プロミスやアコムなどと並んで、「レイク」も一時代を象徴する老舗の消費者金融業者として非常に多くの人から利用され、「一定期間無利息」や「即日融資可能」などで広く認知されているキャッシングブランドです。

しかし、意外に知られていないのが、レイクは「新生銀行のカードローンブランド名」であり、法的にも貸金業法の適用を受ける貸金業者ではなく、銀行法の管轄下で運営されている「銀行」という位置づけです。

また、銀行カードローンということは、収入の3分の1までしか融資を出来ないという「総量規制」の対象から外れるため、申込時には、返済能力を示す「収入を証明する書類の提出」が必要なく、原則として本人確認書類のみの提出でOKです。

ただし、希望金額によって求められることはあります。

さて、フリーランスや個人事業主など、いわゆる自営業と呼ばれる人はレイクの審査を受けられるのでしょうか。

消費者金融は「サラリーマン金融(通称サラ金)」と呼ばれている通り、会社員などの給与所得者しか融資を受けられなと考えられがちですが、個人同様、自営業の人でも「お金が必要になる」場合があることは同じで、レイクでは個人事業主などの自営で仕事をする人も利用することができます。

ただし、ネットの情報まとめサイトなどにも書かれている通り、自営業者の場合はサラリーマンと異なり、自営での収入がある旨を証明することを、強く求められる傾向にあります。

その場合、源泉領収票の代わりに「確定申告書類」や「納税証明書」などを提出することになります。

レイクでは自己破産の免責を受けた人も審査に通過するのか

レイクは自己破産で免責を受けた人でも審査に通過することはあるのでしょうか。

レイクは新生銀行のカードローンとして、お金が必要な多くの人から利用されています。

急ぎの人向けにも「即日融資可能」であったり、30日間無利息サービスを提供しているなど、消費者金融の利用者にとっては有難いサービスが魅力のカードローンです。

通常、消費者金融やカードローンなどを含む金融機関からお金を借りている人が債務整理を行なうと、一定期間はその事実が個人信用情報機関へ記録されます。

そのため、債務整理状態にある人がその後キャッシングへ新たに申込みをしても、審査の段階で必ず個人信用情報機関へ照会をされるため、審査に通らないことが殆どです。

個人信用情報機関は、消費者金融系、信販系、銀行系の3機関がありますが、現在は全てが提携しあい、「借入や返済状況、滞納などの事故情報」などを相互に照会し合える仕組みになっているため、どの金融機関で借入をしても必ず債務整理をした事実はばれると考えてよいでしょう。

よく、インターネットのカードローン情報サイトなどでも「自己破産でもOK」「ブラックでもOK」などの広告を見かけますが、この様な業者は「返済脳能力をもたない申込者に対しても融資を行う」ということを意味し、その分、回収するための強引なノウハウがあると考えるべきで、融資を受けたあとに不動産を抵当に入れたり、親族の財産を狙われたりと、非常に危険な業者である可能性が高いため、この様な、甘いうたい文句に釣られない様に気を付けるべきです。

レイクの審査は無職でも通過するか

レイクの審査は無職でも受けられるのでしょうか。

プロミスやアコムなどと同様に、キャッシングブランドとしてはお馴染みのレイクは、現在、新生銀行のカードローンとして生まれ変わり、これまでの消費者金融利用者に加え、新生銀行の利用者からも幅広く利用されています。

レイクは、「即日融資が可能」「低金利」「一定期間(30日または180日)無利息サービス」など、キャッシングならではのメリットやスピーディな対応が魅力のカードローンですが、申込みの最低条件として「日本国内に住む安定した収入がある方」という条件あがあります。

確かにレイクは、アルバイトやパート、派遣や契約社員など、職種や雇用形態を問わず、お金が必要な人へ貸付を行っていますが、さすがに返済能力として収入をもたない無職の場合は、申込みの対象外です。

ただし、レイクは無職でも「年金受給者」であれば申込み対象となります。

そもそも、レイクの融資審査では、勤務先に在籍しているかどうかを確認する「在籍確認の電話」が入ります。

仮に無職の人が勤務先を偽って申込をしても必ずばれるのです。

巷では、「ブラックでも借りられる」「無職でも借りられる」というキャッチコピーの広告を見かけますが、基本的に日本の消費者金融では、無担保でその様な甘い融資は行わないのが通常です。

もしブラックや無職でも借りられるとしたら、違法な金利で貸付を行う、いわゆる闇金業者である可能性が高く、この様な業者へは近づかないのが賢明でしょう。

レイクの審査は水商売でも通過するか

20160605

新生銀行のカードローンであるレイクは、キャッシング業界の全盛期から、水商売を含む多くの人に利用され、長年の間、高い評価を得てきました。

キャバクラやスナック、ラウンジなどの、いわゆる水商売の仕事をしている人が、レイクへ申込みした場合、審査の取り扱いはどの様になるのでしょうか。

レイクに限らず、水商売であっても、申込は可能です。

実は、キャッシングの審査は、昔から日中に行われることがほとんどで、水商売の場合、勤務先の店へ電話をする「在籍確認」の面で融資審査がなかなか進まないケースがあります。

この場合、勤務する店の営業時間内に在籍確認をしてもらうなどして対応することになります。

以前は、消費者金融の店頭で融資担当者と対面しながら審査を進めていくスタイルが主流でした。

その後、自動契約機の登場により、消費者金融の利用者が激増しました。

そして、プロミスやレイク、アコムや武富士など、大手消費者金融のテレビCM放送が全盛期の時代へと移り、収入を無視して金利や支払い利息のことを考えず、返済能力を超えた借入れをする人が急増し、会社員だけではなくパートの主婦の間でも多重債務者が増えたため、社会問題へと発展し、キャッシング業界はCMを自粛する方向へと進みました。

現在は、ネット申込みが主流の時代で、「即日融資が可能」な消費者金融やカードローンは、特別な利便性であるかの様な印象を受けますが、ネットが普及していない1999年頃までは、まだまだ自動契約機や電話での申込みが主流であったため、「お金が必要になったら無人機へ」という流れは、当時の利用者にとっては当たり前で、「即日融資」は珍しいものではありませんでした。

レイクはフリーターでも審査に通るか

キャッシングの老舗であるレイクは、古くから「お金が必要な多くの人」に利用されてきました。

「一定期間無利息」や「最短即日融資が可能」など、消費者金融ならではのユーザーメリットで不動の人気を得ています。

現在は、新生フィナンシャルグループの傘下へ入り、新生銀行のカードローンという位置付けですが、実際には、特に「レイクは銀行カードローン」であるというイメージを持たれることはなく、誰もが知る「レイク」というブランドで多くの人に認知されています。

銀行カードローンというと、「返済回数が短い」「低金利で借りられる」などのメリットが思い浮かびますが、その分、審査はやや慎重であるという印象があります。

そもそも、銀行カードローンか消費者金融かという違いで気になるのが、「消費者金融は審査に通過しやすいが銀行のカードローンは審査が厳しい」という一般的なイメージについてです。

なかでも、フリーターの場合はどうでしょうか。

レイクに限らず、カードローンの審査では、正社員かアルバイトかという雇用形態よりも、「総合的な返済能力を裏付ける収入があること」が重視されるため、パートの主婦でも申込み対象となります。

ただし、ネットのキャッシングまとめ情報サイトなどを見ると、たまに「ブラックでもOK」などの表記を見かけますが、ブラックという概念がそもそもキャッシング業界には存在しませんし、レイクに限らず、まともな消費者金融やカードローンでは、いわゆるブラックと呼ばれる自己破産者が審査に通過する可能性は低いと言えます。

レイクの審査についての評判

レイクは老舗消費者金融として長い間多くのキャッシング利用者から愛されてきましたが、現在は新生銀行のカードローンという、いわゆる「銀行カードローン」という位置付けです。

しかし、レイクを知る多くの人は、今までと同じように消費者金融というイメージをもっているかもしれません。

確かにレイクは「即日融資」や「一定期間無利息サービス」など、大手銀行にはないユニークな特典が多数あり、ネットの口コミ評判やキャッシング情報のまとめサイトなどを見ても、レイクは常に人気の上位に位置しています。

しかし、意外に知られていないのが、レイクは「銀行の」カードローンであるという点です。

銀行のカードローンというと、「低金利であるためその分審査が厳しい」「返済方法の選択肢が少ない」という、やや固めのイメージがあるかもしれません。

しかし、レイクは、新生銀行が、消費者金融としてのレイク事業をそのまま買い取った形となるため、消費者金融ならではの柔軟なサービスに加え、「収入を証明する書類の提出が必要ない」など、はじめてお金を借りようとする人にも魅力的なサービスがあります。

また、レイクは女性がはじめてカードローンを利用する際の恐怖心や不安感を可能な限り払拭するために様々な配慮がされており、女性のみが対応する女性専用のコールセンターを設置した「レディースレイク」などもその一つです。

審査の対応についても、長年のノウハウがあり、審査について不安なことがあれば、いつでも24時間対応で応えてくれるという点も任意の理由でしょう。

レイクの審査に必要なもの

レイクは新生銀行のカードローンとして幅広い層から利用されており、なかでも「即日融資」や、「30日間無利息、または5万円までなら180日間無利息」という特典が人気のカードローンです。

レイクは、プロミスやアコム、アイフルなどと並んで一時期の大手消費者金融としては誰もが知るほどのキャッシング業者として知名度がありますが、現在は新生フィナンシャルグループの傘下に入り、レイクという会社は存在せず、新生銀行のカードローンブランドの名称としてその存在を残しています。

さて、レイクの審査には、何が必要になるでしょうか。

一般の消費者金融であれば、運転免許証などの身分証明証のほか、収入を証明するための源泉徴収などを提出する必要がありますが、レイクはあくまで銀行カードローンであるため、貸金業法が定める総量規制の対象外となり、融資審査の際に収入の証明書を提出する必要がありません。

消費者金融は通常、「返済可能な範囲を超えてお金を借りて多重債務に陥ることを防止するために改正された、2010年の改正貸金業法で「年収の3分の一を超えて融資をすることが出来ない」というルールがあるため、キャッシング審査では、運転免許証など本人確認書類のほか、給与明細や源泉徴収票などの「収入を証明する書類」の提出が必要となります。

これは「、ネット申込みに限らず、自動契約機での申込を選択した場合でも同じです。

そのため、ネットなどの情報を見ると、「源泉徴収票の用意が出来ない場合の解決方法」として、レイクなど、銀行カードローンの検討が紹介されていることもあり、収入証明が何かしらの事情で用意できないという人には重宝されている様です。

レイクは自己破産者でも審査に通過するか

「即日融資可能」や「一定期間金利0円」など新生銀行のカードローンであるレイクは、自己破産者でも融資審査に通過するのでしょうか。

通常、自己破産をはじめとした債務整理を行った場合、一定期間はその記録が個人信用情報機関に登録されます。

そのため、消費者金融でキャッシングを利用する際には、必ず債務整理をした事実が判明し、殆どの場合は、融資を受けられないと考えてもよいでしょう。

これがいわゆる「ブラック」と呼ばれる状態です。

ただし、誤解されがちなのが、世の中にブラックリストというリストが存在する訳ではないということです。

例えばレイクが融資審査をする際、申込者の個人信用情報を照会して「自己破産の記録」があり、レイク融資をしなかったとします。

その場合、実はレイクは「法的に融資をしてはいけない」ということはなく、あくまで自己判断で「返済能力に疑問が残る」という判断をした結果、融資をしないというのが正確な理由です。

現在、日本に存在する個人信用情報機関は、主に消費者金融が加盟する「JICC」、クレジットカードなど信販系の金融機関が加盟するCIC、そして銀行が必ず加盟する「全銀協」の3機関です。

現在は、それぞれの機関が提携し合って情報を共有しているため、プロミスやアコムなどに代表される消費者金融に限らず、銀行のカードローンやクレジットカードなどを利用してお金を借りたことがあれば、必ずその利用履歴は登録されています。

レイクは派遣社員でも審査に通過するのか

新生銀行のカードローンレイクはプロミスやアコムなどと並んで無利息サービスを提供する数少ない大手キャッシングサービスです。

これまで、「急にお金が必要になった」「主婦でも借りたい」という人達から、広く利用されてきています。

そこで、派遣スタッフでもレイクは審査に通過するのかどうかという質問をよく見かけます。

基本的には、レイクに限らず消費者金融やカードローンの融資審査というのは、安定した収入があれば、正社員、契約社員。

派遣、アルバイトといった、雇用形態に関しては、特別重要視される訳ではありません。

派遣社員といえども企業から雇用されていることには変わらず、派遣だからという理由だけで審査に影響がでるものではありません。

キャッシングの審査で重視されるのは、あくまで申込者が今後、継続的に返済していくことが可能であるかどうかという点です。

通常、キャッシング会社が示す「安定した収入があること」という申込み条件は、正社員であるという意味ではありません。

確かに、正社員や公務員は、雇用の継続性という意味では安定しているかもしれませんが、継続的に勤務している派遣社員に返済能力がないとは言えません。

むしろ、アルバイトでも3年以上の勤務経験があれば、キャッシングの審査においては、継続的な収入と判断される傾向にあります。

ただし、即日での融資を希望する場合は、審査の最終段階で職場への在籍確認電話をその日のうちに完了させなければならないため、注意が必要です。

ノーローンの利用はレイクの審査と関係があるのか

ノーローンを利用していることが、レイクの融資審査に影響するのでしょうか。

ネットの情報を見ても、「ノーローンを利用したことがあるがレイクの審査には通るのか」といった質問を見かけます。

確かにノーローンはレイクと同じく新生フィナンシャルグループのカードローンとしてお金を借りたい人から広く利用されてきました。

大きな違いとしては、レイクは新生銀行のカードローン、つまり銀行カードローンであるのに対し、ノーローンは新生銀行グループのキャッシング、つまり消費者金融という違いがあります。

レイクとノーローンが同グループであることは、個人信用情報機関へ登録されている情報だけでなく、申込時に保有した情報を合法的に照会することが可能であることを意味します。

そのため、ノーローンでの返済が滞っていたりすると、審査に悪影響を与えることは間違いないでしょう。

ノーローンは、「何度でも無利息」という他にはないサービスで有名ですが、自動契約機を持たないため、同グループのカードローンであるレイクの自動契約機からカード発行することができます。

また、返済や借入もレイクの自動契約機を使って行うことが可能です。

この様に、同グループ内で自動契約機を提携するケースはレイクとノーローンだけではなく、以前、プロミスと三洋信販のポケットバンクでも同様の関係にありました。

ポケットバンクを利用したい場合、契約はプロミスの自動機を使って行うため、ネットで申し込みをした後にカード発行は自動機でという流れを好む人が多かった様です。

現在は、ポケットバンクはプロミスと完全に統合しています。

とにかく即日でカードを受け取れる自動機は急いでいる人にとって根強い人気があります。

レイクのネット審査で時間短縮

新生銀行のカードローンであるレイクの融資審査は、インターネット経由で申込みをした場合はどれくらい時間が短縮できるのでしょうか。

キャッシングやカードローンの審査は、一昔前は店頭で申込みカウンターで対面して行うという方法が普通でしたが、その後、融資担当者と顔を合せずに契約が可能な自動契約機の登場で多くの人が消費者金融を利用しやすくなりました。

もちろん、「本人確認書類は何が有効か」や、「即日融資に必要な条件」など、聞きたいことや相談したいことは、ブースに備付けの電話で担当者へつながるので、いつでも聞くことは可能な状態です。

現在ではネットでの申込みが主流となりましたが、これは、キャッシングの審査は、年収や勤続年数、勤務している企業のランクや、過去の利用者データから分かる膨大な統計などから計算して判断するため、合理化できる部分が多く、コンピューター処理との親和性が非常に高いのです。

そのため、審査結果をネットで表示するという芸当も可能となるのです。

最近では情報処理技術も進み、インターネットから申込みをすると、自動契約機のタッチパネルや申込用紙で必要な情報を記入していくよりも、審査結果が分るまでの時間はるかに早いと言えます。

カードローンを利用する人の多くは、急ぎである場合が殆どなので、キャッシング業者は、申込をする人の手間を最小限に抑えるべく、インターネット上での申込みのしやすさなどに、かなりの力を注いでいます。

レイクの審査に年齢はどう影響するか

レイクは、消費者金融として長い間多くの人に利用されており、「一定期間無利息」や「即日融資」などが人気で、会社員からパートの主婦まで幅広い層の人から「お金がないときの強い味方」として愛されてきました。

現在では、他のカードローン会社がどんどん銀行の傘下に入るなど、業界の統廃合が進んでいますが、そのなかでもレイクは新生銀行のカードローンブランドとして存続するという珍しいパターンの消費者金融でした。

レイクのカードローン審査に年齢は関係するのでしょうか。

キャッシングの融資審査において、年齢という項目はあまり重要視されないと思われていますが、実は、ある程度の影響はあります。

多くの人は、消費者金融という認識をもっているかもしれませんが、レイクは銀行カードローンというカテゴリに入り、貸金業法の適用を受けません。

そのため、審査方法も今までと違うのではないかという疑問を持つ人も多いかもしれませんが、実は、レイクの審査基準は、新生フィナンシャルグループ入りしたからといって大幅に変わるものではありません。

まず、レイクの公式サイトで申込条件などの情報を確認すると、「満20歳から満70歳の、安定した収入がある方」という表記があります。

さらに年金を受給している場合でも、申込みは可能となっています。

返済能力があれば、アルバイト収入でも年金受給のみの生活でも申込みの対象となる訳です。

もっとも、年齢の若さゆえに勤続年数も比例して短くなるため、これが理由で審査の結果がよくないというケースは、十分にあり得るかもしれません。

レイクの審査に年収はどう関係するか

レイクは新生銀行のカードローンとして多くの人に利用され、知名度やブランド、金利の低さを含めた貸付条件の良さ、即日での融資が可能であるなど、総合的にみても業界トップクラスのカードローンと言えます。

もちろん、プロミスやアコムなどでも30日間無利息サービスなどを展開していますが、レイクはさらに、「限度額5万円までなら180日間無利息」という選択肢が加わり、選べる2種類の無利息サービスが評判です。

通常、消費者金融でお金を借りる場合、希望する限度額まで融資をしてもよいか、または、融資そのものをしてもよいか、という審査が行われますが、何を重要視されるのでしょうか。

審査で重視される項目は、一般的には「年収」と言われていますが、年収がいくら高くても、勤続年数が短い場合や、在籍確認がとれない場合など、他の要素で減点要素が会った場合には、年収の額はあまり意味をもちません。

レイクは銀行カードローンであるため、総量規制の対象外なので、収入を証明する書類の提出は必要ありません。

とはいえ、年収に関係なく融資が受けられるかといえば、そうではありません。

どのキャッシング業者でも、融資審査では返済能力を総合的に判断されます。

レイクが年収の3分の1を超えて貸付が可能であるといっても、単に総量規制の対象となっていないだけで、実際の審査には年収や勤続年数など、複数の項目にわたって緻密な審査が行われます。

年収は融資限度額を決定するための判断材料とはなり得ますが、審査に通るかどうかは、在籍確認が確実にとれて、勤続年数が最低でも3年ほどあり、他社借入状況も良好であるなど、他の要素と複合的に絡み合っているため、一概に年収だけで判断できるものではありません。

レイクの審査で他社借入状況はどれくらい影響するか

レイクの審査では、他社借入状況は影響するのでしょうか。

レイクに限らず、消費者金融のキャッシング審査では、例外なく個人信用情報機関への情報照会が行われます。

以前は、信販系、銀行系、消費者金融といった具合に、各社が加盟する情報機関が分かれていましたが、現在では、個人信用情報機関は3社に統一されており、しかも相互に提携し合っているため、どのキャッシング/カードローンへ申込みをしても、他社での借入状況や返済状況、事故の有無などは明らかになります。

信用情報機関については、ネットのまとめ情報サイトなどに分かりやすく解説が掲載されているので、自分の個人信用情報が気になるという人は一度確認してみてください。

「即日融資可能」や「30日間(5万円までは180日間)無利息」などが人気で、新生銀行のカードローンとしてお馴染みのレイクは、プロミスやアコムなどと並び、「お金が必要になったとき」には利用したことがある人も多いかと思います。

レイクは古くから存在する消費者金融として利用者から認知されていますが、会社の位置付けとしては、消費者金融ではなく「銀行」となるため、貸金業法の適応を受けず、総量規制の対象からも外れるため、レイクへ融資の申込みをした場合、収入の証明書類を提出する必要はなく、年収の3分の1を超えて融資をすることも規制されていません。

レイクはあくまで新生銀行のカードローンブランド名であり、新生銀行は、銀行法の管轄下の元運営されています。

銀行のカードローンは低金利が魅力ですが、レイクは消費者金融のメリットと銀行カードローンのメリットを両方兼ね備えている唯一のカードローンと言えるでしょう。

レイクへ審査申込みをして即日で融資を受ける方法

新生銀行のカードローンであるレイクは、審査対応の早さにも定評があります。

これは古くからレイクが蓄積してきた融資ノウハウが成せる業でしょう。

現在ではインターネットが普及し、消費者金融でのキャッシングと言えば、スマートフォンやパソコンから申し込む方法が主流となりましたが、少し前までは、自動契約機を利用した申し込みが当たり前でした。

お金を借りたいと思ったら時間や人目を気にせずにいつでも申込みが可能な点は、現在のインターネット申込みと同様ですが、未だに自動契約機が設置されているところをみると、需要は衰えていない様子です。

ネット時代の今でも、運転免許証を持って行けば、すぐに融資を受けられることを考えると、即日融資は以前からも行われていたことが分かります。

自動契約機で申し込む場合、身分証などの必要な本人確認書類も自動契約機ブースでスキャンし、在籍確認の電話もその場で行われます。

利息や返済についても不明な点は、ブースに設置してあるインターホンでオペレータにつながるため、基本的にはその場で確認や質問をすることができます。

一方、レイクで銀行振り込みによる即日融資を受けるには、ネット申込みにて平日の14時までに審査通過はもちろんのこと、契約や必要書類の提出が済んでいることが条件です。

インターネットの操作に慣れている人であれば、問題ありませんが、あまり慣れていないという人は、あらかじめ必要な書類を準備しておく必要があります。

レイクの審査は総量規制の対象外

レイクは、アコムやプロミス、アイフルなど同じく、古くから存在する消費者金融としてキャッシング業界では広く知られています。

特に「30日間無利息」のサービスや、web完結契約での振込みによる「即日融資が可能な点」なども人気で多くの人から利用されています。

意外と知られていないのが、レイクは現在、消費者金融(貸金業者)ではなく、新生銀行が提供するカードローンのブランド名ということです。

要するに、「レイク」という名前の会社は存在しないのです。

同じキャッシングでも、不思議な事に銀行のカードローンの場合は、「年収の3分の1を超えて融資をしてはいけない」という、総量規制の対象から外れます。

そもそも、総量規制は貸金業法が定めるルールであり、銀行に対しては適用されません。

そのため、レイクは消費者金融として知られているにもかかわらず、融資申し込み時に、源泉徴収票や給与明細など「収入を証明する書類」の提出が必要ありません。

銀行カードローンのメリットは低金利ですが、審査にやや時間がかかる点も否めません。

その点、消費者金融時代から培ってきた審査ノウハウが活かされたレイクは、とてもスピーディな対応が望めます。

そのうえ、総量規制の対象外であることから、収入証明が必要ない点で、ほかのキャッシングよりも審査に通過しやすいかといえば、そうではなく、最終的には勤務先への在籍確認が発生するので、たとえ収入の証明が不要であっても、無職では審査に通りません。

レイクの審査は専業主婦でも通るか

新生銀行のカードローン「レイク」は、キャッシングのプロミスやアイフルなどと並んで、女性に優しいレディースローンを提供するカードローンです。

もちろん、女性向けのレディースローンは「女性であることを理由に審査を甘くしている」という訳ではありません。

特に「専業主婦でもキャッシングで借りられるのか」という声を聞きますが、多くの消費者金融では収入をもたない専業主婦は審査に通過することができないと見たほうがよいでしょう。

というのも、レイクの申し込み条件には、「安定した収入がある人」という条件が盛り込まれています。

パート収入がある主婦であれば申し込み対象となりますが、専業主婦では利用は難しいでしょう。

ただし、一部で、「専業主婦でもレイクの審査に通って借入ができた」という書き込みをネットでも見かけますが、これは、レイクが総量規制の対象外であるため、収入の証明書類が必要ないことからきています。

しかし、在籍確認などはクリアできないので、信憑性に欠けます。

女性にとって消費者金融は、金利の仕組みなど、難しい言葉が多数登場するため、何となく怖いイメージをもつ人が多い様です。

とはいえ、女性も「急にお金が必要になった」場合、即日で融資が受けられる可能性がある金融機関は、カードローンや消費者金融しかありません。

そのためレイクは、「レディースレイク」という女性専用のコールセンターを設けており、申し込みや利息、返済方法についても、一つ一つ確認しながら、難しい言葉を使用せず丁寧に答えてくれます。

新生銀行カードローン「レイク」の審査が他のキャッシングと異なる点

20160522

レイクやアコム、プロミスなど、いわゆる消費者金融は、カードローン、キャッシングなどと呼ばれています。

個人向けの無担保融資を総称してキャッシングと呼ぶ場合もありますが、明確な定義はないようです。

そんななか、レイクは現在、新生銀行のカードローンブランドという位置づけであり、貸金業法の適用を受ける、いわゆる消費者金融ではありません。

もちろん、多くの利用者はあまり意識せずに、「お金が必要になったときに申し込むところ」というイメージを持っている様です。

昔は、自動契約機などで時間を気にせずにいつでも申し込んだ経験がある人もいるのではないでしょうか。

しかし、レイクの審査は、他の消費者金融と若干異なる点があります。

それは、すでにレイクはあくまで「新生銀行のカードローン」であり、貸金業者ではないため、総量規制の影響を受けません。

つまり、年収の3分の1を超えて融資を行えるということです。

銀行カードローンというと、「低金利」や「銀行ATMが利用できる」という側面が思い浮かびますが、もちろん、消費者金融の特徴である「即日融資メリット」や、「一定期間無利息サービス」という特典も健在のままです。

ただし、いくら収入に関係なく融資が可能とはいえ、個人信用情報機関での照会は行いますので、融資判断は、借入状況を確認したうえで行われます。

最近では、三菱東京UFJ銀行などのメガバンクをはじめ、オリックス銀行など、どの銀行もカードローンを発行するようになりました。

それだけ、カードローンの需要は尽きないということでしょう。

レイクの審査で職場へ電話がかけられる理由

プロミスやアコムなどと並んで、レイクもまた、キャッシング全盛期には誰もが一度は利用したことのある、「馴染みのある消費者金融」ではないでしょうか。

そのレイクも現在は、新生銀行のカードローンとして位置づけられており、広く知られるようになりました。

インターネットが普及した現在では、多くのカードローン、キャッシング業者が、「即日融資が可能な点」をメリットとして前面に出していますが、無人契約機での借入が主流だった頃は、お金が必要になったその日に、自動契約機へ足を運べば、簡単な審査で融資を受けられることは、むしろ当たり前で、その場で申し込みをし、身分証明書などの必要書類もその場でスキャンし、勤務先として記入した会社(職場)へ在籍確認の電話連絡が入るというスタイルでした。

ネット申し込みが普及した現在でも在籍確認は行われます。

在籍確認は、融資審査をするうえで、返済能力の源となる仕事を本当にしているかどうかを確かめるために欠かせない行程です。

確かに、「職場へレイクから電話がかかってきたら、カードローンを利用しようとしていることが同僚にばれて恥ずかしい」という気持ちや、「借金をしていることがばれたら上司からの評価や査定に響くかもしれない」という事情もあるかもしれません。

基本的には、ほとんどの消費者金融やカードローンは、在籍確認の電話では、個人名を名乗り、金融機関であることは伏せるので、心配する必要はありませんが、どうしても不安な場合は、在籍確認の方法について申し込み時に相談してみるとよいでしょう。

レイクの審査における勤続年数との関係

レイクは老舗の消費者金融として、古くから多くの人がお金が急に必要になった場合に利用してきました。

金利は発生するものの、返済能力として収入源さえあれば簡単な審査で、場合によっては即日での融資を受けられるキャッシングやカードローンは、個人が無担保で融資を受けることが可能な唯一の金融機関といえるでしょう。

レイクは現在、新生フィナンシャルグループの参加に入り、新生銀行のカードローンという位置づけです。

初めてレイクを利用する人であれば、30日間は無利息で借りることができ、さらには5万円までなら180日間無利息という、ユニークな特典があることも人気の理由です。

レイクの融資審査に、勤続年数が関係するという情報をよく耳にしますが、おそらくレイクに限らず、キャッシングの融資審査では、勤続年数は関係するでしょう。

カードローンは各社、融資審査には一定の基準を設けているはずですが、当然ながら具体的な審査基準は公開していません。

しかし、多くのキャッシング審査では、年収の額よりも、勤続年数が重視される傾向にあるのは間違いありません。

審査を行ううえで、勤続年数は、「今までも長い期間勤務しているのだから、節操無く会社を退職することはないだろう」という信用につながります。

一方、年収がいくら高くても勤続年数が短いと、「いくら高収入でも、仕事が続かなければ、安定した収入とはいえない」と判断され、審査結果にも反映されるケースが多い様です。

レイクの審査はどれくらい厳しいか

急にお金が必要になった場合には多くの人が利用を検討するのが消費者金融です。

金利や毎月の返済は発生するものの、問題なく返済できるだけの収入さえあれば本人確認書類や収入を証明する書類など、必要なものさえ提出すれば、誰でも審査を受けられるのは、非常に便利なことです。

なかでもCMで有名な、新生銀行が提供するカードローンのレイクは、即日融資が可能であったり、一定期間無利息のサービスがあったりと、特典が多いことで知られています。

レイクは、以前まではキャッシング業界でもプロミスやアコムなどと並び、消費者金融という位置づけでしたが、レイクは現在、貸金業法の適用を受けない銀行のカードローンという位置づけとなっています。

そのため、消費者金融の審査ではネックになる総量規制の影響は受けませんが、融資審査がやや厳しくなったという印象があるのも事実です。

というのも、一般的に、消費者金融と比較して銀行カードローンは融資審査がやや厳しいと言われており、金利や限度額は従来のレイクから引き継がれているものの、やはり銀行ならではの基準が介入することが否めません。

もちろん、消費者金融としてのメリットである即日融資は対応可能です。

審査の厳しさについては、ネットのまとめ情報などを見ても「増額の審査に落ちた」「審査に通過しなかった」などの投稿を見かけますが、これはレイクに限らず、どのカードローンでも審査を通過しない人が一定数いるのは同じことです。

レイクの審査はアルバイトでも受けられるのか

新生銀行のカードローンブランド「レイク」は、30日間無利息というメリットで人気のカードローンとして有名です。

しかも、5万円までの融資であれば「180日間」無利息という、変わったカードローンです。

レイクは新生フィナンシャルグループの傘下に入る以前は、専業の消費者金融でした。

アコムやプロミスなどと並んで、キャッシング全盛期を代表する存在で、お金を借りたことがある人の間では、誰もが知っているカードローンかと思います。

レイクは、アルバイトの収入のみの場合でも利用できるのでしょうか。

レイクに限らず、ネットの情報サイトを見ても分かる通り、現在のカードローン業者のほとんどが、パートの主婦や、学生であってもある程度の定期的な収入があり、返済能力さえ認められれば、申し込みと審査は可能です。

もちろん、平日14時までに契約を完了させれば即日融資の対象にもなります。

アルバイトの人がレイクの審査を受けるにあたって気をつけたいことは、在籍確認電話の時間帯です。

フリーターや学生のアルバイトとなると、夜間勤務のサービス業が多いかと思います。

しかし、レイクが在籍確認を行う時間帯は、日中がメインとなるため、在籍確認電話のタイミングが合わずに審査結果の連絡が遅れる場合があります。

しかし、在籍確認まで審査が進んだということは、ほぼ融資審査は通過したと考えてもよいでしょう。

在籍確認の電話さえクリアすれば、あとは契約をして融資を受けるのみです。

レイクの審査は甘いという噂について

20160517

現在の日本で、無担保で数十万円単位のお金を融資してくれる金融機関は、アコムやレイク、プロミスなどをはじめとした、消費者金融やカードローン業者くらいでしょう。

もちろん、審査はあるものの、返済能力を確認するめの在籍確認電話や、必要書類の提出による本人確認程度です。

なかには、借入が必要となった場合でも、その日に融資が受けられる「即日融資」が可能なカードローンも増えてきました。

この様に、現在のキャッシング業界は、従来の貸金業者に加え、地方銀行や大手銀行などもカードローン事業を展開するようになり、利用者層も格段に増加しているという状況にあります。

なかでも、単独の消費者金融であったレイクを傘下に置き、自社のカードローンブランドとして提供している新生銀行は、象徴的な存在といえます。

キャッシングという手軽なイメージから、レイクの審査は「甘い」という噂がネット上でもありましたが、誤解です。

ただでさえ、レイクは現在、新生銀行という大手銀行が提供するカードローンブランドとして幅広い層に利用されているため、低金利に加え「一定期間無利息」というメリットを前面い打ち出しているものの、モラルに反した融資を行いません。

新生フィナンシャルグループの企業イメージを維持するためにも、コンプライアンスも徹底されており、昔の消費者金融にありがちな、融資担当者が成績を上げるために無理な融資を強行するということもありません。

そのため、レイクの審査は世間のイメージよりも固いと言えるでしょう。

レイクの審査に通らない人

新生銀行のカードローンとして人気のブランドでレイクがありますが、レイクの審査に通らない人はどんな人でしょうか。

消費者金融のキャッシング審査に通過しない人は多くいますが、キャッシングの審査基準は、基本的に公開されていません。

ここでは、レイクの審査に通らない人の特徴とその対策について紹介します。

レイクは、「即日融資も可能」「収入を証明する書類の提出必要なし」「主婦やアルバイトでもでも安定した収入があれば申込みOK」など、昔からのライバルであるアコムやプロミスと比較しても大きなメリットが多数あることで有名です。

ネットの情報を見ても分る様に、「初回の借入は30日間無利息」または「5万円までなら180日間無利息」から選べる2種類の無利息特典がる点で評価が高く、利用を希望する人も多い様です。

では、レイクで審査落ちする人にはどんな特徴があるのでしょうか。

一つは、「年収をごまかす」人です。

年収に関しては収入を証明する書類を提出した場合に必ずばれてしまうので、最近では年収をごまかす人は減りました。

最も多いのは、他社でお金を借りていて、返済途中であるにもかかわらず、それを偽った場合などです。

これら他社利用状況に関しては、いくらごまかしても個人信用情報機関への照会をして確認をとることにより、必ず判明するので、必ず正確な情報を申告するようにしましょう。

虚偽の申込み内容ばかりではなく、それ以前に、「勤続年数や居住年数が短い場合」「他社利用件数が多い」場合などは、高確率で審査に落ちると考えた方がよいでしょう。

レイクの審査に落ちる嘘の申込み内容

お金が必要で融資を受けたい人にとって、場合によっては即日融資も可能な消費者金融は非常に魅力があります。

プロミスやアコム、レイクなどの老舗カードローンブランドに加え、最近では大手メガバンクや地方銀行までもカードローンサービスの提供に力を入れています。

カードローンの融資審査に嘘は禁物です。

昔から消費者金融へのキャッシング申込み時には、年収など嘘をつく人が少なくありませんでした。

そのため、各消費者金融は、申込情報にある「収入」に関する数字はあまりあてにしていませんでした。

新生銀行のカードローンであるレイクでも、嘘の申込み内容については厳しくチェックしているため、必ずばれると考えた方がよいでしょう。

特に、嘘がバレるのは、「他社での利用状況、借入状況」や、「過去の返済歴」です。

これらは、個人信用情報機関へ照会して確認をとるため、虚偽の申告をしても必ずバレるため、審査結果を悪くするだけなのでやめた方がよいでしょう。

また、年収に関しても、総量規制の対象とならない銀行カードローンであっても、希望する限度額によっては「源泉徴収票や給与明細2か月分」などの、収入を証明する書類の提出が求められるので、結局バレれてしまいます。

そのほか、無職なのに知り合いの会社や以前在籍していた会社で「勤務していたこと」にするなど、虚偽の就業状況を申告するのもやめた方が良いでしょう。

現在では、個人にまつわるほとんどの情報が書類によってその真偽を確認することができるので、キャッシング申込時には必ず嘘偽りない内容を書くことが大切です。

レイクの審査基準はどんな内容か

レイクの審査ではどんな基準で融資判断を行っているのでしょうか。

具体的な審査基準については、レイクだけではなく、どの消費者金融も公開していませんが、共通しているのは、大手キャッシング会社は、属性スコアリング方式を採用しているということです。

スコアリング方式とは、例えば、申込み情報から分かるデータから、「居住年数が何年なら何ポイント」「収入はどれくらいあるか」「保険証の種類が社会保険なら何ポイント」「過去に他社で返済が滞っていないか」「主婦かフリーターか公務員か」など、過去に蓄積した、膨大な情報量をデータ化し、利用者の特徴を属性化するものです。

これにより、相当な審査スピードを実現しており、銀行の融資よりも、消費者金融やカードローン事業者の融資審査の方が圧倒的なスピードで「即日融資」にも対応可能なのは、このためです。

レイクは現在、新生銀行のカードローンという位置づけですが、蓄積したノウハウは消費者金融寄りであると考えられます。

ネット申込みで、審査結果がその日のうちに判明するということは、少し前では考えられない事でした。

インターネットの普及やプログラムの進歩だけではなく、貸金業者としてのノウハウによる効果も大きいと考えられます。

個人で急にお金が必要になった場合、真っ先に思いつくのがキャッシングです。

借り入れには利息がつくものの、比較的低金利で、簡単な審査と在籍確認のみで融資が受けられるため、多くの人が利用しています。

レイクの審査はどんな流れで行われるのか

カードローンは、忙しくて時間がないという人にとって、最も簡単な資金調達方法です。

最近では、各社共に限度額が大幅に上がり、低金利を謳うキャッシングも増えました。

さらにはネット申込みによる「即日融資」も可能なカードローンも増えています。

消費者金融でのキャッシングといえば、一昔前は、身の丈に合わない浪費を繰り返す人だけが無計画に利用するものという、暗いイメージがありましたが、キャッシング業界も紆余曲折を経て、銀行がカードローン事業へ参入する様になり、世間的なイメージも大きく変わったかと思います。

なかでもブランド力が高い、新生銀行のカードローン「レイク」ですが、その融資審査は、どんな流れで行われているのでしょうか。

レイクは銀行カードローンでありながら、「初回借借入は30日間無利息」など、魅力的な特典が多いことでも知られています。

審査の流れとしては、まずネットや自動契約機など、各自好きな方法で申込みをします。

氏名や住所などの個人情報、連絡先電話番号に、勤務先や勤続年数、年収や他社借入状況についてなど、さまざまな項目を入力して申込みを完了させます。

次に、必要な書類の提出や追加の質問などを電話で受け、最後には、電話による勤務先への在籍確認を行います。

在籍確認の前後で、身分証明証などの必要書類を提出し、契約完了となりますが、カード発行は、自宅へ郵送するか、全国各地に設置してあるレイクの自動契約機で受け取るかを選択できます。

また、カード発行まで待てないという場合は平日の14:45までに契約を完了させていれば、指定した銀行口座へ振り込む「即日融資」にも対応しています。

その後の返済についても、利用出来るATMは、大手メガバンクや新生銀行のATMをはじめ、提携しているコンビニATMも利用できます。

レイクの審査で行われる在籍確認

カードローンは、「即日融資可能」「一定期間無利息」など、「お金を借りたいけれど時間がない」といった消費者のニーズを満たす便利なサービスで、古くから、小口金融、消費者金融などと呼ばれ、親しまれてきました。

カードローン業界では、各社さまざまなメリットを打ち出し、利用者獲得に力を注いでいますが、なかでも特徴的なカードローンといえば、「初回借入れは30日間無利息」「5万円までなら180日間無利息」などの特典がある新生銀行のカードローン「レイク」でしょう。

ではこのレイクの審査で行われる「在籍確認」とは、どのようなものでしょうか。

レイクに限らず、消費者金融のキャッシング審査には、今後返済していくうえで収入のベースとなるため、勤務先についての在籍確認は必要な手順となります。

といっても、勤務先の経営状態ではなく、単に申込者が本当に申告した勤務先へ勤務しているかどうかを確認するものです。

多くの場合は、電話で行われますが、在籍確認電話が行われる時間帯と勤務先の営業時間が合わずに確認がとれないなどの場合、レイクの場合は、基本、相談という形になりますが、一部、プロミスなどでは、「勤務実態を証明する書類を提出する」という方法で在籍確認をしてくれる場合もあるそうです。

いずれにしろ、どのキャッシング審査でも、在籍確認は必要な行程で、これが無くなると、無職の人でも職業や年収を偽って借入することが出来てしまいますので、今後も避けられません。

レイクの審査時間はどれくらいか

新生銀行が提供するキャッシングサービスである「カードローンのレイク」は、審査にどれくらい時間がかかるのでしょうか。

老舗の消費者金融として多くの人に利用されてきたレイクは、ネットはもちろん、電話での申込みも受け付けていますが、何といっても一番早いのは、WEB完結契約申込みによる即日振込融資です。

WEB完結融資は、必要書類の提出や在籍確認の了承など、すべてネット上で行うため、店頭へ出向く必要がなく非常に便利な申込み方法です。

レイクは融資まで最短30分というスピードを謳っていますが、遅くても1時間以内に融資が完了することが多いようです。

振込による即日融資の場合は、平日14時までに必要書類の確認と契約が完了していることが条件ですが、ネットの申込み画面で審査結果がすぐに表示されるため、効率よく進めることができます。

その後、指定した銀行口座へ振り込みという形で融資が行われますが、もちろん、ローンカードはあとから発送するか自動契約機で発行するかのいずれかになります。

返済方法に関しては、新生銀行のATMのほか、大手メガバンクやコンビニATMとも提携しているので、返済場所に困るということもなく安心です。

また、レイクの金利は、事実年率4.5%~18.0%ですが、レイクには初回借入に対して2種類から選べる無利息サービスがあるため、可能な限り利息を抑えたい場合や、短期間で小額の融資を希望する場合は、こちらを視野に入れておいた方がよいでしょう。

レイクで審査落ちする原因

消費者金融でのキャッシングやカードローンは、急にお金が必要になった際、即日で融資が受けられる場合もあったりと、個人への融資としては非常に利便性が高いサービスで、主婦や会社員、フリーターにいたるまで、幅広い層から利用されています。

キャッシングといえば、レイクやアコム、プロミスなどが有名ですが、実は、このなかでレイクだけは根本的に他の2つと異なる点があります。

それは、レイクは「銀行カードローン」ということです。

銀行カードローンということは、従来通りのレイクとしてのサービスを維持しながらも、個人の返済能力を超えた過剰な融資を防止するためのルールである「総量規制」の適用を受けないため、融資審査の際に、「収入を証明する書類」の提出が必要ないことが特徴です。

ただし、銀行のカードローンとなると、レイクと言えども審査に落ちるという人が一定数存在します。

もっとも多いレイクの審査落ち理由としては、「在籍確認が取れなかった」という場合です。

基本的には、収入に見合った希望限度額であれば、安定した収入があれば大抵の人が審査に通過します。

しかし、在籍確認がとれなかったために審査落ちするパターンが非常に増えています。

また、ネット銀行系の「オリックス銀行」もカードローンを提供しており、業界最低水準の低金利で、限度額も800万円と、非常に豊富な限度額が魅力的です。

しかし審査に通過するにはそれなりの信用情報が必要となるため、過度に複数社へ申し込むくらいなら、一定期間無利息サービスというメリットがあるレイクを検討した方がよいかもしれません。

住宅ローンの審査にアイフルでの借入は影響するか

アイフルなどの消費者金融でキャッシングを利用していると、住宅ローンの審査に影響するのでしょうか。

住宅ローンといえば銀行が融資するため、銀行系と消費者金融系は「個人信用情報機関が分れているから大丈夫」という話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それはもう昔の話で、現在では、どのカードローン事業者も、銀行カードローンも、共通の個人信用情報機関へ加盟(提携を含む)しており、アイフルなどのカードローン利用歴は必ず確認されます。

では、アイフルで借り入れしていた場合、住宅ローン審査へどれくらい影響するのでしょうか。

特に、「まだ返済途中」の場合は、注意が必要です。

まず住宅ローンの審査は通らないでしょう。

ネットの実体験まとめサイトなどでも見かけますが、消費者金融を利用している場合、ほとんどが審査に落ちている様です。

カードローンは、お金が急に必要になったときに即日で融資を受けることが可能な場合もあるなど、個人が選択できるもっともポピュラーな資金調達方法ですが、住宅ローンをはじめとした、低金利な銀行ローンを受けるにあたって影響する可能性があるので、住宅ローンを検討している人は、利用は慎重に行った方がよいでしょう。

因みに、アイフルホームというハウスメーカーがありますが、こちらは「株式会社LIXIL住宅研究所」が運営するハウスメーカーブランドで、よく誤解されますが、ここで登場する消費者金融のアイフルとは何の関係もありません。

アイフルの事業者ローン審査に通過するためには

消費者金融のアイフルでは、おまとめローンや通常のキャッシングサービスのほか、実は事業者向けのビジネスローンサービスも提供しています。

事業資金の借入は本来、銀行から融資を受けるべきでしょう。

しかし中小企業や個人事業主の多くは銀行融資は滅多に受けられません。

2010年に貸金業法が改正されてからは、審査申込みの際は、貸金業者が個人へ融資を行う際には、返済能力を超えた借入れを防ぐため、「年収の3分の1を超えて融資をしてはならない」という、総量規制のルールが適用され、「収入を証明する書類の提出」が必要となりました。

そのため、総量規制の適用を受けない銀行カードローンが登場しました。

銀行カードローンは低金利で豊富な限度額が大変魅力的ですが、プロミスやアイフルなどの老舗消費者金融もメリット面では負けていません。

特に「最短30分」など、融資審査の早さは消費者金融の特長で、場合によっては即日融資も可能で、急ぎで利用したい人には重宝されています。

では、アイフルの事業者向けローン「事業サポートローン」の魅力は、特に個人事業主の人にはメリットがあることです。

個人事業主も、通常のカードローン審査の様に「収入を証明する書類の提出」が求められますが、大きく違うのは、「事業用の用途であれば年収の3分の1を超えて融資を受けられる」という点です。

そもそも事業はレバレッジを利かせて営むため、年収の3分の1までという総量規制を当てはめることは趣旨から外れます。

ビジネスローンに関してはネット上でも様々な情報が溢れていますが、借入額が個人融資よりも大きいため、慎重に選ぶ必要があります。

アイフルの審査に通過するために欠かせない条件

137409419

ここ数年でカードローン業界も大きな変化を遂げていますが、なかでも大きいのが、金利の低い銀行カードローンの登場や、貸金業法の改正です。

そんな目まぐるしい状況のなか、老舗の消費者金融として国内唯一の専業キャッシングとして有名なのがアイフルです。

キャッシングの情報サイトなどを見ると、おまとめローンの「おまとめMAX」や「かりかえMAX」も人気の、老舗カードローン業者のアイフルですが、アイフルの審査に通過するために欠かせない条件とは何でしょうか。

ホームページを見てみると、「申込み対象者」として「満20歳以上」「定期的な収入と返済能力があること」などと書かれています。

本人確認証など、必要書類が揃っていれば審査を受けること自体は簡単です。

また、主婦や学生でも安定した収入があればアイフルのキャッシングサービスを利用することができます。

要するに、収入があり、在籍確認などでそれを証明できる20歳以上の人であればほぼ対象者となります。

ただし、審査に通過するためには、少なくとも2年以上の勤続年数がほしいところです。

収入の額も融資審査を受ける上では重要ですが、それよりも勤続年数や居住年数など、消費者金融の融資審査では特に「継続性」が重視される傾向にあります。

また、公式サイトでは「当社基準を満たす方」という表記がありますが、具体的な基準に関する情報は公開されていません。

最短で即日の融資も可能なので、急ぎで借り入れが必要で時間がない場合に、とても心強い消費者金融です。

自営業はアイフルの審査を受けられるか

消費者金融やカードローンでのキャッシングは、個人がお金を必要とする時に融資を受けようと思った場合、銀行と比べて簡単な手続きで融資を受けることができる便利なサービスです。

プロミスやアコムなどの誰もが知る消費者金融は、一度は利用したことがある人も多いかと思います。

最近では、審査の早さも以前と比べて各段にアップし、即日の融資も可能な場合があります。

アイフルも返済能力さえあれば、50万円までなら収入を証明する書類の提出を必要とせずに申し込む事が出来るため、小口融資を希望する人から人気です。

個人の場合の融資に関しては、インターネットでも情報が多く公開されていますが、個人事業者など、職業が自営業の場合は、審査を受けられるのでしょうか。

もちろん、自営業者の場合でも申込みが可能です。

会社員など雇用される立場の人との違いとしては、「収入の証明方法」が異なるという点があります。

通常、会社員であれば「収入を証明する書類」として、給与明細や源泉徴収票を提出しますが、自営業の場合は、これらの書類がないため、「確定申告書の写し」や、納税証明書などがこれにあたります。

在籍確認電話も、自宅の電話番号などへかける形になるはずです。

もう一つ、自営業者がアイフルで融資を受ける方法があります。

それは、アイフルが提供する「事業サポートプラン」への申込みです。

ただし、通常のアイフルの融資は「使途自由」であるのに対し、こちらは、事業性の用途に限られます。

さらに事業性の融資で消費者金融の金利が適用されているということは、事業を運営していく上で非常にリスクの高い状況であることは認識しておくべきでしょう。

アイフルの審査とライフカードの関係

ライフカードというクレジットカードがありますが、年会費が無料のため、作ったことがある人も多いのではないでしょうか。

実は、このライフカードは、消費者金融アイフルの完全子会社であることをご存じでしょうか。

ライフカードは、これまであった信販事業と保証事業を切り分けて会社分割し、最終的に2011年に株式会社アイフルの完全子会社となりました。

銀行であればまだしも、キャッシング会社がクレジットカード会社を子会社に持つというのは、珍しいケースかもしれません。

そのため、アイフルを既に利用していて過去に事故の経歴があると、ライフカードの審査に通過しなかったり、逆に、ライフカードを過去に利用していた人が滞納したことがあると、アイフルへカードローンの融資審査を申し込んだ場合、事故情報を照会されるため、審査に落ちる可能性もあります。

実際に消費者金融がどこまでの情報を共有するのかは、公表はされていませんが、アイフルに限らず、金融機関が合併すると、審査ノウハウも共有することが多く、顧客データベースも統合されるため、上記の様な影響が出るのは必然と言えますが、以前からライフカードから継続して利用していた人は、アイフル傘下となった後でも溜まったポイントやカード番号はそのまま引き継がれるため、あまり意識していない人も多いかもしれません。

また、ライフカード時代からの返済をどう処理すればよいか分らない場合、専用のコールセンターへ電話して確認しておいた方がよいでしょう。

アイフルは無職でも審査を受けられるのか

アイフルをはじめ、カードローンやキャッシングの審査申込みは、基本的には誰でも可能です。

最近のカードローンは、急いでいる人でも「即日融資」が受けられるなど、その対応の早さに驚かされます。

また、アコムやプロミスなど、消費者金融業者のホームぺージで確認しても分かる通り、「20歳以上で安定した収入があれば誰でも申込み可能」という記載がほとんどです。

ここで登場する「安定した収入」とは、正社員に限らず、契約社員やアルバイトでもOKということです。

派遣社員やパートの人でも継続して働いていれば、安定した収入ということになりますが、専業主婦など、無職の場合はどうでしょうか。

さすがに無職では返済能力がないため、融資審査に落ちる可能性が高く、利用は諦めた方がよいでしょう。

アイフルでも同じで、完全な無職では申込ができません。

また、審査の最終段階では、勤務先への「在籍確認」電話が行われるため、無職の人が勤務先を偽って申込みをしても最終的にはバレてしまいますし、そもそも虚偽の申込み内容で融資を受けた場合、詐欺罪となります。

ただし、無職でも、専業主婦の場合、銀行カードローンの「配偶者枠」を利用するという方法もあります。

これは、夫の収入をアテにして融資を受けるということです。

もちろん、この場合は夫が「安定した収入をもっている」ことが条件になります。

よく、「無職でも借りれるカードローン」などという特集記事をインターネットで見かけますが、無職の人に無担保で融資をする金融機関はまずありません。

たとえあったとしても、収入がない状態でお金を借りても返済が滞るのが目に見えています。

アイフルは水商売でも審査を受けられるか

アイフルは水商売でもキャッシング可能なのでしょうか。

多くのキャッシングは、パートやアルバイトであっても、返済能力が十分にあれば、誰でも申込みは可能です。

多くの人が誤解しているのが、消費者金融の融資には職種が影響すると思われている点です。

貸金業者が最も重要視するのはあくまで返済能力で、職種に関係なく返済能力があると判断されれば融資は受けられます。

アイフルに限らず、水商売で働く人が消費者金融の審査でネックとなるのが、在籍確認電話です。

銀行カードローンなどでは、審査受付時間が早めに終わってしまう事が多く、水商売などの審査には不向きです。

アイフルでは、審査受付時間が9時から21時までとなっており、遅くまで残業するサラリーマンなどには重宝されています。

また、プロミスの様に、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれる場合もあるので、どうしても在籍確認が困難な状況にある人は、事前に相談しておくと良いかもしれません。

銀行カードローンは低金利で借りられる点で魅力ですが、審査に通過するには、それなりの勤務実績や年収の証明が必要になることが多く、いくら総量規制の対象外とはいえ、高額な融資を受けるにはやはり収入の証明書類が求められます。

一方、消費者金融であるアイフルでは、50万円までのキャッシング希望額であれば収入を証明する書類の提出は必要ありません。

即日の融資を利用したい場合は、規定の時間までに審査や契約を完了させている必要があるため、急ぎでお金が必要な人は、早めの準備を心がけることが大切です。

アイフルの審査に必要なもの

399137983

お金が必要なとき、もっとも簡単に融資を受ける方法が、カードローンです。

アイフルのキャッシング審査に必要なものとしては、何があるでしょうか。

通常、カードローンの審査には、運転免許証などの身分証明証が「本人確認書類」として必要です。

また、貸金業法が改正されてからは、「消費者金融は申込者の年収の3分の1を超えて融資をしてはいけない」という「総量規制」が導入されたため、申込時に「収入を証明する書類」の提出も求められるようになりました。

これは返済能力を超えて借入をして多重債務へと陥らないための法律です。

もちろん増額の申請時にも提出を求められますが、アイフルでは、他社との合計額が100万円を超えない場合は、主乳証明書類の提出は必要ありません。

融資審査に時間をかけたくない場合は、可能な限りこれらの書類はあらかじめ準備しておくべきでしょう。

審査の大半は済んでいるにもかかわらず、身分証明証の有効期限が切れていたり、給与明細を捨ててしまっていたりして、収入証明書類の提出が間に合わずに契約まで至らず、結局その日のうちに融資を受けられなかったという話はよく聞きます。

さらに、意外と忘れがちなのが、在籍確認のために勤務先の電話番号が必要になりますが、勤務先の電話番号もあらかじめ控えておくとよいでしょう。

また、即日融資の利用を希望する場合は、銀行振り込みでの融資を行うケースが多いため、振込みを希望する銀行口座の番号も用意しておく必要があります。

アイフルの審査についての評判

カードローン業界も各社いろいろな特色を打ち出し、利用者獲得のために激しい競争を展開しています。

最短で即日融資が可能なキャッシング会社や、返済を一本化するおまとめローン、そして低金利がウリの銀行カードローンなど、初めて消費者金融を利用する人は、そのメリットやサービスをよく理解して検討する必要があります。

そのなかでも、老舗の消費者金融であるアイフルは、審査対応の迅速さに定評があります。

ネットの口コミ情報サイトなどを見ても分る通り、アイフルの審査対応は非常に評判がよく、お金がすぐに必要な利用者から重宝されています。

また、アイフルは朝の9時から午後9時まで審査受付をしており、ネットで申込みをしてから自動契約機でカード発行を行う方法をとれば、仕事で契約に出向く時間がないという人でも即日で融資を受けることが可能です。

さらに、本当に急ぎで融資を受けたいという人は、申込後に専用のコールセンターへ電話することによって「お急ぎ審査」という扱いとなり、さらに時間がない人はこちらの方法をお勧めします。

いずれにしろ、審査を早く済ませるためには、必要な申込み情報を過不足なく用意することと、身分証明証など、申込に必要な書類をあらかじめ準備しておくことが大切です。

特に収入を証明する書類として提出する「源泉徴収票」は、比較的規模の大きな会社へ勤務している場合は、発行に時間がかかる場合があるので要注意です。

ただし、収入証明書類は50万円以下の希望額の場合は必要ありません。

アイフルの審査に必要な書類

消費者金融のアイフルは、アコムやプロミスなどと同じく誰もが知る老舗の消費者金融です。

最近では銀行でもカードローンでのキャッシングサービスを提供するなど、キャッシングにも種類が多くなりました。

運転免許証などの本人確認書類を提出するだけで、必要なときにいつでも、場合によっては即日での融資を受けられるなど、最近のカードローンは利便性がますます向上し、時間がなく忙しい人にとっては非常にありがたい存在です。

老舗の消費者金融であるアイフルは、審査の早さが魅力でもあります。

では、アイフルの審査申込みにあたって、必要な書類にはどんなものがあるでしょうか。

まず必ず提出が求められるのは、運転免許証などの身分証明証です。

本人確認書類として提出しますが、運転免許証がなければ、社会保険証やパスポートでも構いませんが、なるべく顔写真付きのものが望ましいでしょう。

そして、総量規制のルールで消費者金融は「年収の3分の1を超えて」融資をしてはいけないため、本人確認書類に加えて「収入を証明する書類」の提出も求められます。

これには、源泉徴収票や給与明細(2か月分)が有効となります。

また、他社の利用総額とアイフルへの希望限度額の合計が100万円を超えない場合や、アイフルでの希望契約額が50万円以下の場合は、必要ありません。

また、他社からの借入額が多い場合は、返済を一本化できるアイフルの「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を利用する方法もあります。

派遣社員でもアイフルの審査は受けられるのか

派遣社員として働く人でも、アイフルの審査は受けられるのでしょうか。

結論から言うと、アイフルに限らず、キャッシングやカードローンは、派遣社員でも契約社員でも、またはパートやアルバイトでも、継続して安定した収入をもつ20歳以上の人であれば、誰でも申込することが出来ます。

雇用形態がしっかりしていないと、消費者金融の融資審査には通りにくいと思い込んでいる人が多くいますが、さほど関係ありません。

むしろ、審査に影響があるとしたら、雇用形態よりも勤続年数の方が重要かもしれません。

勤続1年未満の正社員よりも、勤続5年の派遣社員の方が審査結果に良い影響があることは言うまでもありません。

確かに、派遣社員の場合、住宅ローンを利用したいときにも、銀行から融資を断られることが多いため、その様な印象をもったとしても仕方がありませんが、消費者金融の融資は、返済能力さえあれば、雇用形態にかかわらず、お金を必要としている人へ融資を行います。

もちろんアイフルでも、急ぎの場合は、ネット申込み後に電話をすると即日融資も可能です。

最近では、インターネットの口コミ情報サイトなどで、金利の低さやレディースローンの有無、派遣やパートでも借りられるかなど、色々なカテゴリに分けてキャッシングに関する情報がまとめられています。

初めて消費者金融を利用する人は、無計画に申し込むのではなく、最低限の情報をしっかり確認したうえで検討するべきでしょう。

アイフルの審査に年収はどう影響するか

老舗の消費者金融アイフルは、専業のキャッシング会社として、その審査対応の早さが人気です。

融資審査が早いカードローンは多数ありますが、このアイフルの審査で、利用者の年収はどう影響するのでしょうか。

申込者の年収は、返済能力の源となり、融資額を決定するうえで重要な要素の一つです。

現在の消費者金融は、改正された貸金業法で定められた「素量規制」の影響で、「申込者の年収の3分の1を超えて融資をしてはいけない」ことになっています。

そのため、申込時には本人確認書類のほか、源泉徴収票などの「収入を証明する書類」の提出が求められます。

ただし、大手メガバンクなどを含む、銀行が発行するカードローンの場合、総量規制の対象から外れるため、収入を証明する書類の提出は必要ありません。

そのため、源泉徴収票などを用意することが出来ない場合、また、消費者金融として有名なレイクも、現在は新生銀行のカードローンブランドとして運営されているため、「銀行カードローン」という扱いとなり、総量規制の対象外となります。

そのため、最近のキャッシング業界では、低金利で総量規制の対象外である銀行カードローンが人気ですが、ネットの情報サイトなどでも情報がまとめられている通り、審査のハードルもそれなりに高いと言われています。

急ぎでお金が必要だったり、50万円程度の融資希望額の場合は、消費者金融を検討した方がよいかもしれません。

最近では、最短で即日融資も可能な場合もあるなど、銀行のカードローンにはない魅力がたくさんあります。

アイフルは日曜日でも審査を受け付けているか

アイフルは、日曜日でも審査を行っているのでしょうか。

実はアイフルでは、土日もキャッシング審査を行っており、時間帯によっては即日融資を受けることも可能です。

ただし、申込した人の仕事が「土日休み」の場合、勤務先へ電話をかける「在籍確認」の都合上、当日中には審査が完了しない可能性があるため注意が必要です。

アイフルは、プロミスやアコムと並んで老舗の消費者金融として長い間運営されてきましたが、現在では専業のキャッシング会社としてはアイフルのみが国内唯一の存在となっています。

他のカードローン会社は銀行のグループ傘下となっているため、何かとクリーンなイメージがありますが、ネットの口コミ情報サイトなどを確認すると分かる通り、アイフルも老舗消費者金融としてのスピーディな対応など、急な出費でお金が必要となった人にとって、その柔軟性が魅力です。

アイフルでは、審査の受付時間が9時から21時までとなっており、ネットで申し込みをしておいて自動契約機でカード発行するというスタイルが一番早い方法です。

また、さらに急ぎで利用したいという場合は、インターネットで申し込みした後に、フリーダイヤルの専用コールセンターへすぐ電話をすることで「お急ぎ審査」という対応を受けることができます。

現代は、インターネットが主流ですが、この様に電話でオペレータと直接話すことで、金利や返済方法についてなど、融資に関して不明な点を気軽に質問することもできます。

アイフルは主婦でも審査に通るのか

お金が必要なときにすぐに借りられて、即日での融資も可能なのがキャッシングの便利な点です。

なかには低金利で利用できる銀行カードローンや、他社への返済途中であっても、その債務を一本化できる、おまとめローンなど、一言でキャッシング/消費者金融と言っても、その商品の種類は用途別にいろいろあります。

キャッシングのアイフルは、主婦でも審査に通過して融資を受けられるのでしょうか。

多くの消費者金融やカードローンは、パートの主婦やアルバイト収入のみの人でも「継続的に」働いていて安定した収入がある20歳以上の人であれば誰でも申込みが可能となっています。

したがって、専業主婦などの様に、「収入がない状態」では、利用できないと思った方がよいでしょう。

この様な場合、ネットなどの口コミ情報や、キャッシング利用者からの実体験投稿などを見ると、「専業主婦でもアイフルで借りられる方法はないか」という質問も多く見られますが、アイフルのほか、大手消費者金融の公式サイトを確認する限りでは、どのキャッシング業者も、収入の手段をもたない専業主婦への貸付は一切行っていない様子です。

一方、専業主婦でもカードローンを利用したいという場合は、銀行のカードローンに「配偶者枠」「専業主婦枠」といった、夫の収入をもとに行なわれる融資枠があるので、そちらを検討するという方法もあります。

もちろん、共働きの世帯に比べて専業主婦の場合、夫の収入が高いケースが多いため、審査が厳しいと言われている銀行カードローンで融資を受けることも可能かもしれません。

アイフルが審査で使用する個人信用情報機関

アイフルが加盟及び提携する個人信用情報機関は、「JICC(株式会社日本信用情報機構)」、「シー・アイ・シー」、「全国銀行個人信用情報センター」の3機関です。

以前は、消費者金融ごとに加盟する機関にバラつきがありましたが、現在では、日本には3つの機関しか存在しないため、ほぼ全ての個人信用情報機関から照合できるようになっています。

これはどのカードローン業者、消費者金融においてもほぼ共通していると言えます。

キャッシングの審査は、この「個人信用情報機関への照会」でほぼ決まるといっても過言ではありません。

もちろん、各社それぞれの融資判断基準があり、バラつきはありますが、個人信用情報機関に登録されている情報だけでも、事故歴や他社借入状況など、十分な判断材料となり得るのです。

アイフルへキャッシングの申込みをすると、提出された本人確認証をもとに、生年月日や氏名などから、加盟する上記の個人信用情報機関へ照会を行います。

そこで、「他社の利用状況」「返済を滞らせたことがないか」などを調べます。

そこで問題ないと判断されれば、次は「在籍確認」へ移ります。

勤務先の会社へ、アイフルの担当者から電話による在籍確認を行い、勤務しているという確認がとれたら「融資可能」となります。

また、「時間がなく、すぐにお金が必要」という人が希望する「即日融資」を行う場合は、カード発行を待たずに振込によって融資をする方法をとりますが、この場合も審査に必要な個人信用情報の照会は省略されません。

アイフルの審査で収入証明が必要な場合

アイフルでは、希望する限度額が50万円を超える場合や、他社との合計額が100万円超えとなる場合は、収入を証明する書類の提出が必要となります。

アイフルに限らず、多くの消費者金融やカードローンでは、審査申込みの際に、「収入を証明する書類の提出」が必要となっています。

従来は、本人確書類として、運転免許証などの身分証明書のみの提出で済んでいましたが、現在は、2010年に貸金業法が改正され、総量規制というルールがあるため、消費者金融は利用者へ「年収の3分の1」を超えて融資できないことになっています。

そのため、各キャッシングは、申込時に「申告された年収が本当かどうか」を確認するために、源泉徴収票や給与明細などの提出を求めることになっているのです。

ネットの普及により、審査のスピードも格段にアップしたことから、多くの消費者金融では即日融資が可能な場合もありますが、あくまで必要な書類の提出が全て済んでいるという前提です。

また、限度額が大きいことで人気がある「銀行のカードローン」は、総量規制の対象外となるため、原則として収入を証明する書類の提出は不要とされていますが、他社へ返済中であったり、年収が低かったりすると、そもそもの審査通過率がやや低いという点を踏まえると、アイフルやアコムなどの消費者金融を検討した方が良いかもしれません。

用意できる書類の種類が分ったうえで、自分が借りられるかどうか不安な人は、各社に設けられている、不明な点を電話で気軽に質問できるコールセンターへ問い合わせるのも一つの方法でしょう。

あくまで納得いくまで不明点を解消してから申込みをすることが大切です。

アイフルの審査基準とポイントは?

アイフルのキャッシング審査は、どの様にして行われるのでしょうか。

消費者金融の融資審査にはそれぞれ基準を設けていますが、その内容は公開されていません。

一般的には、他社のカードローンを利用しており、まだ返済中であったり、借入件数が多いなどの場合は、希望する限度額を借りられなかったりすることもありますが、アルバイトやパートであっても、継続的な仕事をしていて、ある程度の収入があれば、基本的には誰でも融資を受けることは可能です。

他にも、審査に通過するために重要なポイントとしては、勤続年数や居住年数が、「ある程度長いこと」です。

いくら年収が高くても、「勤務し始めて1か月」などの場合は、今後もその仕事が続くかどうかは未知数なので、審査において加点要素とはなりにくい様です。

多くのカードローンは、場合によっては、最短で即日の融資も可能であるなど、審査のスピードが非常に早く、個人信用情報から判断できる要素や、勤務先への在籍確認なども含め、これまでに蓄積された審査に関するノウハウが活きているということです。

一方、銀行カードローンは低金利で利用できたり、限度額が豊富であるにもかかわらず収入証明が不要であったり、メリットが大きいのは確かですが、申込みをしてから融資実効まで、審査にある程度時間を要するなど、消費者金融と比べるとやや迅速性に欠けるという面もあります。

急ぎでお金が必要であったり、30万円~50万円の少額融資を希望する場合であれば、対応の早い消費者金融を選ぶことをおすすめします。

アイフルの審査は他社と比べて厳しいのか

アイフルの融資審査は、他のキャッシング業者と比べて厳しいのでしょうか。

審査の基準は、キャッシング会社それぞれ異なりますが、アイフルは審査通過率からみても「厳しくない」キャッシング会社といえます。

最近では、銀行も低金利のカードローンを発行するようになり、消費者金融と銀行のフリーローンの境界線が曖昧になりつつあります。

銀行のカードローンは、低金利で利用できる点が魅力ですが、収入や勤続年数など、審査に通過するにはそれなりの個人信用情報が必要になります。

これら銀行カードローンは、保証会社の審査と、融資を実行する銀行とで、2段階の審査が行われることになり、審査通過率から見ても、やや厳しいと言われています。

スピードや借りやすさの面から見ても、銀行カードローンと比較すると消費者金融であるアイフルは「借りやすい」部類と言えるでしょう。

一方、アイフルの様な消費者金融の場合、指定時間までに審査が完了していれば、即日の融資も可能な場合もあるなど、その対応の早さが人気で、「急いでお金が必要」という人に重宝されています。

また、アイフルでは、他社へ返済している借入が複数あっても、それらを一本化することにより負担をへらすことのできる「おまとめMAX」「かりかえMAX」などのおまとめローンも提供しています。

おまとめローンの相談は、アイフルへの電話一本で始めることができるので、他社への返済に困っているという人は、これらのおまとめローンを検討してみるとよいかもしれません。

アイフルへの借り換えが可能な「おまとめMAX」や「かりかえMAX」の審査

キャッシングは、低金利で融資を受けられる銀行のカードローンや、時間帯によっては即日融資が可能な場合もある消費者金融など、業態ごとに様々な特色を打ち出すようになりました。

しかし一方で、複数の消費者金融から借入を繰り返して多重債務に陥る人がいるという問題もあります。

そこで登場するのが、おまとめローンです。

アイフルには、通常の融資のほか、いわゆる「おまとめローン」としての融資も行っています。

その一つとしてあるのが、「おまとめMAX」です。

おまとめMAXは、アイフルを既に利用している人や、他社のカードローンを返済中の人が利用できるおまとめローンで、月々の返済額負担を軽減させるメリットがあります。

この「おまとめMAX」は、貸金業法で定められた「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」に該当するもので、債務者を保護する観点から、総量規制の対象とならないのが特徴的です。

また、アイフルを利用したことがない人を対象とした「かりかえMAX」もあります。

これらおまとめローンは、利息の圧縮や返済額の軽減にも繋がるため、既に返済能力を超えた債務状況にある人は、一度検討してみるとよいかもしれません。

審査は、個人信用情報機関へ照会をし、在籍確認なども行ったうえでの融資となるので、通常の方法と変わりないようですが、他社への返済を目的として融資であることから、他社への返済はアイフルが代理して行う場合もあるようです。

アイフルの審査は何時まで受付可能か

少し前のキャッシングと言えば、営業時間中に店舗窓口で申込みをして、審査を受け、その場で融資を受けるという方法が主流でしたが、その後、自動契約機の登場により、人に会わずに備付けの電話でやり取りするというスタイルへと移行しました。

さらに最近では、急にお金が必要な場合でも運転免許証などの本人確認証があれば、自動契約機やインターネットでいつでも申込みが可能で、場合によっては銀行振込みによる即日融資も可能であったり、24時間の銀行ATMや提携しているコンビニATMなどで、いつでも返済や借入ができるなど、非常に便利な時代になり、現在でも多くの人が利用しています。

アイフルの審査は、何時まで申込み受付をしてもらえるのでしょうか。

個人信用情報機関への登録照会をする時間の関係上、多くの消費者金融やカードローンは、深夜では本審査が行われないと言われています。

アイフルの審査時間は、9時から21時までの間とされていますが、もし、振込みによる「即日融資」を希望するのであれば、平日の14:50までに全ての手続きを終えていなければならず、少なくとも14:00までには申し込みを完了している必要があります。

多くのキャッシングは、申込み自体は、24時間いつでも可能ではありますが、ほとんどの場合、審査をする時間帯は決まっています。

インターネットがどれだけ普及しても、有人対応となる個人信用情報の照会は、時間帯が決まっているようです。

アイフルの審査はアルバイトでも通過するのか

アイフルのキャッシング審査は、アルバイトやパートでも受けられるのでしょうか。

ネットの情報を見ても分る通り、ほとんどの消費者金融やカードローンは、返済するための安定した収入をもつ人であれば、誰でも利用が可能となっています。

戦後の消費者金融は、都内の公務員など、限られた人しか融資を受けられないという、利用者層を限定した小口融資はあるものの、現在の消費者金融の様に、お金に困った人へ小口の融資をする貸金業者は、街金などと言われ市民権を得ませんでした。

その後、プロミスやレイクなど、のちの大手キャッシング会社となる小口金融業者が数多く登場したと言われています。

アイフルの様に、老舗のカードローン業者は、これまでに積み重ねてきた審査方法に関するノウハウがあり、パートやアルバイトであっても、希望する限度額や、提出された必要書類などを見て、返済能力があると判断すれば、時間帯によっては「即日融資」も可能であるなど、そのスピーディさがウリでもあります。

そして気になる「在籍確認」の電話ですが、アルバイトの場合でも例外なく行われます。

一方、銀行のカードローンは低金利で高額な限度額が魅力ですが、実は審査に通過するには、それなりの年収や勤務先が必要となることが多く、審査通過率の面で見ても、アルバイトやパートしか収入をもたない人がキャッシングを利用するなら、アイフルやアコムなどの消費者金融を利用した方がよいかもしれません。

アイフルの審査は甘いのか

消費者金融「アイフル」の審査は、決して他社と比べて甘いという訳ではありません。

いわゆる「甘い審査」で融資を行っていれば、ここまで老舗キャッシング会社として続いているはずがありません。

インターネットの情報サイトなどを見ると、アイフルをはじめ、アコムやプロミスなど、消費者金融を利用した人の実体験が書かれていますが、審査に通過しやすいかどうかは、人それぞれです。

そもそも、明確な審査基準というものは存在せず、各社が独自に蓄積してきたノウハウによって融資判断を行う様です。

安定した収入をもつなど、確実な返済能力がない人には融資はされず、他社での借入件数が多すぎる人や事故歴がある人の場合は、融資審査は通りにくくなるでしょう。

最近では、非常に多くの金融機関がカードローン商品を提供するようになりました。

なかでも大手銀行が発行するカードローンなどは、低金利でありながら豊富な限度額に驚かされます。

「今日中にお金が必要」という場合にも、時間帯によっては即日融資が可能であったり、非常に多くの人に利用されています。

また、アイフルでは、他社のカードローンを返済中の人を対象に、その返済を一本化する「おまとめMAX」という商品も提供しており、これが「他社で借り入れ中」の人でも「アイフルで融資を受けられた」という口コミから、アイフルは審査が甘いと誤解される理由かもしれません。

アイフルの「おまとめMAX」は、貸金業法で定められた、「債務者に一方的有利となる融資」に該当し、多重債務を防止する趣旨からくる制度の一つです。

アイフルの審査で行われる在籍確認

最近のカードローンは、銀行も市場参入するほど需要があり、特に昔から営業している消費者金融は、「急ぎでお金が必要」「時間がない」という人向けに「即日融資」が可能な場合もあるなど、そのスピーディさが人気となっています。

大手銀行の参入により、銀行カードローンというものも存在し、これらは、高額な限度額でありながら低金利での融資が受けられるという点が魅力で今までカードローンに馴染みがなかった人も利用するようになりました。

そんななか、老舗のキャッシング会社であるアイフルも、審査のノウハウやスピード対応が特徴的で、根強い人気を誇っています。

アイフルへ申込みをすると、審査の後半に在籍確認が行われます。

消費者金融の審査において、在籍確認は避けて通れません。

ほとんどのカードローンやキャッシング業者は、申込者が申告した勤務先で本当に働いているかどうかを確認するため、会社へ電話連絡するなどの方法で在籍確認が行われます。

まれに、プロミスなどの様に、事情を説明すれば、「電話ではなく書類による在籍確認」を行ってくれるキャッシング業者もありますが、基本的には在籍確認は電話で行われる様です。

在籍確認は、今後の返済能力を確認するうえで非常に重要な項目となり、もし勤務実態がなければ、返済能力がない人に融資をしてしまうことになりかねないため、どの消費者金融を利用しても確実に行われる行程です。

ただし、この在籍確認が行われる段階にまで進めば、審査はほぼ完了に近づいているといっても過言ではありません。

アイフルの審査に関する口コミ

アコムやプロミスなど、多くのカードローン/キャッシング業者が大手メガバンクのグループ傘下入りするなか、アイフルだけは、唯一専業のキャッシング会社として現在も営業を続けている、非常に珍しい消費者金融といえるでしょう。

確かに、銀行のカードローンは「低金利で限度額も豊富」「総量規制の対象とならず、収入を証明する書類の提出が不要」などというメリットがありますが、その反面、融資にあたっては事実上、保証会社がその審査を担うことになるケースが多いものです。

そのため、審査にある程度の時間を要するのもの事実です。

その点、一般の消費者金融(銀行カードローンではない貸金業者)は、独自の審査ノウハウを蓄積していることが多く、場合によっては「即日融資」も可能であるなど、審査対応もスピーディであることが特徴的です。

アイフルの審査でも、ネットの口コミサイトの情報を見ると「申込みから契約までがとても早かった」「急にお金が必要になったが即日融資が受けられて助かった」という評判が目立ちます。

アイフルを利用する人の多くは、消費者金融というものに対してある程度慣れているという人が多い傾向にあるかもしれません。

また、アイフルでは、「複数のキャッシング会社へ返済している最中」人向けに「おまとめMAX」という、いわゆる「おまとめローン」を提供しており、多重債務に陥りそうな人は、生活を圧迫する前に、こうしたおまとめローンを利用する方法を検討することもお勧めします。

アイフルで審査落ちする場合

急にお金が必要となった場合、真っ先に思いつくのが消費者金融です。

最近のキャッシングは、各社それぞれ多種多様なメリットで差別化を図っています。

提携ATMの数も増え、以前と比べて返済方法に困るということは、ほとんどなくなりました。

また、最近では低金利での融資が可能な銀行カードローンが人気ですが、昔から営業しているレイクやアコム、プロミスのような大手カードローンでは、初回の利用から「一定期間無利息サービス」を提供するなど、銀行カードローンにはない魅力もあります。

そんな老舗のキャッシング会社のなかで、唯一「専業の消費者金融」として現在も営業しているのが、アイフルです。

アコムやレイク、プロミスなどと並んで、誰もが知るキャッシングブランドです。

アイフルの審査は特別厳しいということはなく、むしろ銀行カードローンなどと比べると、審査通過率の高い消費者金融として位置付けられています。

アイフルで審査に落ちたという人の口コミ情報を見ると、一番多いのは「他社での合計利用額が多い」というケースです。

当然ですが、どの消費者金融でもキャッシング審査で、「他社での借入件数や金額」が多いと、審査に落ちる可能性は高くなります。

よく誤解されるのが、審査に落ちたからといって「自分はブラックリストに掲載されているから落ちた」と認識するケースがあるということです。

そもそも、ブラックリストというもの自体は存在しませんが、なぜ審査に落ちるかというと、個人信用情報機関へ加盟しているキャッシングやクレジットカード会社が利用履歴を登録したことによって、全体の利用状況が分ってしまうためです。

アイフルの審査で行われる在籍確認電話について

世の中には、アコムやプロミスなど、有名なカードローンがいくつかあり、「即日融資が可能なカードローン」や「銀行が発行する低金利なカードローン」など、いろいろなメリットを打ち出す事業者が増えてきています。

そのなかで、アイフルも老舗のカードローン事業者として「お金が急に必要」「審査に時間をかけられない」という、多くの人から利用されています。

しかし、初めて消費者金融を利用する場合、返済方法や利息など、分らないことが多すぎて、利用に躊躇する人も一定数いるのも確かです。

その不安の一つに、「在籍確認電話」があります。

通常、消費者金融へキャッシングの申込みをすると、審査の流れのなかで、勤務先への「在籍確認電話」という行程があります。

この在籍確認電話は、申込者の返済能力を判断するうえで、確かな収入源があるかどうかを確認するために必要で、この在籍確認がなければ、融資を受けるためにいくらでも収入や勤務先を偽ることができてしまうため、非常に重要な意味をもちます。

アイフルでの在籍確認ですが、実際の流れは、審査の後半で(多くの場合は日中に)勤務先へアイフルの担当者が個人名を名乗って電話をかけます。

内容は「○○さんはいらっしゃいますか?」という程度の内容で、不在を告げられると「分りました」と電話を切るだけです。

これはクレジットカードの審査などでも当たり前に行われていることなので、不必要に警戒することはありません。

もし心配な場合は、あらかじめ在籍確認の電話方法について相談しておくとよいでしょう。

アイフルへ申込み後の審査の流れ

審査時間は「最短30分」で回答が得られ、さらに最短で「即日融資も可能」というスピーディさが人気で、「急にお金が必要になった」「銀行のカードローンは審査がやや遅いという声もあり、審査が早いと評判の消費者金融を探している」という人から重宝されています。

一方で、キャッシングの利用が初めての場合、カードローンの審査がどのような流れで行われるのかが不明で不安という声もあります。

アイフルへ申込みした後の審査の流れとしては、まずアイフルの担当者から24時間以内に「申込み確認」の連絡が、電話かメールで入ります。

次に、スマートフォンアプリやメールにて、運転免許証(本人確認書類として)など、必要書類を提出します。

審査の最終段階で、「勤務先に本当に勤務しているかどうか」の確認のため、個人名で「在籍確認電話」が入ります。

この時点でほぼ審査の半分以上は進んでいます。

その後、web契約または自動契約機などで契約を完了させて、カード発行となります。

基本的には一般的な消費者金融においての審査の流れと大差はありませんが、アイフルは店舗窓口の数が多いという点が最近のカードローン業者の傾向と少し異なります。

また、アイフルは「おまとめMAX」という、いわゆる「おまとめローン」の提供もしており、他社での借入を一本化したいという人の需要にも応える商品展開をしているので、他社で借入をしていて、返済中という人は、「アイフルのおまとめMAXへまとめる」という方法を検討してみてもよいかもしれません。

アイフルの審査にかかる時間

アコムやレイク、プロミスなど、多くの人が利用した経験のある有名な老舗のカードローンブランドのほとんどが既に大手メガバンクの傘下(レイクは新生銀行のカードローンブランドへと移行)するなか、専業の消費者金融としては、アイフルのみが唯一の存在となっています。

そんな老舗のキャッシング会社であるアイフルは、専業ならではの強みを活かしてスピーディな審査対応がセールスポイントでもあります。

アイフルの審査時間は「最短30分」を謳っており、急ぎで融資が必要な場合などは、インターネットでの必要な情報を入力して申込みを完了させた後、フリーダイヤルで指定の番号へ電話をすることにより、審査にかかる時間を大幅に短縮出来る仕組みがあります。

最短で即日融資も可能とされています。

アイフルの審査には、他のキャッシング会社と同様に、必ず申込内容の確認のほか、勤務先へ在籍確認の電話が入ります。

銀行系カードローンや銀行のカードローンとちがい、アイフルは提携している銀行ATMの豊富さが気になりますが、三菱東京UFJ銀行やセブン銀行、イオン銀行などのメガバンクATMのほか、ローソンATMなどのコンビニATMとも提携しており、返済方法に困るということはありません。

また、金利に関しても低金利の銀行カードローンと比較されがちですが、アイフルの金利は4.5%~18.0%と他社と比べても大差はなく、銀行カードローンの審査に落ちた人が、それを機に消費者金融の存在を知り、アイフルへ申し込むというケースも少なくありません。

審査のスピーディさこそが、アイフルのポイントと言えるかもしれません。

アコムで50万円までの限度額を希望する際の審査

大手消費者金融のアコムは、貸金業法の対象となるキャッシング業者なので、総量規制の対象となります。

総量規制とは、2010年に法改正された際に施行された「貸金業者は、申込者の年収の3分の1を超えて融資をしてはいけない」というルールです。

そのため、各カードローン業者は、融資審査の際には、源泉徴収票や給与明細など、「収入を証明する書類」の提出を求めています。

この総量規制は、カードローンを利用して、返済能力を超えた借金をすることにより、多重債務へと陥ることを防ぐために設けられたものです。

では、アコムへの申込みに必ず「収入を証明する書類」の提出が必要かといえばそうではありません。

実は、アコムでは、「50万円以内」の希望限度額であれば、これらの書類は不要で、本人確認証の提出のみでOKなのです。

源泉徴収票などが用意できない(しにくい)からといって、審査がやや厳しいい銀行カードローンへ申込みをしても、審査に通らず、結果的に申込み履歴だけが残り「個人信用情報」を汚しただけで終わるというケースもあります。

また、最初は50万円以内の希望限度額としておき、後で増額を希望する場合でも収入証明書類は必要となります。

カードローンやキャッシングは「急にお金が必要になった」際にも、指定時間までに契約を済ませるなど、条件さえ満たせば「即日融資」も可能であったり、基本的には運転免許証など本人確認書類の提出だけで申込みができたりと、大変便利なものですが、手軽に利用できるからといって乱用すると銀行の住宅ローン審査に通過しにくくなるなどのリスクもあります。

本当にその借金が必要かどうかを検討して、自分に合った解決方法を選択するべきでしょう。

希望額30万円の場合のアコムの審査

銀行の住宅ローンやマイカーローンなどと比べて、簡単な申込み情報の記入(または入力)と、本人確認書類(場合によっては収入を証明する書類も)の提出だけで、気軽に融資が受けれられるのがカードローンや消費者金融の便利な点ですが、当日にお金が必要になった場合でも、場合によっては即日融資も可能であるなど、個人向けのキャッシングはスピーディな対応も魅力で、昔から多くの人が利用しています。

また、最近では、多くのカードローン事業者には、初めて利用するという人向けに有人対応のコールセンターも設置されており「返済方法が分らない」「金利はどの様にしてつくのか」「増額したい場合はどうすればよいのか」など、分らないことを気軽に質問することができます。

また、最近のカードローンは、時間がない人でもインターネットから24時間いつでも申込みが可能であったり、返済場所についても、従来の様な店舗窓口や特定のATMだけではなく、大手メガバンクのATMやコンビニATMが利用出来るなど、いろいろな事情の人に配慮された仕組みが作られているというのも、利用者数が増えている理由の一つでしょう。

大手消費者金融のひとつ「アコム」は、改正貸金業法によって施行された「総量規制」の対象となり、「年収の3分の1を超えて」融資ができないというルールがあります。

そのため、アコムへの審査申込み時に「希望する限度額が50万円を超える」場合には、本人確認証としての運転免許証などのほか、「収入を証明する書類」として、源泉徴収票や給与明細(2か月分)の提出が必要となります。

例えば希望額が「30万円」などの場合には、不要です。

アコムは24時間審査申込OK

キャッシングは、急にお金が必要になった場合でも気軽にいつでも申込みが可能な点が魅力です。

消費者金融の申込み方法といえば、「電話」「店舗窓口」「自動契約機」などがありますが、最近ではアコムをはじめ、ほとんどの大手カードローンは、インターネットからの申込みに力を入れており、24時間いつでも、必要な情報を入力するだけで申込みが完了します。

なかでも、カードローン業者として長年の間営業してきたなかで蓄積した「独自の審査ノウハウ」が強みでもある、大手消費者金融のアコムは誰もが知るキャッシングブランドです。

CMや広告を誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。

アコムの自動契約機「むじんくん」の営業時間は、8:00~22:00までとなっており、店舗窓口の営業時間よりも長く、仕事が終わる時間が遅いという人でも利用できるなどの配慮が嬉しい点です。

むじんくんには、オペレーターと直接つながるインターホンがあるので、「返済方法が分らない」「在籍確認はどの様に行われるのか」「返済日はいつか」「利息はどのようにしてつくのか」など、疑問があれば納得いくまで質問をすることをお勧めします。

さらにアコムでは、最短30分で審査結果回答など、スピーディな対応も特徴の一つですが、振込み融資により即日での融資も可能となります。

返済方法についても、提携しているコンビニATMのほか、大手銀行のATMも利用出来るなど、大手ならではの利便性がたくさんあるという点も、大手消費者金融を利用するメリットといえます。

アコムへ10万円の希望限度額で審査申込みをする場合

消費者金融のキャッシングは、お金が急に必要になったときでも、条件さえ満たせば「即日融資」も可能な点が魅力です。

最近では、「一定期間無利息で借り入れができる」など、いろいろなメリットを打ち出すキャッシング業者が増えてきました。

以前に比べて返済方法の選択肢も増え、コンビニATMや大手銀行のATMが利用できるなど、利便性の面でも向上しており、多くの人が「急な出費」の際に利用する様になりました。

手軽に利用できる反面、多重債務者が増加するなどの社会問題もあり、2010年には貸金業法が改正され、消費者金融が個人へ貸付する際には、「本人の年収の3分の1を超えて融資をしてはいけない」という「総量規制」のルールが施行され、全ての貸金業者では、申込時に「収入を証明する書類」の提出が求められます。

しかし、希望する限度額によっては、本人確認書類のみの提出で済むケースもあります。

例えば、借入アコムへ10万円の希望限度額で審査申込みをする場合、収入を証明する書類の提出が不要です。

アコムで収入の証明が必要なケースは「借入希望限度額が50万円以上」の場合です。

一方、比較として引き合いに出される「銀行のカードローン」は、「低金利」である点や「収入を証明する書類の提出が必要ないこと」などが魅力ですが、審査がそれなりに厳しいのも事実です。

むやみに申し込んで「個人信用情報機関」へ登録されるリスクを負うよりも、希望する限度額が10万円程度なら、なるべく審査に通過しやすい消費者金融へ申し込むのも一つの方法かもしれません。

アコムで100万円以上の限度額を希望する場合の審査

大手キャッシング会社のアコムは、消費者金融として長年に渡り培ってきた審査ノウハウが優れていることでも有名です。

また、最短30分での審査回答というスピーディな回答と、振込みによる「即日融資」も可能なので、その日のうちにお金が必要な場合にも対応できます。

ほかにも大手メガバンクのATMが利用出来るなど、キャッシングを選ぶ際はアコムなど、名の知れた大手のキャッシングを選ぶことをお勧めします。

最近では貸金業法が改正されたことにより、限度額によって金利や審査の実態が若干異なります。

例えば、アコムでは「利用限度額が50万円を超える」「他社での借入限度額とアコムでの希望限度額の合計が100万円を超える」などの場合には、収入を証明する書類の提出が必要となります。

他社カードローンの利用残高が残っていてまだ返済の途中である場合は、要注意です。

また、他社での利用額が分らないという場合、利用しているカードローン会社に問い合わせるなどして確認できますが、消費者金融を利用した覚えがないにもかかわらずアコムの審査に通過しなかった場合、個人信用情報に何らかの事故登録がされているかも知れません。

その場合、個人信用情報機関へ「本人開示請求」をすることにより、自分の利用状況が分かる様になっています。

また、アコムは国内の消費者金融としては唯一のマスターブランドであるクレジットカードも発行しており、キャッシング以外に買い物にも利用する予定があれば、こちらも併せて検討するとよいかもしれません。

バンクイックの審査とアコムの関係

銀行のカードローンといえば、その代表格はメガバンク「三菱東京UFJ銀行」のカードローンであるバンクイックが有名です。

銀行カードローンの特徴といえば、「消費者金融と比較して低金利で融資が受けられる」「最高限度額が高い」などのメリットに加え「総量規制の対象外となるため、収入を証明する書類の提出が必要ない」という点も魅力の一つです。

しかし、銀行カードローンが利用者にとってデメリットとなり得るのは、「即日融資が可能な消費者金融と異なり、審査には時間を要する」という点や、「銀行という堅実な金融機関が提供する融資のため、審査が厳しいという印象がある」などの点です。

しかし、最近ではバンクイックをはじめとした銀行カードローンでも「最短30分回答」などを謳う様になり、徐々に審査がスピーディになった印象を受けます。

実は、この「バンクイック」は、老舗のキャッシングである「消費者金融のアコム」が保証会社となっていることはご存じでしょうか。

三菱東京UFJ銀行公式サイトにある、バンクイック紹介ページでも、保証会社としてアコムの名が表記されています。

保証会社とは、融資を実効する三菱東京UFJ銀行に対し「何かあったら(返済不能になった場合など)保証します」という保証業務ですが、保証会社=審査をしている会社と考えても差し支えありません。

基本的には、個人信用情報に基づいて審査をし、アコムと三菱東京UFJ銀行で最終的な判断を下しますが、Wチェック機能が働くため、審査の通過率はやや低いという印象があります。

アコムの審査ではバイト先への在籍確認電話があるか

インターネットの普及により、数年前よりも審査スピードが早くなり、最近では「即日融資」も可能なカードローンやキャッシングが増えてきており、「今日中にお金が必要」という人からのニーズにも応え、多くの人に利用されています。

アコムやプロミスをはじめとした消費者金融の審査では、必ず「勤務先の会社などに在籍しているのかの確認電話」が入ることになっていますが、この在籍確認は電話で行われる方法が一般的です。

例えばアコムでは、学生(満20歳以上に限る)のアルバイトでも定期的な収入があれば申込みは可能ですが、返済の原資となるアルバイト就労が本物かどうかを確認するためには、やはりアルバイト先への在籍確認が必要となります。

この在籍確認を極端に恐れる人がいますが、「アコムの者ですが○○さんはいらっしゃいますか?」などと、露骨に消費者金融であることは明かさず、「個人名」を名乗って電話をするなどの配慮がされるので、さほど不安に感じる必要はないかと思います。

もちろん、何らかの在籍確認であると勘ぐられてしまったとしても、通常、クレジットカードへ申し込んだ場合でも在籍確認の電話はあるので、アルバイト先とはいえ職場に電話がかかってくるということは、さほど不自然ではありません。

それでも不安な場合は、電話以外での在籍確認も相談に応じてくれることがありますが、アルバイトの場合、就労を証明するための社会保険証など、電話以外でも在籍を確認する手段の有無が決め手となります。

アコムの審査で在籍確認電話がこないようにするには

アコムやプロミスをはじめ、多くの消費者金融やカードローンでは、即日融資が可能である旨を謳っていることが多く、それに伴い、各消費者金融には、キャッシング審査のスピードが求められます。

そのため、申込書で申告した「勤務先の会社への在籍確認電話連絡」は、ある程度、書類の審査を一通り終えた後で行われるケースが多いようです。

しかし、いくら審査に必要とはいえ、職場に消費者金融から在籍確認の電話がかかってくるのは、あまり良い気はしません。

「あの人は消費者金融を利用してお金を借りている」と、職場で噂になることに抵抗がある人の方が大半でしょう。

しかし、多くの場合、在籍確認の電話は個人名を名乗り「田中と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」といった具合に、消費者金融からの連絡であることが分らないように配慮がされます。

クレジットカードの申込みの際にも在籍確認はありますので、本来は、さほど気にする必要はありません。

それでも心配で「電話がこないようにしてほしい」という場合、アコムへあらかじめ相談しておくとよいかもしれません。

ネットなどのクチコミ情報でも明らかになりましたが、アコムでは、会社の社会保険証などを提出するこなど「電話以外の在籍確認」も採用するなど柔軟な対応がされている事例もあります。

銀行のカードローンであれば、「銀行名」を名乗るので、特に怪しまれる可能性は低いものですが、いずれにしろ、在籍確認方法については、不安な人は事前にコルセンターなどで確認しておくとよいでしょう。

アコムの審査申込み時に住所が実家の場合

man with money and calculator at home

アコムなど、カードローンや消費者金融でのキャッシングへ申込む際、当然ですが、住所を記入します。

この「住所」によっても審査結果に影響を与える可能性がることをご存じでしょうか。

例えば学生の頃から実家を離れて一人暮らしをしていて、そのまま社会人になり「住民票は実家のまま」というケースや、一人暮らしをしているものの、「実家の近くに住んでいるから住民票は実家のままでも特に困らない」というケースがありますが、カードローンへの申込み時に記入(入力)する住所と身分証明証の住所は、原則として一致している必要があります。

この場合、アコムをはじめ、ほとんどの消費者金融では、本人確認証として運転免許証を提出し場合は、「裏面に記載の住所変更記録」が判る様に「表と裏」の両方のコピーを提出することで「そこに住んでいる」ということが証明できます。

しかし、キャッシングの審査では、勤続年数や収入と同じく、居住年数も大きく影響するため、実家に長く住んでいた方が、審査の加点要素として高いという側面もあります。

そのため、あえて実家の住所で申し込む人もいます。

また、アコムはおろか、消費者金融で悪お金を借りるのが初めてという人は、「返済方法はどうなっているのか」「即日融資に必要な条件は何か」「個人信用情報には何が記録されるのか」「どの銀行ATMが利用できるのか」「クレジットカードを所持しているが、自分でも申込み可能か」など、不安要素も沢山あるかと思います。

その場合は、大手消費者金融であれば設置されている電話相談窓口へあらかじめ質問しておくと安心です。

自営業がアコムへ申込む場合の審査

アコムやプロミスなど、消費者金融でお金を借りるのは、会社員だけではありません。

個人事業を営む自営業者にとっても、カードローンの需要はあります。

キャッシングというと、どうしてもサラリーマンが給料日前の金欠をしのぐために利用するというイメージがありますが、自営業者の場合は、「事業に必要な支出を優先するために自分の給与を犠牲にしているため、収入がなく利用する」場合や、「例えば30万円でも銀行からの融資は受けられない」など、もっと切迫した事情で融資を申し込むことがあります。

また、アコムなど消費者金融は、平日であれば即日融資も可能な場合もあり、急ぎお金が必要な自営業者にとっては非常に頼もしい存在と言えます。

自営業の人がアコムへ申し込む際にも、総量規制の関係で、原則として、審査には収入を証明する書類が必要となります。

ただし、自営業者の場合は、収入を証明する書類が必要であることには変わりありませんが、自営業者本人の給与=返済能力とは限らないため、事業所得の一部を収入としてカウントするなど、例外的に条件が緩和されるようになりました。

自営業者の収入証明書類(確定申告書など)は、一見しただけで返済能力の実態が判断しづらいため、このような緩和措置は大変ありがたいことです。

また、ネットの情報を見ると分かりますが、アコムはACマスターカードといって国内の消費者金融では唯一のMasterカードブランドと提携したクレジットカードを発行しています。

何かと資金繰りが大変な自営業者は、日々の細かな出費をカード決済できる点は便利です。

アコムの審査は在籍確認なしでも通過するか

即日融資が可能であったり、返済や借入に大手銀行ATMが利用できたりと、ここ数年でカードローンの利便性が格段にアップしています。

アコムでも大手銀行のATMと提携しており、返済場所に困ることは、ほぼなくなりました。

しかし、これらカードローンの申込みに際して不安な要素の一つが、在籍確認です。

消費者金融では老舗の「アコム」ですが、アコムの審査では、在籍確認がなくても通過するのでしょうか。

残念ながらキャッシング申込みで在籍確認は避けられません。

カードローンやキャッシングへ融資の申込みをすると、審査の段階で必ず「申込者が本当に勤務先の会社に在籍しているか」を確認する在籍確認があり、職場へ担当者から電話で連絡が入ります。

在籍確認電話の多くは「山田と申しますが(申込者)様はいらっしゃいますでしょうか?」という具合に個人名を名乗ります。

この在籍確認の電話によって「あの人消費者金融でお金を借りているらしいよ」などと噂になることを多くの人は嫌がります。

実は、在籍確認電話を回避することは、一部の場合、可能です。

例えば、アコムでは、「勤務していることの証明」として、社会保険証などを提出することによる在籍確認も可能で、プロミスでも同様の対応をしてくれた事例があるようです。

消費者金融からの借入をしていることを職場の人に知られたくないという人は多くいますが、実は在籍確認については、さほど気にする必要はありません。

例えば、クレジットカードを作る際にも「在籍確認電話」はありますので、勤務先でアコムの在籍確認電話を受けた人も「クレジットカード発行のための在籍確認電話」なのか、「消費者金融の在籍確認」なのかを判断する方法はありません。

アコムの審査に必要な源泉徴収票

急な入用でお金が必要になった場合、キャッシングやカードローンを利用する人が増えてきました。

最近では「即日融資」が可能であったり、返済方法や融資審査などの疑問に答える「電話相談窓口」を設置するなど、利用者にとって便利なサービスを提供するキャッシング会社も増えています。

その一方で、融資審査に落ちる人が一定数存在するのも確かです。その原因として、必要書類の不備などが挙げられます。

例えば、大手消費者金融アコムでは、審査に必要な書類として、本人確認証書類として、運転免許証などの身分証明証を提出しますが、貸金業法が改正されたことで「総量規制」が導入され、消費者金融では「年収の3分の1まで」しか借入が出来ないことになった関係で、個人が消費者金融へ申し込む際には、「収入を証明する書類」の提出が求められるようになりました。

この収入を証明する書類には、直近2か月分の「給与明細」のほか、「源泉徴収票」もあります。

源泉徴収票は、年間を通しての所得を証明するものなので、消費者金融への収入証明書類として最も有効な書類です。

よく、「収入証明書なし」で借り入れをする方法として、ネットの情報などでは、総量規制の対象外である「銀行カードローン」の利用が紹介されていますが、アコムやプロミスなどの大手消費者金融と比較して、やや慎重な審査がされているという印象もあり、決して「融資審査が通りやすい」とはいえません。

融資までのスピードを求めるのであれば、大手消費者金融の方がよいかもしれません。

また、総量規制が導入される以前からアコムを利用していた人でも、限度額の増額を希望する場合には、同じく「収入を証明する書類の提出」を求められます。

フリーターがお金を借りる方法

フリーターやアルバイト、主婦のパートなど、いわゆる非規雇用で働く人は、キャッシングやカードローンなどを利用してお金を借りることができるのでしょうか。

どうしても、フリーターというと、収入が安定していないイメージが強く、「審査に通らないのでは」「返済能力がないと見なされるのでは」という不安があります。

確かに、最近人気の「銀行カードローン」などは、従来の消費者金融よりも敷居が高いという印象があります。

そこで、アコムやプロミスなどの、大手消費者金融の申し込み条件をそれぞれ調べてみると、「安定した収入がある方」と言う文言必ず登場します。

ここで言う、安定した収入とは必ずしも正社員としての収入である必要はありません。

もちろん、さすがに無職では対象外となりますが、フリーターなど継続的に働いているようなケースであれば安定した収入とみなされるのです。

もし不安であれば給与明細を用意している旨を伝えるとよいかもしれません。

また、たまに「ブラックでも即日融資OK」などのキャッチコピーで申込者を誘う消費者金融を見かけますが、これらは違法な営業をしている可能性があるので、「自分は大手消費者金融の審査には通りにくいから」と、勝手な思い込みで申し込みをしない方が良いでしょう。

法に抵触する方法で運営されている貸金業者へ申し込むと、気が付いたときにはとんでもない支払総額となっているという被害事例も多く、消費者金融を安全に利用するには、まずは大手から申し込むのが最善の選択と言えます。

アルバイトでもカードローンでお金を借りることができるか

キャッシングやカードローンを利用して、「アルバイト収入しかない人」でも、お金を借りることは可能でしょうか。

多くの消費者金融では、申し込み条件として「20歳以上の安定した収入がある方」と言う表記をよく見かけます。

そして、パートやアルバイトであっても、継続的に働いていれば、安定した収入とみなされる場合が多いようです。

ただし、学生が「夏休みだけアルバイトをしている」というケースでは、対象外となることが多いので、注意が必要です。

カードローンやキャッシングを初めて利用する人は、「審査に必要な書類は何か」「返済方法が分からない」「即日で融資を受けたいけれど自分は対象となるのかどうか知りたい」など、いろいろな不安や疑問があるかと思います。

大手消費者金融では、そのような疑問にオペレーターが回答する、コールセンターを設置しているので、分からないことは遠慮なく問い合わせるとよいでしょう。

納得しないまま契約してしまい、後からトラブルとなるよりも、契約を済ませる前に、あらかじめ疑問点はすべて解消しておくべきです。

最近では、低金利で借りることのできる銀行カードローンの登場により、以前よりも利用しやすい状況になっていますが、利息を含めた「支払い総額はいくらになるのか」については、ある程度把握しておく必要があります。

特にカードローンの利用が初めての人は、レイクやアコムに代表される、大手の消費者金融を検討しておくと安心かもしれません。

契約社員がお金を借りる方法

カードローンやキャッシングは、いざというときに、場合によっては即日で融資が受けられる便利なサービスで、お金に困った際に多くの人が利用していますが、これら消費者金融ではその申込み対象となる条件を設けています。

その一つが、「安定した収入のある方」という条件です。

ここでいう「安定した収入」とは、アルバイトやパートであっても、長期(単発のアルバイトではないという意味)で定期的に就業していれば、条件に該当します。

よくキャッシングの審査に関する質問で挙げられるのが、「アルバイトやパートの主婦でも借りられるのか」「派遣社員や契約社員でも利用が可能か」という内容です。

結論からいうと、契約社員やパートでも、ほとんどの消費者金融で申込み対象となります。

しかし、現在では「年収の3分の1まで」に借入を制限する「総量規制」の関係で、消費者金融へ申し込む際には、返済能力を超えた貸付を防ぐために、収入を証明する書類の提出が必要となります。

もし、どうしてもこれら収入証明書類の準備ができないという場合は、みずほ銀行やオリックス銀行など、大手銀行が発行するカードローンへ申し込むという方法もあります。

銀行のカードローンは総量規制の対象とならないため、原則として収入を証明する書類が必要ありません。

スピーディな審査が魅力の消費者金融か、収入の証明書類が不要な銀行カードローンか、それぞれのメリットやデメリットを踏まえたうえで利用を検討するとよいでしょう。

派遣社員がお金を借りることは可能か

「派遣社員は、お金を借りることが出来るのか」という質問をネット上でよく見かけますが、これらの疑問は、おそらく、「派遣社員として働く人は社会的地位が低く銀行のカードローンはおろか、キャッシングなど消費者金融からの融資を受けられない」「審査に通りにくい」という風潮からくる不安の表れだとおもいます。

結論からいうと、派遣社員であっても、正式に派遣会社が雇用した社員であることは間違いありません。

したがって、借入は十分可能です。

同じく有期契約である契約社員もしばしば同様に扱われますが、契約社員も派遣社員も「社員」であることに間違いはなく、社会保険や雇用保険へ加入している時点で、カードローンやキャッシングの申込み条件である「安定した収入がある方」に該当します。

勤続年数にもよりますが、アルバイトやパートよりも審査には通過しやすいと言えます。

アコムやプロミスなどの消費者金融へ申し込む場合には、「運転免許証」や「パスポート」など本人確認資料のほか、収入を証明する書類の提出が必要な場合があります。

これは、返済能力を確認するために、消費者金融側が、申込内容に記載された「本人の申告収入」が本当のものかどうかを把握するためです。

ただし、プロミスでは、50万円以下の利用希望額であれば、原則として収入証明書類は不要なので、会社に源泉徴収票や給与明細の再発行を依頼しにくい場合などには、収入証明の要らないプロミスを利用するという方法もあります。

また、プロミスは、webから申込み平日14時までに契約が完了していれば即日での融資も可能なので、派遣先で休みがとれずに忙しいという人にもおすすめの消費者金融です。

起業後の資金繰りはどうするべきか

20160325

起業のために必要な資金調達といえば、銀行からの融資を想像しがちですが、現在では、ほとんどの新規法人が銀行からのプロパー融資を受けることは稀です。

個人事業主として独立開業する場合でも、株式会社などの法人を設立する場合でも、起業家にとって、事務所の入居費用や、業務で使用する設備を用意するために必要な資金はいくらあっても足りません。

この様な場合、中小企業の経営を支援する助成金や、日本政策金融公庫が提供する「創業融資制度」などを活用する方法をおすすめします。

ネットでもこれらの情報は多く掲載されているので、安易な金策に走る前にこれらの国が提供する公益サービスを検討するべきです。

特に日本政策金融公庫の「新創業融資制度」は、開業しようとする業種でのサラリーマン経験があればあるほど融資審査が有利になります。

いずれにしても、銀行の融資を受ける場合はもちろん、自治体の制度融資や創業融資制度など、公的制度を利用する場合であっても、「どんな事業アイデアがあり、収益の見込みがどれくらいあり、返済プランはどうするか」などを盛り込んだ、事業計画書の提出が必要になります。

最近では、税理士などが、これら資金調達に関してのコンサルティングや、資金繰り計画に関しての相談も受け付けるコンサルティングを行う税理士のサービスも増えてきており、法人登記手続きや求人活動、営業活動など、ただでさえ忙しい開業時には、こうしたコンサルティングサービスをどんどん利用するべきでしょう。

100万円を借りた場合の金利はいくらか

カードローンを利用していると、気になるのが、「返済金額に利息分はいくら含まれているのか」という疑問ですが、ほとんどのカードローンでは、明細がありますので、それを見れば一目瞭然です。

20万円や30万円の借入額では、大手キャッシングのほとんどが年率18%かそれより若干低い利率なので、どのキャッシング会社で借りても、そう大差ないものという認識が大半です。

しかし、借入れ金額が100万円ともなると、実はどのキャッシング/カードローンで借りているかによって、金利が大きく変わります。

大手の消費者金融では、100万円以上の借入の際に適用される利率は、まず「18%」ということはなく、「5%~8%前後」となることが多いものですが、あまりマイナーな消費者金融で借り入れをすると、法定利息ギリギリの「15%」という利率が適用されるケースも少なくありません。

借入額10万円に対しての年率15%~18%は、支払総額にさほど影響を与えませんが、100万円の借入額に対しての年率は大きな意味をもちます。

また、最近では銀行もカードローンを発行しており、低金利であると評判ですが、逆に、銀行へ「預けた場合の金利はもっと低い」ということはご存じでしょうか。

ネットにある金融商品の比較情報サイトなどを見ると分かりますが、大手銀行の定期預金金利は「0.010~0.020」など、微々たるものであることが分ります。

資産の運用方法としては、ローリスクローリターンであり、この様な利率では、余程の金額を預けていない限り、利息による収益を得るのは、非常に難しいことでしょう。

0.010%の固定金利で、100万円を、10年という期間で預けていた場合、単純計算(簡単に説明するために複利を省いています)で、たったの1,000円です。

複利を含めても大した金額ではないことは明白です。

50万円をキャッシングで借りる場合の利子と、家族から借りる場合の比較

突然の入用でお金を借りることになったとき、消費者金融やカードローンなど「キャッシングの利用」という方法を検討する前に、まずは家族や友人から借りるべきでしょう。

銀行カードローンを含め、キャッシングを利用すると、個人信用情報機関に記録が残り、将来、住宅ローンの審査へ少なからず影響することになるため、マイホームを持つことなどを予定している場合には、安易にキャッシングやカードローンの利用を勧められるものではありません。

しかし、金額や事情によっては、これらのキャッシングを利用しての融資を検討せざるを得ないこともあります。

50万円という金額が必要なケースでは、消費者金融を利用するケースも多いかと思いますが、その際は、レイクやアイフルなどの、「なるべく名の知れたキャッシング業者」を選ぶことが大切です。

もちろん正式に登録された貸金業者であれば、問題ありませんが、あまりにもマイナーな貸金業者へ申し込むと、返済方法や、金利の計算方法が分りにくかったりして後々のトラブルを招きかねません。

大手のキャッシングが良い理由は、「即日融資」が可能であったり、初回借入れから「一定期間は無利息」というサービスがあったりするので、こうした大手ならではの特徴的なサービスも視野に入れておくべきかと思います。

また、レイクやアイフルなどの大手キャッシングでは、イオン銀行やセブン銀行など、大手流通系銀行ATMを利用できるので、買い物帰りなどに返済できるなど、ATMの利便性もメリットの一つと言えます。

40万円だけ借りたい場合のキャッシング利用

急にお金が必要になり、その必要額が40万円の場合、キャッシングやカードローンを利用するという人も多いかと思います。

もちろん、親や兄弟、親しい友人などに貸してもらうことが出来ればよいですが、親ならともかく、なかなか40万円という大金を貸してくれる他人はいません。

そこで利用を検討するのが、消費者金やカードローンなどのキャッシングです。

最近では大手銀行でも「銀行カードローン」という、消費者金融に似たサービスを展開しており、以前よりも「キャッシング」に対してのハードルが下がっているという風潮があります。

しかし、初めての人にとっては「限度額はいくら借りられるのか」「金利や返済方法はどうなっているのか」「増額は途中でしてもらえるのか」「主婦やパートでも借入可能か」など、分らないことが多すぎるのも確かです。

基本的には、「融資審査へ申込み、通過したら契約をしてカード発行」という流れとなりますが、なかには、申込んだ当日に借りられる「即日融資」が可能な場合もあります。

即日融資は、大手の消費者金融であるプロミスが条件(平日14時までにweb完結申込みにて契約完了しているなど)付きで提供しているので、本当に急ぎで借りたい場合は、検討してみるとよいでしょう。

たまに「ブラックOK」という広告を掲載する業者へ申し込んでしまう人の話を聞きますが、違法な業者である場合が多いのでやめた方が賢明です。

また、「40万円借りたい」という場合、プロミスでは、借入希望金額が50万円以内であれば収入を証明する書類の提出が原則不要となっており、源泉徴収票などを準備する暇がない人は、おすすめです。

30万円を「今すぐ借りたい」という場合

今すぐお金が必要というケースでは、キャッシングやカードローンなどの利用が考えられますが、銀行カードローンや消費者金融の利用が初めての場合は、「自分でも融資が受けることが可能なのか」「金利や返済方法はどうなっているのか」など、分らないことが多いかと思います。

大手のキャッシング会社であれば、利息制限法で定められた「年率18%の範囲内」でしか利息が発生しませんし、最近では、アコムやプロミスの「30日間無利息」に代表される、「一定期間無利息」というサービスがついてくるキャッシングもあります。

間違っても「ブラックでも即日融資OK」「無職でもOK」という甘い文言で誘う怪しい業者へ申し込むのは避け、アコムやアイフル、プロミスなど、なるべく名の知れた大手のキャッシング会社か銀行が発行するカードローン(最近では、銀行が消費者金融の様なカードローンサービスを提供するようになりました)を選択しておけば、まず間違いありません。

また、大手カードローンの公式サイトでは、初めてカードローンを利用する人でも安心して申込めるように、本審査を受ける前に「借入診断」や「借入シミュレーション」など、コンピューターが自動的に「融資可能か」の目安を表示するプログラムが用意されています。

「借入診断」は、氏名や住所など、個人情報の入力はせず、「年収」「他社借入額」「年齢」などの簡単な項目だけで診断できるので、多くの人が申込み前に利用しています。

20万円だけ借りる方法

「すぐにお金が必要」という切迫した事情があり、さまざまな金策に走るケースがあるかと思いますが、必要な金額によって、用立てる手段も変わります。

1万円程度必要なだけであれば、家族や親しい知人に借りるという話はそんなに不自然ではありませんが、10万円単位となると、なかなか言いだ出しにくいものです。

例えば「20万円借りる」場合では、どんな解決方法が考えられるでしょうか。

20万円の借入となると、カードローンやキャッシングなどで融資を受ける人が多いかと思います。

20万円であれば、安定した収入があり、他社での借入がなければ、融資審査に通るケースがほとんどかと思います。

ただし、20万円とはいえ、毎月の返済額には注意した方がよいでしょう。

多すぎても生活を圧迫しますが、少な過ぎても返済期間が延びて、結果的に多くの支払いをする事にもなりかねません。

また、消費者金融やカードローンでは、その金利は「利息制限法」という法律で「年率18%以内」と定められていますが、これらの法律を守っている、正規の業者を選ぶことも大切です。

例えば「ブラックでも即日融資します」などという甘い文言で多重債務者を誘う業者へ申し込むと、違法な金利を取り立てる悪徳業者のケースもあるので、くれぐれも注意し、銀行が発行するカードローンや、プロミスやレイクなど、誰もが知る大手のキャッシングを利用するなど、情報の見極めがが重要になります。

どうしても審査が心配な人は、多くのキャッシングでは公式サイトで「借入診断」を設けているので、これを利用して、ある程度「自分は借入可能かどうか」の目安を立てると安心かもしれません。

今日中にキャッシングする

「今日中にお金が必要」になった場合の解決方法として、運転免許証などの身分証明書などがあれば、すぐに融資を受けられる「消費者金融」や「カードローン」を選択する人もいるかと思います。

もちろん、クレジットカードのキャッシング機能を利用する人もいます。

キャッシングといえば、アコムやレイクなど、消費者金融というイメージが強いかもしれませんが、最近では、多種多様なサービスが登場し、銀行までもがカードローンを発行するようになりましたが、なかには審査を受けて契約をしたその日に受けられる「最短即日融資」も可能なキャッシングもあり、時間がない人にとってはこの様なスピーディな対応が重宝されています。

また、「10万円借りる場合」と「100万円借りる場合」とでは、その返済額や返済期間が異なる様に、借入する金額によって、返済プランが変わってきます。

もし、ボーナスなど、まとまった収入の予定を控えており、全額を返済できる見込みがあるなら、「一定期間無利息サービス」のあるキャッシングを選ぶとよいかもしれません。

例えば、プロミスなどでは、初回の利用に限り、借入れした日から30日間は利息が発生しない「30日間無利息サービス」を設けています。

無利息期間中に全額返済するのであれば、金利などの影響を受けませんが、万が一、途中で気が変わり「毎月の返済」を選んだ場合は、「年率4.5%~17.8%」の金利が発生するので、自分が借入した金額には、いくらの利息が発生するのかを調べておくべきでしょう。

今日中に一万円だけ借りたい

今日中に「一万円だけ借りたい」という場合は、どんなケースでしょうか。

一万円の用途といえば「友人との食事の約束」「職場の飲み会の会費」「子どもの学費」など、少額なのでいろいろな用途が考えられます。

わざわざ消費者金融などで借金をしなくても、1万円くらいであれば家族や親しい友人が貸してくれるかもしれません。

「誰かにお金を借りては返すという繰り返し」という習慣が根付いている人は考えものですが、家族も「キャッシングで借りる位なら貸してあげたのに」と考えているケースが多いものです。

最近では、銀行カードローンの登場により、以前よりクリーンなイメージが定着しつつあるキャッシングですが、あくまで「金利が発生する融資」「利息を含めて返済しなければいけない」ということを忘れてはいけません。

「家族や友人に借りるくらいならキャッシングという方法を選びたい」という人もいるかと思いますが、これら金融機関での借入には、必ず審査があり、個人信用情報機関へ記録されることも忘れてはいけない注意点です。

「どうしても今日中に1万円必要」で「誰にも相談したくない」という場合には、アコムなどの大手キャッシングがお勧めです。

アコムは、1万円からでも借入が可能で、webで契約後、自動契約機「むじんくん」を利用すれば最短5分というスピードで即日カード発行されるなど、急いでいる主婦などにも便利なサービスが充実してきました。

基本的には「年収の3分の1」を超える借入を希望する場合は、収入を証明する書類の提出が求められる場合があるので、1万円ではなく、より高額の借入を希望する場合には準備が必要となります。

今日中に10万円必要な場合

急な入用にも応えてくれる点が、銀行カードローンや消費者金融など、キャッシングの魅力です。

審査が完了していれば、最短、即日で融資を受けることが可能なキャッシングも増えてきました。

しかし、例えば「今日中に10万円のお金が必要」という場合は、どんなケースでしょうか。

「ギャンブルに負けてそのツケを支払わなければいけなくなった」「投資話を持ち掛けられた」など、こうした出費の背景には、あまり「良いとは言えない選択」をしていないケースも多く、「返済していけるのかどうか」「するべき借金かどうか」「他の方法はないか」を冷静に考えることも大切でしょう。

一方、「急なお弔いで香典や喪服などが必用になった」「仕事で必要なのに車が故障して修理代が無い」など、「やむを得ない事情」がある場合は、キャッシングやカードローンの利用も検討してもよいかもしれません。

最近では「一定期間は無利息」のカードローンもあり、短期の利用で賢く活用している人がいるのも事実です。

「ブラックでもOK」「主婦でも貸します」などという情報を記載したサイトをたまに見かけますが、その様な表記をしている業者は、決して他の消費者金融と比べて借りやすい訳でもなく、違法な貸金業であることが多いので、利用しない方がよいでしょう。

最近では「レディース専用キャッシング」も多く登場しているので、「主婦でも貸しますという」表記そのものは、できるだけ大手の業者を選ぶようにしましょう。

今日中にお金を借りる方法

「急な出費にはカードローン」とはよく言ったもので、現実的に、「借りなければ用立てられない出費」のほとんどは、突然訪れます。

そして、いきなり「今日中にお金を貸してほしい」と頼んで快く貸してくれる知人や友人はそんなに多くいません。

そこで、消費者金融やカードローンなどのキャッシングに需要がある訳です。

最近のキャッシングは、プロミスの様に、webから申し込み、指定時間までに審査や契約を完了しているなど、一定の条件を満たすことにより、即日融資も可能となりました。

インターネット回線のインフラやスマートフォンのアプリなど、IT環境が発達したことにより、運転免許証などの申込み必要書類や個人情報に関する書類を、「アプリで提出する」という方法も可能になり、自宅に居ながら、かつての様な、無人契約機での借入れと同じく、必要なその日に融資を受けることが可能となっています。

ただし、多くのカードローンのなかで、最近人気の銀行カードローンは低金利であることが魅力的ですが、銀行のカードローンは、審査スピードが大手老舗キャッシング会社よりも若干遅い場合がるなど、どのカードローンを利用した場合でも当日中に借りられるという訳ではありませんので、注意が必要です。

また、最近は減りましたが、「ブラックでもOK」「他社への返済中でも貸します」といった誘い文句で利用者を募るキャッシングは避けた方がよいでしょう。

カードローンの利用が初めてであれば、金利やサービス、安心感などを総合的にみても大手のカードローンへ申し込むことをお勧めします。

一ヶ月間お金がない場合の対処法

金欠と一言でいっても、その期間によって対策や過ごし方は変わってきます。

3日間我慢すれば給料が入る場合、1週間待てば入金のあてがある場合など、どれくらいの間、一文無し状態で過ごすことになるのかを逆算してから結論を出すことが重要です。

ここでは、「一カ月間お金がないことが分かっている場合」の過ごし方について考えてみたいと思います。

一人暮らしなどで、生活に必要な費用が底を着いた場合、一カ月もの間お金がない状態で過ごすことは難しいでしょう。

短期間であれば、少々の金欠は我慢し、節約して過ごすという方法もありますが、次に得られる収入が1か月以上も先で、かつ貯金も無いのであれば、キャッシングやカードローンなどを利用して用立てることも検討しなければ、生活そのものが続けられません。

また、一人暮らしといっても、学生の場合は、アルバイトなどの収入が通常よりも安定していないと審査に通らない可能性もあります。

学生は本来、勉強が本文であるため、多くのキャッシング会社の申込み条件となっている「安定した収入のある方」という条件を満たすほどのアルバイト収入を得ている学生は少ないので、現実的には実家の親に相談するなどの方法が現実的です。

また、一カ月間お金がない状態で借金をするということは、約1か月分の生活費を前借するのと同じです。

消費者金融の返済は、一括での返済ではなく毎月一定金額とされているので、ゆとりをもって返済出来ますが、利息の支払いも考慮すると総支払額は想像以上の金額となるため、繰り上げ返済などをして完済を早めることを心がけるべきでしょう。

金欠の時の過ごし方

給料日前などで、お金がないと、多くの人は外に出る気が起きません。

理由は単純で、どこへ行ってもお金がかかるからです。

とはいえ、休日に家の中でずっと過ごしていると時間が経つのも遅く感じられ、より一層、金欠であることを思い知らされます。

ここでは、インターネットの掲示板に匿名で寄せられた回答や、個人のブログなどからまとめた情報を元に、お金がなくても充実できる、金欠時の過ごし方や、お金のかからないデートの方法について紹介します。

まず、金欠時には、外出すればその分お金を使う機会が増えるため、「家の中で過ごすこと」が基本となります。

読書、テレビ、部屋の掃除、ゲームなど、ただ単に時間を潰す方法であれば、無限にあります。

金欠時は食費も節約しなければならないため、スーパーで売っているパスタの麺とレトルトソースや、玉ねぎなどの根野菜を使用した簡単な料理をおすすめします。

簡単にできるうえ、インスタントラーメンを食べるよりも栄養の偏りは少ないはずです。

この様に、室内でも十分に過ごすことができることに多くの人が気付いていません。

おそらく「休日だから外出しなければいけない」という強迫観念があるため、気付かなくなっているのでしょう。

金欠時のデートにしても同様です。

特に外出ばかりしているカップルは、たまに部屋でDVDなどを見て過ごすと新鮮な雰囲気になるかも知れません。

また、カップルであれば、近所の公園を散歩したり、公共の施設を見て回るのもおすすめです。

「今月ピンチ」というときの選択肢

「今月は、お金が足りなくなってピンチ」という場合、アコムをはじめとした消費者金融などのCMが思い浮かびます。

確かに、消費者金融や大手のカードローンなどのキャッシングサービスを利用して融資を受ければ、まとまった金額の融資であっても、返済金額は毎月「少しずつ」で済むため、返済のアテがないという人には魅力的に感じるかもしれません。

最近では、時間がない人でも審査を受けて当日に借入できるという、いわゆる「即日融資」が可能なキャッシングや、レイクなどの様に申込み時に「収入を証明する書類」の提出が必要ない銀行カードローンなど、各社さまざまなサービスを展開しており、消費者金融やカードローンは、今や金融機関というより、「気軽にお金を借りることのできるサービス」として認識されているのかもしれません。

しかし、安易な借金は、多重債務への第一歩となる可能性もあり、キャッシングの利用用途は「本当に必要な出費なのか」十分に検討する必要があります。

「ピンチ」の定義として、「支払うべきものが支払えないマイナス収支の状態」なのか、「支払は済ませたものの、お小遣いが足りない」という状態なのかによって、その切迫度合いは変わります。

前者の様に「支払うべき費用があるにもかかわらずお金がない」という場合には、キャッシングの利用はやむを得ませんが、時折見かける、安易なキャッシングを促すネットの情報などに惑わされず、あくまで冷静に判断しての利用をおすすめします。

無駄遣いによる金欠への対策

金欠となる最大の原因は無駄遣いであることは、誰もが認める事実でしょう。

しかし、無駄遣いといっても、本人はあまり自覚していないケースが圧倒的に多いものです。

例えば、頻繁に喫茶店を利用したり、コンビニでちょっとした食べ物(肉まんやホットスナック類)を購入したり、漫画や雑誌などを定期的に購入していると、一件一件の出費は少額であることから、「無駄遣いと言われるほどではない」と認識している場合があります。

しかし、これらの出費を一カ月の合計金額として計算すると数万円になっていることもあります。

はたから見て「何故こんなことが分らないか」という疑問が湧くかもしれませんが、理由は単純で、単に「家計簿などの記録をつけていない」からです。

そしてどんぶり勘定というより、感覚で「これくらいだろう」と、自分の出費を甘く見積もる癖がついてしまったため、これら「無駄遣いの合計額」を目の前に突き付けられてもピンと来ない訳です。

こうした無駄遣いによって生活費も足りなくなる程に金欠となった場合、簡単に解決する方法はひとつです。

「短期のバイトでお金を稼ぐ」ことです。

しかし、無駄遣いをする人の多くは、バイトをするという行動が出来ないため、金欠状態が続くものです。

そこで、インターネットで、「貯金に成功した人の体験談ブログ記事」などを見て参考にし、現在の金銭管理感覚から脱却することが最優先と言えます。

無駄遣いによる金欠対策として、「カードローンを利用する」ことを勧める情報もネットではよく見られますが、まずは、無駄遣いを改善することを優先させてほしいものです。

金欠時のデートプラン

金欠時に限って、恋愛感情を抱いて以前からアプローチをしていた相手から返事をもらったりと、デートの約束が発生してしまうものです。

この様なタイミングに直面した場合、デート費用のほとんどを支払う男性にとっては判断に迷うところでしょう。

ここでは、お金がなくても楽しめるカップル向けのデートプランや、デートにお金をかけない方法などを紹介しています。

例えば既に交際しているカップルであれば、郊外の大きな公園などがお勧めです。

晴れた日のレジャースポットとしては、最適でしょう。

無理に都心部を選び、お金をかけないデートをしようとすると、立地的にも、基本はお金を使う場所ばかりなので、上手くエスコートしないと男性としても惨めな思いをする可能性があります。

関東に住んでいれば、渋谷などでは多くの無料スポットが存在するので、上手く活用出来れば、楽しい時間を過ごすことも可能でしょう。

また、彼氏彼女の関係になってしばらく時間が経っている様なカップルであれば、見栄を張らずに「お金がないから」と、相手に伝えたうえで、郊外の野外レジャースポットへと遠出することをお勧めします。

車を所有していれば、ガソリン代と食事代だけで済みます。

都会の飲食店とちがい、道中のサービスエリアで食事をしたり、売店で食べ物を買えば、高いレストランで食事をするよりも安く上がり、おすすめです。

なかには、デート代のためにキャッシングをしてまで用立てる男性がいますが、「相手の誕生日」「記念日」など、特別な日でもない限り、お勧めできません。

引越し直後の金欠を乗り切る方法

金欠状態に陥る原因として、大きな出費の直後というケースがあります。

その一つにある、「引っ越し」という出費も金欠の原因としては代表的なものでしょう。

引っ越しをしたことがないとイメージしにくいかもしれませんが、引っ越し費用というのは、単に引っ越し業者に払う費用や新居への入居費用だけではありません。

すべての家財道具が新居に適合したものであれば新たに買い足すものはありませんが、カーテンのサイズが異なり、新たにカーテンを買い足したり、家具の配置が合わない場合などで、大物の家具を処分する費用なども発生します。

その他、細々とした生活雑貨など、引っ越しは、小さな出費の積み重ねで大きな金額となるものです。

むしろ、一人暮らしの引っ越しであれば、業者へ依頼しなくても、友達や家族に手伝ってもらうなどして、なるべく出費を抑えることが大切です。

引っ越し時の金欠を乗り切る方法としては、カードローンやキャッシングがあります。

引っ越しの様に、新生活のために必要な支出は、浪費ではなく、投資という側面も少なからずあるため、「借金もやむを得ない」という考え方がありますが、引っ越し資金をカードローンなどで用立てる場合、長期で返済するのか、または短期の借入なのかを決め、引っ越し後の生活を圧迫しない範囲で借り入れするべきです。

もっとも、まとまった入金のあてがないのであれば、なるべく金利の低いカードローンで分割返済していくことをお勧めします。

金欠を乗り切るアイデア

収入が少ないと、どうしても給料日の前には金欠状態になりがちです。

もちろん、収入が少ないなら少ないなりに、必要な支出と使えるお金を分けておくことで、マイナスにならない様に気をつける事はできます。

ここでは、お金がないときに日々の生活を乗り切る方法についてそのアイデアを紹介します。

金欠時に困るケースの代表例が、デートです。

特に男性の場合は、異性からデートに誘われた場合、誘いに応じてくれた場合など、「貴重なチャンスを無駄にしたくない」という思いから、キャッシングなどでデート代を捻出するという男性も少なくないでしょう。

しかし、晴れた日の公園や無料レジャースポットなど、ネットで調べればたくさん情報が掲載されています。

お金をかけずに楽しめるデートスポットはたくさんあるので、今後も相手と交際を続けていくのであれば、豪華なデートにこだわらない考え方も必要です。

また、デートなどの様に相手がいなくても困るのが、金欠時の食費です。

食事に関しても、保存野菜を使用した節約レシピなどの情報がまとめられたサイトもあるので、これらを上手く利用するのも一つの方法です。

金欠時にカードローンなどのキャッシングサービスを利用するケースもありますが、デートや食費以外の、例えば冠婚葬祭にかかる出費に対して利用する分にはやむを得ないかもしれません。

キャッシングを利用する場合は、なるべく審査の早い大手のキャッシングや、金利低い銀行カードローンをおすすめします。

給料日前にカードローンでお金を借りるべきか

最近ではネットの情報で、給料日前などで「お金がない」というときに、キャッシングやカードローンを利用したという体験談などをよく見かけるようになりました。

確かに、クレジットカードのキャッシング枠や銀行カードローンをはじめ、世の中ではいたる場面で融資を受けられるサービスを見かけるようにもなりました。

低金利で借りれたり、審査も早く無利息で借りれたりする消費者金融なども増え、これらのカードローンは一見便利ですが、利息を併せて返済しなければいけません。

給料日前にお金がなくなる人は、根本的な予算の決め方に問題があるといえます。

例えば、家賃や光熱費、携帯電話の料金や通信費など、生活インフラに関わる出費を後回しにして、遊びのためにお金を使ったり、外食をしたりして、いつまでたってもお金がたまらないというケースはよくあります。

この様な場合、「お小遣いはいくらか」という概念があるかどうかが重要なカギとなります。

自由に使ってもよいお金というのはどれくらいあるのか、それを把握せずに「今月の給料はこれくらい入ったから、これくらい使っても大丈夫だろう」という安易な考えで「先に遊興費の支出が発生する場合」は要注意です。

余分な出費をしないために、自分に適した金銭管理方法を確立させることが大切です。

カードローンをどうしても利用したいという場合は、その出費が本当に必要なものかどうかをよく考えてから検討すべきで、生活に困ったらカードローンという発想だけはやめるべきでしょう。

給料日前に一文無しになる原因と対策

給料日前に一文無しの状況にになってしまったという人の話はよく聞きます。

金銭管理が身に付いてない学生のうちであれば、まだ仕方ないでしょう。

しかし、仕事をする様になってからこの様な状況が続くようでは、社会人として失格であると言わざるを得ません。

こうした「給料日前に一文無し」なるケースでは、原因はどこにあるのでしょうか。

インターネットの投稿サイトや体験談ブログなどでも、「私はこうして一文無しの状態を乗り切った」という記事を見かけますが、これらに登場する事例の人たちの多くは慢性的に金欠になっている様で、もう少し根本的な生活実態を見直すための対策をする必要があります。

「慢性的に起こる給料日前の金欠」を防ぐ、最も簡単な方法としては、「給料日が支給されたらすぐに支払いを済ませておく」ことです。

そして、月の後半に食料が底を尽きるというタイプの人は、保存食を多く買っておくとよいでしょう。

金欠の多くは、収入以上の支出をしてしまうことが原因ですが、収入はあるのに支払いが出来ないという人のほとんどが、払うべきものを先に払っていないにもかかわらず、余暇や遊興費にお金を使用してしまうという失敗をしてします。

毎月の生活予算をしかkりと決めて、外食や遊興費は、残りの「余ったお金」から捻出するように心がけると良いでしょう。

また、普段の生活で給料日前に一文無しになることはなくても、突発的な支出が発生して金欠になる場合があります。

そういう時のためにも貯金は必要と言えます。

給料日前の金欠 時に出費が発生した場合の考え方

給料日前などで、お金がないときに限って急な出費が発生するということは、誰でもよくあるかと思います。

その様な金欠の状態で出費が発生した場合は通常、親族に借りるか、それでも駄目なら知人や友人などをあたるというのがセオリーです。

家賃や光熱費などの生活費が足りないという場合は、そもそものやりくりを見直す必要がありますが、ここでは、通常通りの生活をしていればマイナスになる事はない人が、急な出費に直面して困った場合の考え方について説明します。

よく、知人や友人に「借りを作りたくない」という理由から、お金に困ったとき、キャッシングやカードローンを利用する人がいます。

消費者金融などで借り入れをすれば、返済の際は利息が発生しますが、この「利息の金額」と、「キャッシングの審査申込時に個人信用情報機関へ記録されることで考えられるデメリット」の2点が、「知人や友人へ借りを作ることによるデメリット」よりも軽いと考えられるという人は、キャッシングを利用するというのも、一つの方法でしょう。

安易なキャッシングはNGと当たり前の様に言われていますが、単に「利息が発生するから」「規定の返済期間で毎月返済していたら支払総額は膨大になる」など、金銭面のデメリットだけではなく、キャッシングを利用して個人信用情報に記録されることによって、住宅ローンの審査に通過しにくくなるというデメリットも忘れてはいけません。

将来的にマイホームを建てることも視野に入れていれば、短期的な視点ではなく、先を見据えて利用を検討することをお勧めします。

給料日前でお金がない場合にキャッシングを利用するかどうかの判断基準

働いていても出費が多く、結果的には給料日前にお金がなくなる、いわゆる「金欠」となる場合があります。

計画性をもって節約を心がけるなど、日ごろから出費の管理をするべきですが、この場合どうしたらよいでしょうか。

こうした「給料日前でお金がないとき」にカードローンや消費者金融など、キャッシングを利用するべきかどうかという選択肢がありますが、基本的には「借金をしなくてすむならしない方が良い」ことには間違いありません。

お金がない状況で、「飲みに誘われた」「欲しいものがある」「見栄を張りたい」などの理由で、カードローンやキャッシングで借入をしてまで浪費をするのは論外です。

しかし、パートやアルバイト従業員であればともかく、フルタイムで働く会社員(または契約社員、派遣社員)ともなると、給料日前に「急な出張」が発生し、経費の立て替えが必要になる場面も多々あります。

その様な場合、本来は会社へ仮払いを申請することで解決するはずですが、仮払いの申請自体、「24時間、コンビニの様にいつでも受け付けている」という訳ではないため、結局は自分自身で立て替えをすることになるケースが多いものです。

こうした場合、親族に借入するのも一つの方法ですが、キャッシングやカードローンに抵抗がなければ、レイクやプロミスなど「無利息期間のあるカードローン」を利用するのも一つの方法です。

レイクやプロミスなどの大手カードローンは、審査結果の通知も早く、申込みした日に融資が受けられる「即日融資」が可能な場合もあります。

さらには、「一定期間無利息」というサービスもあるので、急な出張の際の経費立て替えに利用したとしても、利息の負担はゼロです。

無利息サービスについては、それぞれの公式サイトにその条件が掲載されているので確認してみてください。

給与を前借りする際の頼み方

「給料日の前でお金が足りなくなった」「生活費が底を付いた」という場合に、キャッシングやカードローンを利用してやりくりをするという人も多いかと思います。

消費者金融でのキャッシングは、利息が発生するので、できれば避けたい行為ではあります。

給料の前借りは、特に法律などで「従業員が前借りを希望した場合は応じなければいけない」などの規定はなく、基本的には雇用する側である企業の裁量次第となります。

いくら労働者を保護する役割である労働基準法でも、さすがに給与の前借りを規定する法律は存在しない様です。

ただし、「労働者やその家族が病気や怪我で入院することになり、その入院費や治療費が高額で生活を圧迫している」という場合や、「地震や津波などの予期せぬ自然災害によって大きな被害を受けた」場合などは、労働基準法第25条によって「労働者から前借りを要求された場合は支払わなければならない」という法律もある様です。

前借りという行為はなかなか切り出しにくいものですが、もっとも誠実な申し出の方法としては、「借用書を交わすこと」です。

前借とはいえ、規定の支払い日ではないタイミングで支払ってもらう訳ですから、「お金の貸し借り」となります。

後々トラブルとならないためにも、「会社からの給与前借り」であっても金銭借用書を交わすことをお勧めします。

また、前借りをするにあたっては、用途を振り返ることも大切です。

そもそも前借りしてまで必要な出費かどうかをじっくりと検討することも必要です。

キャッシングのフクホーの特徴

カードローンを選ぶ際、最近では銀行のカードローンが多く登場し、これまで消費者金融に馴染みのなかった人までも、その親しみやすさからカードローンでのキャッシングを利用するようになりました。

一方で、「審査に通りやすそう」というイメージからか、お金を借りる際に、大手ではなく中小の消費者金融を検討する人もいます。

例えば、中堅の消費者金融で「フクホー」というキャッシング業者があります。

中堅の消費者金融というと、「ブラックでも融資が受けられる」「審査が甘い」など、間違った情報が広まりがちですが、決してそうではありません。

フクホーは、創業から45年以上運営している老舗のキャッシング会社で、融資実績としては大手銀行のカードローンよりも多く、ノウハウが蓄積されている分、申込者の返済能力や実態に見合った融資が期待できるという側面もあります。

ネットの口コミ情報サイトなどでその評判を見てみると、「対応が早い」「即日で融資が受けられた」など、評価が高いものが多い様です。

確かに銀行のカードローンは低金利であったり、総量規制の対象外であるため、収入を証明する書類の提出が必要ないなど、さまざまな魅力がありますが、その分、ハードルが高く審査に通過しないという場合もあります。

また、フクホーは「レディースキャッシング」も展開しており、女性が不安に感じる「返済額や返済方法」「主婦でも申込みが可能か」などの疑問にも、女性ス専用ダイヤル「レディースコール」にて、女性スタッフが親切に対応してくれるなど、初めて申込む女性の不安を解消するための工夫がされています。

キャッシングのフタバの特徴

急な出費などで、お金を借りるためにキャッシングを検討する際、金利の低い銀行のカードローンや、即日融資が可能な大手のカードローンなどが優先候補として挙げられます。

特に銀行カードローンは、最高限度額も高めなうえに金利も低いことから、女性の利用者も増えていますが、銀行カードローンや大手のキャッシングはメリットも大きい分、それなりに融資審査も厳しいという点にも注意しなければいけません。

そこで、次に選択肢として浮上するのが、中堅の消費者金融となります。

中堅貸金業者で「キャッシングのフタバ」という消費者金融があります。

フタバは、昭和38年に創業して以来50年以上も運営実績のある老舗のキャッシングブランドで、レディースローンも提供しています。

中小の消費者金融というと何となく「安心できない」といったイメージがあるかもしれませんが、インターネットの口コミ情報サイトなどで評判を見る限り、特に電話対応がしっかりしている様子です。

フタバが提供する女性専用キャッシングの「レディースフタバ」では、プロミスなどと同様、女性スタッフが対応する女性専用電話窓口を設けており「返済額はどうなっているのか」「利息はどの様な仕組みで付くのか」など、何か分らない事がある場合でも気軽に質問することができて、初めてで怖いという女性の不安を払拭しています。

もちろん、レディースキャッシングというだけあり、主婦やパートの人でも申し込むことが可能です。

キャッシングの利用が住宅や車のローンへ与える影響

急な出費が発生してお金が必要になった際、タイミングが合えば即日融資も受けられるなど、何かと便利なキャッシングですが、カードローンやキャッシングを利用すると、個人信用情報機関へその利用履歴が登録されます。

そのため、他社を含めた借入総額が一定額を超えると、新規に消費者金融へ申込をしても断られるケースがあります。

よく、クレジットカードへ申し込みをして断られたという話を聞きますが、これは、他社での借り入れが審査に影響している場合が多いのです。

では、マイカーローンや住宅ローンなど、金利の低い銀行のローンへ申し込む場合、キャッシングの利用は影響するのでしょうか。

昔から「借金があると住宅ローンの融資を受けられない」と言われている様に、もちろん影響します。

特に、住宅ローンを検討している人で、プロミスやアコムなど、いわゆる消費者金融を利用していてまだ返済中の場合は要注意です。

住宅ローンというのは、3~5年の完済を前提とする消費者金融と異なり、多くは30年以上に渡って返済していく前提で融資します。

そのため、審査では「年収や勤続年数」などのほか、多くの項目で非常に厳しいチェックが行われるため、消費者金融やカードローンでの借入があると審査に影響する可能性が非常に高いのです。

住宅ローンを検討しているのであれば、まずは消費者金融やクレジットカードの借入はすべて完済しておくなど、個人信用情報機関に登録された情報がクリーンな状態で申し込むことをお勧めします。

20代女性からの需要が増えてきたキャッシング

消費者金融やカードローンでのキャッシングは、女性にとっては「お金を借りること=借金」は怖いものという認識が強く、抵抗感がある女性も多い様です。

もちろん、男性の場合でもキャッシングは借金であることに変わりはなく、ただでさえ利息が発生する借入なので慎重に利用する必要はあります。

銀行カードローンが登場したことにより、多くの女性がカードローンに対して「身近な印象」をもつ様になったこともあり、最近ではOLなど20代の女性がカードローンを利用するケースも多く、その需要が以前より増えてきています。

その証拠に、ネットのカードローン利用体験談などを見ると、女性からの書き込みが多いことに驚かされます。

女性がキャッシングを利用する際に気になるのが、「審査はどう進むのか」「返済はどの様にすればよいのか」「主婦の自分でも即日融資は受けられるのか」「申込に必要な書類はどんなものを用意すればよいのか」といった素朴な疑問です。

男性利用者の場合、比較的このあたりのキャッシングに関する基本的な知識をもっていることが多く、悩むことは少ないですが、女性にとっては、「分らないことは納得するまで聞きたい」という要望もあり、そうした需要に応えるべく、プロミスなど大手キャッシングでは、「あくまで女性オペレータが質問に回答する」女性専用のコールセンターを設置するなど、レディースローンという商品枠を作り、女性利用者の獲得に力を入れています。

女性専用ダイヤル設置のプロミスレディースキャッシング

急にお金が必要になった際、ネットで審査申込みをすれば場合によっては即日融資も可能であったり、一定期間利息が発生しないタイプのものや、低金利が魅力である銀行がサービス提供するカードローンなど、キャッシング業界は大きな変化を遂げています。

少額の借入であれば返済で生活を圧迫することも少なく、便利なキャッシングですが、ここ最近の消費者金融・キャッシング業界は、女性利用者の獲得に力を入れており、女性専用カードローンや女性専用キャッシング、レディースローンなどの呼び名で、専業主婦からの利用も歓迎しているところが多くあります。

ネット上に無数にあるカードローン比較情報サイトでも、「女性向け」「女性専用」というカテゴリも存在するほどです。

大手で有名な女性用キャッシングの一つが、プロミスです。

プロミスでは、女性専用コールを設置した「レディースキャッシング」というサービスを提供しており、貸付条件や無利息サービスなどの特典は通常と同じですが、コールセンターの窓口が、一般用と、女性オペレーターが対応する「女性専用ダイヤル」とで分かれています。

この様に、女性がキャッシングへ申し込む際、男性オペレータだと怖い印象をもつケースも少なくないため、大手のキャッシング会社では女性専用コールを設置している場合がほとんどです。

女性利用者の拡充を狙うため、とにかく安心感を前面出す広報が多くみられます。

とはいえ、プロミスのレディースキャッシングは、通常のプロミスよりも金利が優遇されたりする訳ではないので注意が必要です。

女性専用の銀行のキャッシング

カードローンやキャッシングは、今では銀行もサービス提供するほど一般的になりました。

以前は、キャッシングというと、いわゆる街金や消費者金融が、個人へ小口の融資を行うのみでした。

しかし、現在では、大手メガバンクが提供するカードローンや、お金が必要となってもその日に審査が完了すれば即日融資が可能なタイプ、さらには一定期間無利息のカードローンなど、それぞれ色々なメリットのあるタイプのカードローンが登場しました。

なかでも、キャッシングを身近なものへと変化させた要因として大きいのは、低金利が魅力である銀行カードローンの登場や、女性専用のレディースローンの存在です。

消費者金融と比べて審査がやや厳しい印象のある銀行カードローンは、収入を証明する書類の提出が必要ないため、専業主婦でも利用できることから、女性に人気です。

また、銀行のキャッシングは普段利用するATMで返済できるという利便性も人気の理由の一つでしょう。

銀行が発行するカードローンというのは、総量規制の対象とならず収入の証明が必要がないため、「消費者金融よりも銀行のカードローン」を選択する人が多い様です。

みずほ銀行や楽天銀行、三井住友銀行など、大手銀行やネット銀行でもキャッシングサービス提供していますが、残念ながらほとんどの銀行では女性専用キャッシングを提供していません。

あくまで女性オペレータによる対応を望むのであれば、女性専用コールを設置しているプロミスやレイクなどのレディースローンを選択するとよいでしょう。

キャッシングを女性から見た場合のメリット

即日融資が可能なキャッシングや、銀行が発行するカードローンなど、最近では様々なキャッシングが存在しますが、女性が利用するには、何となく難しそうであったり、怖いというイメージがあるかもしれません。

女性利用者の拡大を狙うカードローン業界では、女性が利用する際の不安払拭に力を入れており、おそらく初めてキャッシングを利用する女性は、その対応のきめ細かさや分りやすさに、むしろ驚くかと思います。

大手キャッシング会社では、女性専用のキャッシングも数多く存在し、女性でも分りやすく利用できる仕組みが作られています。

例えば、プロミスやレイクなどの様に、女性オペレーターが対応するコールセンターを設置しているキャッシングや、そもそも女性専用のレディースローンという形でサービス提供しているところや、緊急の場合にかかってくる電話も「女性から」という様に徹底しているところもあるほど、主婦などの女性が安心してキャッシングを利用できる工夫がされています。

ただし、女性向けのレディースローンだからといって、通常のキャッシングよりも金利が低くなったりする訳ではないので注意してください。

また、こうしたレディースローンは、キャッシングの融資条件などは通常のキャッシングと同じでも、「女性専用」として訴求するだけあり、ホームページの作りも柔らかい印象になっていたり、なるべく専門用語を使わずに、利息や返済について、必要な書類の情報や審査、お金の基本的な知識について、女性が気になるポイントを分りやすく解説するページを設けるなど、サービスの伝え方にも気を配られています。

キャッシングには女性専用のサービスがある

「レディースカードローン」「女性専用キャッシング」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

これまで、消費者金融というと、昔のイメージでは怖いという印象をもつ女性も多く、利用するハードルが非常に高く、お金が必要な主婦などからも敬遠されてきました。

そこで、大手のキャッシング会社は女性でも利用しやすい様に、プロミスに代表される様に、女性オペレーターが対応する専用のコールセンターを設置し、融資を受けてからも関係してくる「利息や返済方法」などについても懇切丁寧に説明する工夫がされています。

最近ではインターネットで女性向けのカードローンについて検索すると、「専業主婦でも即日融資が可能なキャッシング」や「収入証明が必要ないカードローン」「金利の低い銀行カードローン」といったテーマで比較情報を一覧で掲載されているサイトも目にします。

この様に、一昔前は「怖い」という印象があったカードローンや消費者金融について多くの女性が情報に触れる機会が増え、主婦層をはじめ、多くの女性がキャッシングを利用する時代にもなりました。

特に、女性は友人の結婚式に呼ばれた際には、祝儀や衣装代に加え、靴やアクセサリー、二次会費用や友人との打合せにかかる飲食代など、男性と比べて多くの出費が発生する実態があり、こうしたことから、カードローンは若い女性からも利用される様になっています。

その需要に応えるべく、プロミスやレイクなど大手のカードローンでは女性専用コールセンターを充実さています。

キャッシングの老舗・プロミスの特徴

20160221

現在では銀行のカードローンを含め、いろいろな個人向け融資サービスが登場し、お金を借りる人にとっては、情報量の多さからどれを選ぶべきか、その判断にも迷うほどです。

老舗のキャッシングであるプロミスは、国内でも非常に知名度の高い消費者金融です。

プロミスの特徴として挙げられるのは、審査申込から契約、融資までのすべてをネット上で完結する「web完結申込み」です。

このweb完結申込みを利用することにより、プロミスでは、最短で即日の融資も可能としていますが、即日融資を希望する場合には、指定時間までにこのweb完結で契約が完了している必要があることと、振込み先の銀行口座を指定しておくことがポイントとなります。

自動契約機でも22時間申込みが可能となっており、インターネットによる申込みが苦手な人でもも自動契約機のタッチパネルを操作して申込みすることができます。

また、利息や返済方法など、カードローンについて何か分からない事があれば備付けのインターホンでオペレーターに直接聞く事もできるので、インターネット申込が主流となった現在でも店舗や自動契約機は人気です。

プロミスではインターネットでの申込が簡単に出来る様に、使いやすい画面構成にするなど、細部にまで渡り工夫がされていますが、そのきめ細かな工夫はネットだけではありません。

プロミスでは、「プロミスコール」という専用ダイヤルも用意しており、ただでさえ融資という難しい商品を初めて利用する人にも分りやすく説明する努力をしている点からも大手キャッシングブランドとしての信頼性が伺えます。

キャッシングのプロミスはどれだけ審査が早いか

老舗のキャッシングブランドとして、古くから多くの人に親しまれてきた消費者金融のプロミスは、誰もが知るものとなりました。

消費者金融やカードローンを利用してお金を借りたことがある人の中で、プロミスを知らない人はいない程です。

プロミスは、これまで蓄積してきたノウハウで融資の審査において驚異的なスピードでの対応を実現しています。

例えば、平日の14時までにプロミスへの融資申込をして審査とすべてをweb上で行う「web契約」が完了して、必要な書類の提出も済んでいれば、最短で即日での融資も可能となります。

これは、予め必要な申込情報や、融資金の振込先となる銀行口座をネットで申告しておくことにより審査にかかる時間を大幅に短縮しているために可能なサービスです。

キャッシングに限らず、「急ぎの場合は電話で申込みをすると早い」という印象がありますが、オペレーターが返済方法や利息についての説明なども口頭で対応するため、その分だけ契約完了までの時間は長くなります。

スマートフォンやパソコンの操作が苦手でない限り、自動契約機やweb完結申込みをする方が結果的にスピードは早いと言えるでしょう。

共通して言えるのは、キャッシングにおいて、スピード融資に求められる共通の条件としては、「申込に必要な情報をいかに素早く提出できるか」にかかっていると言えます。

また、最近では、社会保険証などから勤務先への勤務実態が確認できれば、電話による在籍確認が省略されるケースもあるようですが、各社それぞれの規定があり、すべての消費者金融で在籍確認が軽視されている訳ではありません。

キャッシングは24時間いつでも審査可能か

カードローンなど、消費者金融業界では「24時間キャッシング」というフレーズも登場し、インターネットやスマートフォンの普及により、最近では、「お金を借りたい」ときには、24時間いつでも申込が可能な時代となりました。

さらには、指定時間までに契約が完了して必要書類の提出も済んでいるなど、条件さえクリアすれば、銀行口座への直接振込によって「即日融資」も可能とするカードローン業者もあります。

しかし多くの人は「24時間いつでも審査を受けて借入ができる」と思っている様ですが、これは誤解です。

そもそもキャッシングの審査では、申込み情報を総合的に判断するためには、ある程度の時間を要しますが、審査の過程では、他社での借入状況や、過去に消費者金融などを利用した際の事故(返済の大幅な遅れや債務整理など)の経歴などを調べる、「個人信用情報機関への照会」という業務もあります。

これに加え、申込時に申告した勤務先へ本当に勤務している実態があるかどうかを調べるための「在籍確認(在職確認)」などもあります。

そのため、「24時間審査」を謳うサービスの多くは、深夜であれば、簡単な申込み情報(年収、他社での借り入れ件数やその金額など)をもとにコンピューターが自動で判断するという方法に留まり、この場合の「24時間審査」は、「本審査ではなく仮審査である」旨や、「本審査の結果を保証するものではありません」などの注釈が添えてあるケースがほとんどです。

例えばアコムでは「24時間ネットで申込みOK」「最短30分で審査回答」とありますが、24時間OKなのは、あくまで申込みのみで、「最短30分」とする審査回答も、営業時間の範囲内に限られ、プロミスについても同様です。

自営業によるキャッシングでも即日融資が可能か

インターネットで申し込みが出来たり一定期間は無利息という特典があったりと、最近のキャッシングは利用者にとって便利なサービスがつくことが当たり前となりました。

サービスもさることながら、消費者金融をはじめとしたキャッシングの利点は、審査申込みをして融資を受けるまでのスピードが早い点にあります。

特に最近のカードローンでは、アコムやプロミスなどがそうである様に、決まった時間までに契約が完了しているなど規定の条件さえクリアすれば即日での融資が可能な場合もあるようです。

急な出費でお金が必要となるのは個人だけではなく、自営業者も同じです。

事業のなかで発生した、急な運転資金が必要となった自営業者にとっても、銀行の融資と比べて金利は多少高いものの、即日での融資が可能な個人向けカードローンは魅力で、多くの個人事業主がカードローンを利用しています。

即日での融資を可能とするほとんどのカードローンは、個人事業主であっても利用可能となっており、特にプロミスでは、自営業者むけの専用商品も用意されています。

ただし、自営業者は、どのカードローンを利用する場合でも、給与明細などで安定した収入がある事を証明できるサラリーマンと異なり、収入を証明するために確定申告書の写しや事業実態を証明する資料の提出も必要となる場合があります。

収入の実態を見誤って、返済能力を超えた限度額で契約をしない様に、融資する側にとっても十分な審査が求められています。

キャッシングを自営業者がする場合は総量規制の対象になるのか?

自営業の人がカードローンなどでキャッシングをする際に総量規制の対象となるのかどうかという疑問について、ネット上でも情報が錯綜して分かりにくいという声があります。

まず、自営業の場合の融資には、自営業を営む代表者が個人で生活費のためなどに消費者金融などでキャッシングを利用する場合は、例外とする理由はなく、一般人と同じ様に総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか融資を受けられず、申込みの際にも収入を証明する書類の提出が必要となります。

一方、自営業者が「事業資金の融資」を希望する場合には、例外が認められます。

そもそも総量規制は、「貸金業者による個人への融資」が対象となっていますが、個人事業主が事業のために必要な融資を受けることを制限する理由もありません。

ただし、事業性資金といっても、運転資金や設備投資資金など用途がいろいろあります。

例えば「事業の売上が入金されるまでの間、従業員への給与支払いに必要である」など、資金繰りとして利用する「つなぎ融資」であることや、短期で借り入れをして確実に返済が可能である事が確認された場合などであれば、総量規制の対象とならずに年収に関係なく融資が受けられるケースが多い様です。

もちろん、審査により返済能力の範囲内での融資となります。

また、「事業主がお金を借りる場合は銀行から融資を受けるのが一般的」であると認識されているかもしれませんが、中小企業や個人事業主が銀行から融資を受けることは非常に困難であり、その資金繰りのために審査が簡単な消費者金融(プロミスやアイフルなど)を利用しています。

レイクのキャッシングについての評判

新生銀行のカードローンであるレイクの評判について紹介します。

今でこそ新生フィナンシャルグループの傘下で銀行が発行するカードローンサービスとして提供されており、貸金業法の定める総量規制の対象から外れていますが、それ以前は、老舗の消費者金融として多くの人々に利用されてきました。

レイクは以前から全面的に押し出している「無利息サービス」が人気で、レイクのキャッシングを利用してお金を借りた人達からの口コミ評判は、ネットなどの情報を見ても、良い評価のものが目立ちます。

また、平日の14時までに審査と契約が完了して必要書類の提出も終わっていれば受けられる即日融資も人気の理由の一つでしょう。

他にも、返済日をうっかり忘れてしまうなどの事態を防ぐためにメールで返済日をお知らせしてくれる「返済日お知らせメール」というサービスや、現在の利用残高がいくらかが一目瞭然の「web明細」を提供しており、キャッシングというデリケートなサービスであるが故に堂々と通帳を所持できないという人にとっても大変便利な会員向けサービスが充実している点も人気の理由と言えます。

前述した通り、レイクは銀行が発行するカードローンであり、総量規制の対象となりません。

そのため、収入を証明する書類の提出を必要とせず申込みすることが可能です。

とはいえ、返済能力を超えた融資を受けるということは、最終的には生活を圧迫します。

無利息のサービスがあるとしてもそれは一定期間のみとなり、その後は利息が発生するので、レイクに限らず、融資を受ける場合は、返済額や金利をよく確認することが大切です。

レイクのキャッシングにかかる金利

お金を借りる方法は多く存在しますが、民間の小口融資といえば、キャッシングという方法が一般的です。

そのなかでも、多くの人は名の知れた大手キャッシングブランドを検討するかと思いますが、レイクもそのひとつです。

レイクはキャッシングブランドの老舗として古くからそのノウハウを蓄積してきました。

現在では新生フィナンシャルグループの傘下となり、新生銀行のカードローンとしてそのブランド力がさらにアップし、幅広く多くの人に認知されています。

さらに、レイクでは、平日の14時までに審査を終えて契約が完了し、必要書類の提出が済んでいれば、最短で即日の融資が可能です。

この即日融資というメリットに加え、無利息という特徴も大きいと言えます。

30日間無利息(または5万円までなら180日間無利息)という通常サービスがレイク最大の特徴ですが、無利息期間を過ぎて利用した分に発生する通常の金利そのものも、実質年率4.5%~18.0%と、業界水準としても低金利です。

もちろん、契約限度額や利用額に応じた金利が適用されます。

また、発生する金利の関係上、最終返済の金額は端数が生じてしまいます。

コンビニの提携ATMで返済してもおつりが出ないなどの問題があります。

この場合、レイクの窓口でしか一括返済が出来ないと思われがちですが、提携ATMではなく、自動契約コーナーに併設してあるレイクのATMを利用すれば、残金をまとめて入金する一括返済も可能です。

レイクのキャッシングは即日融資が可能

新生銀行の発行するカードローンであるレイクのキャッシングは、即日融資が可能であることもメリットの一つとして人気を得ています。

レイクで即日融資を受けるには条件があります。

インターネットで申込をして平日の14時までに審査および契約が完了していることと、必要書類の提出が済んでいることなどです。

レイクは即日振込融資を希望することにより自分の口座へ直接振り込まれるほか、ネットで申込みを済ませてカードを全国各所に設置してあるレイクの自動契約機で受け取るという方法もあり、お金が必要なのに時間がないとう場合にも大変有利なサービスを提供しています。

土日に即日融資ができない原因は、個人信用情報機関への照会ができないからともいわれていますが、審査には信用情報機関からの情報のみで判断される訳ではなく、総合的な判断によって融資可否は決定します。

レイク最大の特徴といえば「30日間無利息サービス」ですが、5万円までであれば無利息期間は180日間にもなります。

自分自身の状況をよく確認して、どちらの無利息特典の方が適しているかを検討するとよいでしょう。

無利息期間が過ぎると4.5%~18.0%の間で所定の金利が発生します。

また、返済方法も豊富に用意されており、webから入金手続きをするweb返済のほか、各種ATM、自動引落とし、銀行振り込みなどから選べます。

レイクは消費者金融時代から培ったノウハウがあり、随所で利用者の利便性に関わる工夫がされていることが、色々な場面で垣間見られます。

例えば「返済日お知らせメール」などはその代表ともいえるサービスです。

この様に、レイクは申込者の利便性と最大限に追及したカードローンと言えます。

キャッシングのレイクを利用するメリット

新生銀行のカードローンとして、その知名度は既に不動のものとなっているレイクについて、知名度とは裏腹にそのメリットがどんなものかは意外とよく知られていません。

そのメリットのひとつとして無利息サービスというものがあります。

通常、レイクは、契約額や利用額に応じて4.5%~18.0%の範囲の金利が発生しますが、新規契約の場合に限り、30日間無利息(または5万円までなら180日間無利息)というサービスがあります。

借り入れから30日間の間は、利息が一切発生しないという便利な特典です。

また、レイクの様に無利息サービスを展開している消費者金融には、プロミスやアコムなどがありますが、「5万円までなら180日間無利息」は、レイク特有のサービスとなります。

ほかにも、レイクは銀行が発行するカードローンであることから、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制の対象とはならないため、原則として収入を証明するための書類を提出する必要がないという点も人気の理由の一つです。

さらに、老舗キャッシングブランドならではのスピード対応で、条件次第では最短で即日での融資も可能となる点も魅力です。

お金が必要なときに簡単な審査ですぐに融資を受けられる点がキャッシングの便利な点ですが、レイクを利用するデメリットについてはどうでしょうか。

レイクは、サービス内容や金利、返済額のバランスなど、どれをとっても大手銀行カードローンならではの信頼性があります。

レイクに限らずカードローンは、低金利で利用できるマイカーローンなどの銀行融資と比較すると、高利と言わざるを得ませんが、これは消費者金融やカードローン全般にいえることです。

情報があふれるなか、ただでさえ返済に利息を伴うカードローンは、利用するのであれば信頼度の高いカードローンを選択するべきでしょう。

モビットのキャッシングへ申込む際の必要書類

三井住友銀行グループのカードローンであるモビットは、いわゆる「銀行カードローン」が登場する以前から、割と早い段階でネット申込みを充実させており、現在の消費者金融業界では当たり前となった「ネットでの申込み」を導入したキャッシング会社の先駆者的存在といえます。

モビットへ融資審査の申込みをするにあたって必要となる書類は、運転免許証のほか、収入を証明する書類の提出も必要となる場合があります。

収入を証明する書類には、源泉徴収票や税額通知票、確定申告書などの写しが使用できます。

会社員の方は、源泉徴収票よりも給与明細の方が用意しやすいかと思いますが、その場合、2か月分の給与明細を用意する必要があります。

返済方法については、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のATMのほか、提携銀行や全国のコンビニATMでも返済できます。

手続きをしておけば、口座振替による返済もできます。

モビットは、審査にかかる時間が早いことでも知られており、契約が完了して平日の14:50までに振込み依頼をしていれば、即日でのカード発行も可能で、急いで借り入れをしたいという人は、モビットを真っ先に検討する様です。

さらに、申込みは、審査に必要な情報を入力し、契約までをwebで済ますことが可能な「web完結申込み」により、誰にも会わず、電話での確認もなく融資を受けることも可能です。

このweb完結申込みは、全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行するの保険証の提出が可能で、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている場合に利用できます。

キャッシング一撃必中で選ぶよりも効率よく比較しながら探すのがオススメ!

キャッシングの利用は、どこでも同じ。

そう思っていらっしゃる方も中にはいるかも知れませんが、実はそんな事はありません。

 

契約条件も、最近では大きな差別化はありませんが

  • 過去のブランド実績(営業年数など)
  • 接客や応対(社員の対応、コールセンターの対応、自動契約機の対応など)
などで、差別化を図っている大手の消費者金融だったり、中小の消費者金融に至っては、店舗を今でも残していて、親しみやすいブランドとして定着しようとしていたり、様々です。

 

また、銀行系カードローンも出現してきて、大手の消費者金融と大きな差別化を図るために、契約条件面でも好待遇になっていますし、銀行のブランドイメージを活かしたたCMなどm数多く見られるようになっています。

 

そのため、数多くの選択肢がある中で、どこで利用しようか?と考えて、一撃必中で選ぼうというのは、とても難しい事になっていて、時には「もっと良い条件があったのに・・・」と損をしてしまうという事もあり得ますので、そうならないためにも、「最低限の比較ポイントを持って、自分に合う金融業者を見つける」事がとても大切になってきます。

 

例えば、こちらの無料ツールを利用すると、「目的別」に金融業者の人気ランキングを切り替えてくれるようになっていますので、

 
  • 即日融資を希望の方
  • 無利息サービスを使いたい方
  • 収入証明書が不要
  • 事業者ローンをお探しの方
  • 女性向けのキャッシングサービス
  • 銀行系カードローンを希望の方
 

というような検索もできますし、

 
  • 借入限度額別
  • 審査時間別
  • 融資までの時間別
  • 借入返済方法別
  • 金融機関コンビニ提携別
  • 特徴によって
 

という方法で、検索する事も出来るようになっています。

 

上手く、ご自身の条件に合う金融業者を「短時間で、効率よく探す」ためにも、上手くナビナビ借入診断を活用されると良いかなと思い、ここで紹介させて頂きました。

エポスカードのキャッシング申込時に提出する必要書類

エポスカードは、デパートで有名なマルイと同じ「丸井グループ」の子会社である「株式会社エポスカード」が発行するクレジットカードです。

エポスカードは、マルイが発行していたクレジットカードである「旧:赤いカード」の後継カードで、マルイでのポイントが貯まるという点が特徴です。

マルイのネットショッピングのほか、公共料金の支払いをエポスカードで引落としすれば、こちらもポイントが貯まるという特典があります。

また、クレジットカードを検討する際に気になるのは年会費や手数料の額ですが、エポスカードは年会費も入会費も無料なので、普段マルイを利用している人には特にお勧めのクレジットカードです。

この様に、いわゆる「流通系」のクレジットカードは、特典などを総合的に評価すると銀行のカードローンよりも利便性が高いことがあります。

返済方法や金利の低さなどをとっても、大手消費者金融や銀行カードローンと比べて遜色ないことが分かります。

また、すでにカードの契約をしていれば、ネットや電話からの依頼で即日借入することも可能で、急いでお金が必要な場合にも重宝されています。

エポスカードの申込時にキャッシング枠を0円にしていた場合、新たにキャッシング枠を利用したいという場合には、別途審査が必要になります。

その際に「収入を証明する書類の提出」を求められることもあります。

また、エポスカードや「赤いカード」の前身であった「マルイカード」の発行から長い年数が経っており、過払い金が発生する可能性が高いことでも有名です。

レイクのキャッシングへ申込む際の必要書類

新生銀行が発行するカードローンであるレイクは、キャッシング業界のなかでもトップクラスのシェアを占め、創業以来、老舗の消費者金融から業態を変えて変化し続け、現在は、新生フィナンシャルグループの主力サービスとして多くの人に利用されています。

レイクへ融資審査の申し込みをする際に必要となる書類は、本人確認のための身分証明書(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)のほか、契約額が100万円を超える場合には、源泉徴収票や所得証明書などの「収入を証明する書類」の提出も併せて必要となります。

レイクの最大のメリットは、「30日間無利息」「5万円までなら180日間無利息」といった、2つの無利息サービスから選べる点です。

5万円までなら180日もの間、利息が発生しないので、「急にお金が必要になったがズルズルと返済して長引かせたくない」というケースの人にもピッタリなサービスです。

また、レイクのもう一つの魅力は、申込からカード発行までのスピードの早さで、インターネットで平日の14時まで契約を完了させて「本人確認書類」を送れば、指定口座への振込みによる「即日融資」も可能です。

さらに、レイクは会員サービスも充実しています。

通常のキャッシング会社は、ユーザーが申込みをするまでのサービスが充実している事は多いものですが、レイクでは、カードを持ち歩ていなくてもスマホの専用アプリから指定口座へ振り込みを依頼することにより借入ができたり、返済日をうっかり忘れてしまう事を防ぐ「返済日お知らせメールサービス」など、充実した機能やサービスが満載です。

楽天カードのキャッシングへ申込む際の必要書類

クレジットカードは、「審査の通りやすさ」に差がありますが、楽天カードは比較的、「はじめてクレジットカードを利用する」という場合にも、主婦やパートの人でも安定した収入があれば申込める点など、初心者に優しいクレジットカードと言えるでしょう。

楽天カードへの申込む際の必要書類は、本人確認のための「身分証明書」のほか、「収入を証明する書類」となります。

楽天カードの魅力といえば、やはり「楽天スーパーポイントが貯まる」という点です。

買物や情報コンテンツなど、普段利用している楽天の各サービスで使用出来るのも人気の理由です。

楽天スーパーポイントは、オプションで付けられるETCカード機能を利用して高速道路の料金を支払った際にも還元されますが、年会費が540円かかってしまいます。

このETC年会費は、海外出張の多い人に人気の楽天プレミアムカードであれば無料で付いてきますが、そもそもこちらのプレミアムカード自体に年会費がかかるので、プレミアムカードの特典が必要ない人は540円のETC年会費を支払った方が得です。

また、引落とし先の口座を「楽天銀行」の普通預金口座へ指定していると、預金金利が若干(0.02%→0.04%)アップします。

0.04%という金利は、国内の定期預金の平均金利が0.02%であることから、少しお得に感じるかもしれません。

楽天カードの返済方法は、利用額に応じて毎月の支払額が変動する「残高スライドリボルビング返済」ですが、クレジットカードなので、リボ払いを選択することも出来ます。

キャッシングのアローへ申し込む際の必要書類

アローは平成12年に岐阜県で有限会社アローとして設立され、平成22年には株式会社アローへと商号変更すると同時に本社を名古屋市中村区へと移転し、現在に至りますが、貸金業者としての登録したのは移転した平成22年と、名古屋では知名度があるものの、意外にも消費者金融としては新しい会社です。

急にお金が必要となった場合に、地元の消費者金融から探す人もまだまだ多く、こうした層に人気がある様です。

アローは名古屋を基盤にしたキャッシングですが、アローの公式サイトから申込みをすることにより、即日での融資も可能となります。

アローの評判をインターネットの口コミ情報などで見てみると、「対応がよい」という書き込みが多い事が分かります。

キャッシングやカードローンというと、どうしても「アコムやプロミスなどの大手」をイメージしがちで、アローの様な中堅の消費者金融はブラックでもOKという誤解をされるケースが多い様ですが、正規に登録された貸金業者なので、決してそんな事はなく、「貸金業法」に基づき、返済能力を重視した基本的な審査が行われます。

このアローへの申込みする際に提出する必要書類は、他の消費者金融と同様に、「身分証」「収入を証明する書類」の2点で、運転免許証と給与明細2か月分などがあれば問題ないでしょう。

また、アローでは、「貸金業法に基づく借換ローン」という、借り換えのための融資も行っており、他社からの借入が重なり「返済が苦しい」という場合にも利用できます。

こうした利用者が一方的に有利となる性質をもつ借換ローン(通称おまとめローン)を利用することにより、今までの負担を軽減することも可能なので、法的な債務整理に踏み切れないという場合は、こうした「借換ローン」の相談をすることをお勧めします。

キャッシングのエイワへの必要書類

中堅の消費者金融であるキャッシングのエイワは横浜を拠点として貸金業登録をする事業者で、この様に中堅と聞くと「ブラックでもお金を借りられるかも」「電話一本で融資してくれるかも」という様に、審査が甘いという勘違いをした人の情報に振り回されがちですが、そうではありません。

エイワは昭和40年代に設立され、キャッシング業者としての運営歴は長く、各地で多くの人に利用されてきました。

現在でもインターネットからの申込み機能に力を入れており、大手カードローンのホームページと比べても使いやすい画面となっています。

エイワへの申込みに必要な書類としては、運転免許証やパスポートなどの「本人確認書類」が2点と、給与明細や源泉徴収票などの「収入を証明する書類」ですが、エイワでは、本人確認証が2点必要であることが特徴的です。

1点目の身分証明証は、運転免許証やパスポートなど顔写真付きのものが必須で、2点目の身分証には、健康保険証など、顔写真がないものでも認められる様です。

また、エイワでは振込みや郵送による返済も可能で、その場合は希望すれば領収証の発行も行われる様です。

また、エイワの最大の特徴は、「対面融資にこだわり、ずっと無人契約機を設置していない点」「50万円までの小口融資である点」に尽きるでしょう。

中堅の事業者ならではのこだわりが垣間見えます。

最近では即日融資など、キャッシングでお金を借りる際には便利な世の中になりましたが、エイワに限らずキャッシングには金利が発生します。

その資金用途を「借金をしてでも用立てるべきものかどうか」よく考えてから利用することをおすすめします。

キャッシングの「スペース」への申込みに提出する必要書類

大阪に拠点を置く消費者金融で「スペース」というキャッシング業者があります。

スペースの口コミ情報をネットで調べると、「電話対応が非常に丁寧」「しっかりした印象」といった対応の良さが感じられる書き込みが多いのが分かります。

カードローンを選ぶうえでクチコミ評判の良さは非常に大切で、インターネットを利用して誰もが口コミを発信できる時代となった現在は、もし、対応の悪さで評判を落とせば、それは結果として経営状態にも影響するため、どの企業も電話対応には非常に気を配っています。

スペースは大阪の消費者金融ですが、インターネットでの申込も可能です。

一方で、スペースは中堅の消費者金融であるため、審査に通りやすいというイメージもあるようです。

中堅の消費者金融と聞くと、銀行カードローンや大手キャッシングと比較した際、「ブラックでもお金を借りられる」「審査が甘い」などというイメージをもつ人も多いかもしれませんが、決してそうではなく、総量規制の対象となるため、身分証のほか、年収を証明する書類の提出を求められるなど、通常の貸金業者に同様の堅実な審査が行われます。

融資審査では、返済能力を提出された必要書類や申込み情報などから総合的に判断して結果を出します。

決して中堅の消費者金融だからといって審査が甘いという訳ではありませんが、大手のカードローン業者とは、審査の方法に若干の違いがあるため、結果として「審査に通りやすい」という印象をもつのでしょう。

また、スペースは正規の貸金業者として登録しており、貸金業者一覧にも掲載されている消費者金融なので安心して利用できます。

キャッシング 審査に必要な書類

最近のキャッシングは、様々な申込方法が用意されていたり、即日融資が受けられ、コンビニのATMを利用して返済が可能であったりと、利便性がどんどん進化しています。

これらのキャッシングやカードローンで融資を受ける際には、多くの書類提出が求められます。

法人の銀行融資などでは決算書や登記簿謄本など個人とは比べものにならない量の書類を求められますが、個人がお金を借りるために申し込む消費者金融の審査に必要な書類は、ほとんどの場合は本人確認のための「身分証明書」と「収入を証明する書類」の2点で、身分証明書は、運転免許証やパスポート、社会保険証などが利用できます。

「収入を証明する書類」に関しては、提出が求められる場合とそうでない場合があります。

一つの基準としては、「銀行のカードローン」であるか「消費者金融」であるかの違いがあります。

この収入を証明する書類は貸金業法で定められた「総量規制」という、年収の3分の1を超えて融資をしてはいけないルールに抵触しないために、各消費者金融は審査の際に本人の年収が分かる書類(源泉徴収票や給与明細など)の提出を求めます。

この総量規制が適用されるのは、消費者金融であり、銀行には適用されません。

不思議なことに銀行が発行するカードローンは消費者金融とはみなされないのです。

アコムやプロミスなどは総量規制の対象となり、希望する利用限度額によっては収入を証明する書類の提出が求められる可能性があります。

ノーローンのキャッシングは時間がない人にもお勧め

新生銀行グループのキャッシング「ノーローン」は、「なんどでも1週間無利息」のサービスを受けられることで消費者金融を利用している人の間でとても人気です。

このノーローンは無利息の特典もさることながら、スピーディな対応も人気のひとつです。

指定時間までに申込みと契約が完了していれば、最短で即日融資を受けることも可能です。

この場合、運転免許証など身分証の事前提示が必要となりますが、融資審査の申込みをインターネットから24時間いつでも行うことができるので、日中は仕事で忙しいなど、「お金が必用なのに日中に申込みをしている暇がない」と、時間に追われて忙しい人にとっても大変便利です。

また、即日融資の条件として、通常は「手続を平日12:30までに完了していること」がありますが、楽天銀行の口座を持っていればこの手続き完了期限が17:00までとなるので、楽天銀行に口座を持つ人は即日融資を受けられやすくなります。

また、新生銀行のカードローンで有名なレイクがありますが、こちらはテレビCMも放送されており、ノーローンよりも知名度があります。

このレイクとノーローンは同じ新生銀行グループとなるため、レイクの自動契約機やATMを利用するという方法で、ノーローンに関わる設備コストを抑えています。

したがって、ノーローンへ申込みとカード発行に関しては、レイクの自動契約機で契約をすると同時にカードを受け取るかたちをとります。

その後も、このレイク自動契約機に併設してあるATMを使用して借入や返済もできるので、カードを受け取ったその場で借り入れが可能です。

新生銀行グループのキャッシング「ノーローン」の評判

新生銀行グループのカードローン「ノーローン」は、目立った広告をあまり目にしないものの、消費者金融利用者の間で、根強い人気があります。

ノーローン最大の特徴である「何度でも無利息」は、借入金の全額を返済すれば、その翌月に借入れた分に対しては再び1週間無利息になるというものです。

これが期間限定ではなく、通常のサービスであることが利用者の間で話題となり、人気を呼ぶ様になりました。

「1週間の無利息期間」を過ぎた後にはノーローンの通常金利「4.9%~18.0%」が適用されることになります。

申込みについても、ノーローンは来店不要で申込みから契約までを完了させることができる体制をとっており、自宅に居ながら借入までを完了させることができます。

さらに平日の指定時間までに契約が完了していれば、最短で即日の融資も可能であるなど、消費者金融ならではの対応ノウハウが活きています。

もちろん、インターネットから24時間申込みが可能です。

では、同グループのカードローン「レイク」と比較した場合はどうでしょうか。

レイクは、「30日間無利息」または、「5万円までなら180日間無利息」という2つの無利息サービスから選択ができます。

ただし、ノーローンと違い、何度でもその恩恵を受けられる訳ではありません。

ノーローンを長期的に利用する人の多くは、「給料日前でお金がない」場合など、一時的に借りてすぐ返済するという使い方をするため、レイクは無利息の期間が長いものの、一度しかその特典を受けられないため、利用の仕方が異なります。

キャッシング申込みに年収証明書が必要な場合

現在では消費者金融やカードローン会社でキャッシングをするために申込みをすると、必要な書類として、収入証明書の提出を求められますが、これは改正された貸金業法の一つである総量規制によるものです。

総量規制とは、年収の3分の1までしか融資をしてはならないというルールで、貸金業法の管轄で営業する貸金業者に適用されます。

これにより、消費者金融への申込みをする場合は、サラリーマンであれば源泉徴収票や支払調書など、年収金額を証明するための書類が必要となっています。

しかしこれには例外があります。

まず、銀行のカードローンは対象外となり、審査の際に収入の証明書類が不要となります。

また、個人事業者への融資に関しても、対象とならず、年収の3分の1を超えた利用可能限度額の設定が可能です。

基本的には、個人に対する貸金業者による融資のみが対象となっています。

多くの人が年収額が審査に影響すると考えており、確かに、審査の際に年収を証明することができるかどうかは、融資額を決定するうえで、非常に重要な要素となります。

しかし、審査結果や融資限度額を左右するのは、年収だけではありません。

例えば勤続年数や現住所での居住年数など、申込者の継続性も判断基準とされている様です。

また、個人信用情報機関に登録されている利用履歴も審査をするうえで注意深く見られます。

この様に、年収以外の要素で審査に落ちる可能性があることも事実で、単に収入を証明する書類さえ提出できれば審査を通過するというものではありません。

住宅ローンを借りる時の信用情報にキャッシングは影響する?

住宅ローンの審査の際には、様々な情報を審査します。

担保の評価額、勤務先、勤続年数、年収など審査の項目は多岐にわたりますが、最も最初に審査する項目が信用情報です。

信用情報とは過去の借入で大きな遅れや債務整理がなかったか、今の借入金の規模と返済状況などが記録されている情報です。

このうち、過去の借入に大きな遅れや債務整理などの金融事故と言われる情報が発見された場合はその時点で審査には通過できません。

それではキャッシングがあるような場合はどうでしょう?キャッシングが数本もある多重債務者の場合はたとえ返済状況に問題がなくても審査に通過するのは難しいでしょう。

また、たとえ1本や2本でも、住宅ローンの審査の際には、消費者金融から借入があるというだけで審査にはマイナスとなります。

返済状況に問題がなくても、住宅ローン実行の条件が、「消費者金融のキャッシングをすべて返済し、借入枠を潰すこと」という条件がついた人もいるようです。

キャッシングがあるからと言って、ブラックになるわけではありません。

しかし、消費者金融からの借入が複数あるような場合は銀行から見ると確実にマイナス材料になってしまいます。

1本でも少なからずマイナスになる可能性が高いです。

これはどのローンでもそうですが、住宅ローンのような高額商品の審査の際に特に厳しく見られてしまいます。

銀行によって審査の基準は異なりますが、住宅ローンの申込の前には返済し、借入枠も潰しておいた方が無難です。

キャッシングで年収の3分の1までしか借入出来ないのは何故か

現在では、消費者金融やカードローンなど貸金業者からのキャッシングをする場合、年収の3分の1を超えて融資を受けることはできません。

これは、2010年に貸金業法の改正に伴い導入された「総量規制」によるもので、それまで収入に見合わない借り入れにより返済が困難となり多重債務に陥るケースが後を絶たず、社会問題となりました。

これを解消するべく。

貸金業法が改正されたのです。

しかし、この総量規制の対象とならない銀行のカードローンであれば、収入を証明する書類を提出せずにお金を借りることが可能です。

もちろん融資の可否は、審査結果次第となりますが、銀行のカードローンとはいえ、その性質は消費者金融でのキャッシングと同じである以上、収入を超えた借りれは多重債務に陥る可能性は十分にあり、利用には相当の注意が求められます。

ここ数年、大手メガバンクによる吸収合併が激化しており、どのキャッシングブランドが総量規制の対象となるのかが分かり辛くなっていますが、レイクの様に「新生銀行カードローン」というフレーズがついたり、「バンクイック」の様に、三菱東京UFJ銀行カードローンというキャッチフレーズが伴うブランド以外のほとんど(例えばプロミスやアコムは少量規制の対象)が対象となっています。

比較的低金利での借入が可能な銀行のカードローンは、その敷居が高いというイメージがありますが、即日融資やインターネットでの申込など、古くから専業として運営してきたキャッシング会社と遜色ないサービスを提供しており、初めてカードローンを利用するという利用者に人気です。

キャッシング審査で嘘の年収を申告しれも借入が可能か

キャッシング(消費者金融)へ融資の申込みをする場合、申込み書類に年収を記入する項目があります。

ここで嘘の申告をしても印さに影響はないのでしょうか。

現在は、消費者金融へ申込みの際には、運転免許証や健康保険証など、身分証明書に加えて収入を証明する書類の提出が義務付けられており、事実上、嘘の年収を申告することができません。

ただし例外として銀行が発行するカードローンの場合は、その申込みの際に収入を証明する書類の提出は必要ありません。

例えば、「即日振込み融資」で人気のレイク(新生銀行カードローン)は、以前は専業の消費者金融でしたが、新生フィナンシャルグループからの吸収合併により、改正貸金業法の要である「総量規制」の対象外となる「銀行カードローン」であるため、原則として本人確認のための身分証の提出だけで融資が受けることができます。

この銀行カードローンを利用することにより、簡単にお金を借りることができますが、収入に見合わず多額の借り入れをして返済が困難になるリスクがあることを忘れてはいけません。

また、銀行のカードローンであろうと、個人信用情報機関へ利用や申込みの事実が登録されるため、住宅ローンやマイカーローンなど、貸金業者以外の金融機関へ融資申し込みをした際、その借入残高や滞納などの金融事故歴などがあると審査に通りにくくなるという可能性もあります。

くれぐれも収入に見合った借入を心がけることが大切です。

住宅ローン申込時にキャッシングの利用を内緒にできるか

家を建てたりマンションを購入する際に、多くの人が利用する「住宅ローン」がありますが、この住宅ローンの審査を受けるにあたって、過去に消費者金融やカードローンでのキャッシングを利用した履歴があると不利になるという話があります。

結論からいうと、その借金が5年以内の利用であれば、まず融資担当者の心証を悪くする可能性が非常に高いでしょう。

住宅ローンを提供する銀行が加盟する個人信用情報機関には、大手のキャッシング会社も加盟していることがほとんどであり、本人を含め家族が消費者金融を利用していると、住宅ローンを組むにあたっては、返済能力の面であまり良い印象を与えません。

また、家族がキャッシングを利用していることが原因で審査に通らないなどの場合もあります。

最近では、銀行カードローンであれば、総量規制の対象とならないため、専業主婦でも収入を証明する書類の提出を必要とせずお金を借りることが可能なため、家族が内緒で作った借金の存在が原因で住宅ローンの審査に通らず、融資を受けられないというケースがあります。

住宅ローンの利息(金利)は、消費者金融と比べて非常に低金利ですが、受ける融資額を考えるとその返済には、確実な返済能力が求められます。

最近のキャッシングやカードローンのサービスは、以前のような、電話や窓口、無人契約機での申込方法しか存在しなかった時代からすると、インターネット申込みでの即日融資が可能となるなど、劇的な発達を遂げており、便利な存在であることは確かですが、将来的に住宅ローンを検討しているという人はこれらのことを考慮しておくべきでしょう。

キャッシングを利用した履歴が個人信用情報機関に残るリスク

キャッシングの利用履歴があると銀行の住宅ローンなど、審査に悪い影響があると思われがちですが、単にキャッシングやカードローンの利用履歴があるだけでは、新規融資の審査に直接影響はありません。

個人信用情報機関には、カードローンや消費者金融の申込みや返済状況、延滞の有無、履歴や債務整理などの記録がされています。

自分のキャッシング利用履歴がどれくらい個人信用情報機関へ登録されているかを調べる方法があります。

それは、各信用情報機関へ本人開示請求をすることです。

これは、債務整理や過払い金返還などを行う場合に、弁護士が代理人として請求するかたちでよく利用される方法です。

個人信用情報機関には、主に消費者金融が加盟するJICC、クレジットカード会社が加盟するCIC、銀行が加盟する「国銀行個人信用情報センター(全銀協)」の3つがあり、例えば金融機関A社は、JICCとCICに加盟、B社は3つ全ての情報機関へ加盟するなど、実際にはひとつの機関だけに加盟しているということはありません。

これらの個人信用情報機関へ登録されている利用履歴には、前述した様に「債務整理の事実のほか、延滞や事故歴」なども含まれているので、これらの情報が登録されていた場合、審査に落ちる可能性は非常に高まるため、カードローンやキャッシングを利用すれば簡単な審査でお金を借りることができるとことは確かですが、収支からみた自身の返済能力はもちろん、利用したいキャッシング会社との契約内容を事前によく確認してから申し込むことが大切です。

キャッシング利用時に記録される信用情報とそのデメリット

「お金を借りて返済が遅れたり、自己破産をするとブラックリストに掲載される」と昔から言われてきましたが、実は、ブラックリストなどというものは存在しません。

カードローンやキャッシング会社などの金融機関へ融資を申込むと、個人信用情報機関と呼ばれる機関へ個人情報が登録されることになります。

登録内容は、他社での借り入れ状況や滞納歴、さらには自己破産などの債務整理をした事実も記録されます。

滞納や債務整理は、金融事故と呼ばれ、この事故歴の有無が記録されることにより、キャッシング会社へ申込みをした際に、各社の判断で融資審査に通過しないなど、これらの事が誤解されてブラックリストとして広まっている様です。

「アコムは情報機関AとBに加盟」「プロミスは情報機関AとCに加盟」といった具合に、各社それぞれ登録する個人信用情報機関が異なります。

キャッシング会社が加盟する機関、クレジットカードなどの信販系が加盟する機関、さらには銀行系が加盟する機関、といった具合に金融機関の性質ごとに、それぞれが加盟する信用情報機関が分かれています。

また、自身の個人信用情報が登録されているかどうかについては、各個人信用情報機関へ窓口請求や郵送などの方法で開示請求することにより確認できるので、過去にカードローンやキャッシング会社と契約があり、新たにローンの審査が通らなかった場合や、「カードローンの審査に通らないなどの問題はないが現在の登録状況が気になる」という場合には、開示請求を行って調べてみるとよいでしょう。

また、これらの個人信用情報機関へは、審査に通らなかった場合でも、申込みするだけ登録され、あまりにも複数のキャッシング会社へ申込みをすると、「利用していないのに審査に落ちる」といった、いわゆる「申込みブラック」となるデメリットもあるので注意が必要です。

クレジットカードやキャッシングは注意して利用しないと怖い

昔から、キャッシングやカードローンは怖いという印象をもつ人も多いかと思います。

利息を伴う借金をすることにより、返済が生活を圧迫するなど、利用方法を誤れば、非常に怖い存在となってしまう危険性があり、その利用には慎重になる必要があります。

収入に見合わない借り入れをし、多重債務に陥る人が後を絶たず、社会問題にもなりました。

その対策として平成22年には貸金業法が改正され、年収の3分の1までしか借入ができなくなりましたが、それでも、総量規制の対象とならない銀行のカードローンは、申込時に収入を証明する書類の提出が必要ないため、その分、利用には注意が必要です。

リボ払いが便利なクレジットカードのキャッシング機能に関しても、同様の注意がもとめられます。

また、最近では、銀行が発行するカードローンの登場により、消費者金融を含む個人向けの融資に対して全体に対するイメージも緩和されました。

また、インターネットの発達により、利用者の専用画面に関するセキュリティに対する心配の声もありますが、IDとパスワードでログインする会員専用画面で扱う個人情報は厳重に管理されているなど、キュリティも強固で安心といえます。

それよりも怖いのは、比較的簡単な審査でスピーディにお金を借りる方法が存在することです。

キャッシングを利用した場合、完済したタイミングで解約することが、不必要な借入を増やさないためにも重要です。

キャッシングやカードローンの契約そのものを解約したい場合は、電話などでその旨を伝えるとよいでしょう。

キャッシングの審査で勤務先に電話連絡はありますか?

初めてキャッシングを申し込む時や複数社に申し込む時に一番心配する事はキャッシング会社からの在籍確認ではないでしょうか。

日本では、お金を借りる事を良く思わない方も多くいるのが現状です。

しかも、自動車や家のローンなどの目的がはっきりしているローンならほとんどの方はプラスに考えますが、フリーローンでは、金遣いが荒いと思う方もなかにはいます。

そのような方が在籍確認の電話に出られたら、のちのちどんな電話なのか、聞かれたくもない事を聞いてくる方もいらっしゃると思いますが、在籍確認の電話は貸金業者の名前を伏せて個人名で在籍確認をしますので安心です。

個人名で電話が来れば、営業の相手先などと言えば通用します。

また、実際に本人が不在で、電話に出れない場合でも、電話に出られた方が、在籍を認めれば在籍確認が取れますので安心です。

在籍確認なしでもお金を貸してくれるところもありますが、相手も商売をしている以上確実に返済してくれるお客様を探しているわけです。

キャッシングを申込む方もお金を貸してほしいから申し込むわけで、お互いの利害が一致したのですから、勤務先を教えて在籍確認をすれば、信頼も増し利用限度額も上がる可能性があります。

現在では、水商売などで働く方などにアリバイ工作の出来る勤務先もありますが、この場合は、貸金業者にばれる可能性もありますので注意が必要です。

水商売をしている方は審査が厳しいかもしれませんが、素直に申告するのでが一番です。

キャッシングで勤務先に連絡なしって出来るの?

キャッシングを新規に申し込む時は、自分の勤務先を報告し審査を受けます。

本当にその会社に勤めているのかどうか、キャッシング会社が在籍確認をしますが、勤務先に電話があると気まずい方もいらっしゃると思います。

在籍確認の電話について不安に思われるでしょうが、勤務先に連絡があった際、本人が出なくても問題ないのです。

電話に出た方が別の人であっても、申込者が在籍しているかどうかがわかれば在籍確認は終わりです。

しかしながらそれでも職場に私用電話がかかって来るのを嫌う方もいらっしゃいます。

そこで、在籍確認しないでキャッシングしてくれる貸金業者をインターネットで調べると出てきます。

ここで気をつけなければならないのは、闇金などで借りてしまうと大変な事になってしまいますので、貸金業者の免許ナンバーに注目する必要があります。

免許ナンバーの所にある()内の数字が大きければ大きいほど長年貸金業者を営んでいる証拠です。

大手でも勤務先に連絡なしでキャッシングしてくれる企業があります。

在籍確認が嫌という方は審査時に在籍が確認できる書類(給与明細や写真付き社員証)などを提出し、審査時に電話連絡をしないように伝えればしない可能性もありますので、確認しましょう。

また過去に滞納や債務整理していない方は伝えて交渉すれば可能になる事もあります。

大手で電話連絡をしなくても済む会社は、アコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)での例があるようです。

大手ではこの2社ですので、最初に申し込みをし、在籍確認の方法を相談すると良いです。

そこでダメでしたら、中小の貸金業者に申し込んだ方が良いです。

キャッシングの借り換えで金利を安くする。

初めてキャッシングした方はピンと来ないかもしれませんが、何社も借入がある方ですと、毎月同じ金額を返済しているのに元本の減りが違うと気になっている方もいらっしゃると思います。

ノンバンクの消費者金融では、最大17.8%の金利が大半ですが、銀行系消費者金融は最大でも、10%前後となっています。

例えば10万円借りた場合ノンバンクでは1日当たり約49円ですが、銀行系では、1日当たり約28円と1日当たり約11円の差が生まれます。

月に直すと約330円も違ってきます。

借り入れた金額が10万円で個の差が生まれますので、100万円借りた方はその10倍になります。

月間3300円も高く払っています。

そこで、ノンバンク系で借入がある方は、銀行系に申込、借入枠を用意した方をお薦めします。

借入枠が出来ましたら、ノンバンク系で借り入れている金利込みの金額を、銀行系消費者金融で借入、そのお金をノンバンク系消費者金融に返済し、銀行系消費者金融1本に出来れば、のちのち楽になります。

しかも、銀行系消費者金融は改正貸金業法での総量規制対象外ですので、年収の1/3以下という縛りが無くなりますので、返済を遅延しないで、真面目に借入をすれば、信頼が生まれ、借入枠が増える可能性があります。

借入では、住宅ローンなどは手数料などがあり金利の1%以上下がらないと損をすると言われますが、キャッシングの場合は、繰り上げ返済しても手数料などは発生しませんので、金利の低い所に申込し、借入枠を作っておくのがベストです。

キャッシングの借り換えにデメリットってあるの?

いいことばかりのように見える借り換えですが、デメリットもあります。

それは返済までの期間が延びてしまう可能性があるという点です。

借り換えは複数の借入金を1本にまとめることです。

もともと借りていたローンの中には期間があと1年などの短期間で終わるものもあることもあります。

借り換えはそのようなローンもすべてまとめて1本にしてしまいます。

そのため、期間の短いローンは期間が延長されてしまうことになり、結果的に利息の負担は大きくなります。

例えば、残金10万円、金利18%、残期間1年のローンのあと1年分の利息負担額は10,016円です。

しかしこのローンを他キャッシングとのおまとめを行うことによって、金利10%、期間が7年に伸びてしまったとすると、10万円部分だけの利息の負担額は39,440円にも上ります。

なんと借り換えを行い、期間が延びたことによって、利息の負担は4倍近くになってしまいました。

このようにおまとめは、確かに複数のキャッシングの返済を1本にまとめるため、毎月の返済額を減らすことはできます。

しかし、まとめるキャッシングの中には期限が大幅に延長となってしまうものもあります。

そのような借入部分に対しては、期限が伸びた分、利息の負担も増えてしまうことになります。

借り換えにはこのようなデメリットもありますので、トータルで見て得か損かを考えたうえで検討する必要があります。

毎月返済額が減ったからと言ってもトータルの負担が増えることも十分に考えられます。

キャッシングの借り換えの審査って厳しいの?

消費者金融のキャッシングを銀行で借り換える場合の審査は厳しいのでしょうか?

基本的には、何にお金を使うのかは関係なく、銀行のカードローンの審査の基準は同じです。

銀行のカードローン審査で最も重い比重を占めるのが、信用情報です。

信用情報とは、

①過去の借入の返済で大きな遅れがなかったか

②過去に債務整理などを行っていないか

③今の借入金の規模と返済状況についての過去10年以内程度の情報が記録されているものです。

銀行の審査の場合、①と②が信用情報の照会で発見された場合は審査にはほぼ間違いなく通過しません。

③に関しては今の借入が収入に対して過大でなく、返済状況に遅れがないような場合は、審査に通過する可能性が高くなります。

ただ、借入金額の大小以前に4本以上の借金がある人を多重債務者と呼びますが、多重債務者の場合は審査に通過することは難しくなるようです。

おまとめの借り換えを検討している方は借入金が3本以内の時におまとめの申込を行うようにしましょう。

また、消費者金融でもおまとめのための借り換えを行うことができます。

消費者金融では年収の3分の1を超える借入を行うことはできませんが、借り換えは消費者にメリットがある借入であるため、総量規制の対象にはなりません。

消費者金融での借り換えは消費者金融からの借入だけしか行うことができないため注意が必要です。

また、消費者金融の借り換えは借り換えにしかお金を使うことはできません。

キャッシングの借り換えは銀行カードローンで?

消費者金融のキャッシングは金利が18%程度というのが相場です。

金利が高いうえに、消費者金融は少ない金額しか融資を行わないのが基本です。

そのため、借入本数が何本にもなっている人も少なくないのではないでしょうか?

借入本数が多いと、毎月の返済額の負担を増えていきます。

そのような際に有効なのが、おまとめです。

おまとめとは、複数のローンを1本のローンにまとめることで返済額を低くすることができるというものです。

例えば3本のキャッシングがあり、借入金額の合計が100万円、毎月返済額の合計が20,000円というような場合、銀行のカードローンで借り換えを行うと、銀行カードローンの場合100万円の借入の返済額は15,000円程度です。

複数のローンを1本にまとめると毎月返済額が低くなります。

また、銀行のローンの金利は消費者金融ほど高金利ではないため、利息の負担額も低くおさえることができます。

また、消費者金融は貸金業法という法律で年収の3分の1を超える借入を行うことは禁止されています。

これを総量規制と言います。

年収300万円の人が100万円消費者金融でお金を借りた場合、これ以上の借入はできませんが、その金額を銀行で借り換えたとすると、銀行は総量規制の対象ではないため、新たに消費者金融から100万円借りることができる枠をつくることができます。

一般的に4本以上のローンがある人を多重債務者と呼び、多重債務者はローンの審査に通過することは難しいですが、おまとめを行うことにより、多重債務から解放されることになります。

夫に嘘ついてキャッシング

結婚している方なら1回は配偶者に嘘をついたことがあると思います。

小さなウソから大きな嘘まで色々あると思いますが、なかでも、お金に絡む嘘はギクシャクしてしまいます。

家庭を守る奥様が夫に内緒でキャッシングしてしまうケースもあると思います。

法律が改正され貸金業法では、専業主婦がキャッシングすることが、かなり限定的になってしまっています。

その中で、夫に内緒でキャッシングする方法は、クレジットカードやアコムなどのキャッシング会社ですと、総量規制で年収の1/3以下しか借りれませんので他社で借りてしまえばそれ以上借りれない可能性が高くなります。

しかしながら、銀行のローンであれば、総量規制の対象外になりますので、年収の1/3以下は関係なく審査に通れば貸してくれます。

他の方法は、配偶者貸付という制度です。

行っている貸金業者はまだ少ないですが、妻が専業主婦の場合、夫が安定収入があれば、収入の合算で審査をするので、専業主婦でも借りれます。

書類提出で夫にばれる可能性もあるので注意が必要です。

銀行ローンは専業主婦でも申し込める会社が多いので、銀行ローンでキャッシングを申し込んだ方が得策です。

銀行ローンの場合も配偶者貸付とほぼ同じ内容で、夫に安定収入があって審査が通れば貸してくれます。

銀行ローンの場合金利面も魅力なので第一に考えた方が良いです。

正社員ならほとんどの貸金業者が貸してくれますが、現在では、パートなどの主婦でも貸してくれる貸金業者も増えてきています。

しかしながら、むやみに申し込むと審査が通らない可能性がありますので注意しましょう。

なぜなら、貸金業者間で情報がありますので、何社も一気に申し込むと審査は通らなくなる可能性があります。

夫がパチンコでキャッシング

夫が妻に内緒でギャンブルしている家庭は多いと思います。

その中で奥様に内緒でキャッシングをしてしまう夫もいると思います。

奥様に内緒でキャッシングすることも可能です。

キャッシングが奥様にばれたら大変にある家庭も多いと思いますが、奥様にばれずに保証人や担保がなくても貸してくれる貸金業者がほとんどです。

貸金業者では即日融資してくれるところも多くなっています。

家庭に手紙や電話が行く事も無いので奥様にバレることなくキャッシング出来ます。

パチンコ屋の隣にキャッシング会社の無人機がある所もありますし、今ではコンビニでもキャッシング出来ます。

パチンコで負けても即座にキャッシング出来ますので簡単にキャッシング出来ます。

キャッシングしてパチンコして勝てば返済に回すことが出来ますが、借りたお金で勝つことは確率的には非常に低い事です。

ただでさえ勝つことは難しいですし、借りたお金でパチンコを行うとプレッシャーが非常にかかるため勝つことはは自分のお金でやる以上に難しいです。

ましてや、運良く勝ったとしても、人間の欲で返済というよりも違う使い道に行ってしまいます。

その勝ったお金で奥様にプレゼントなんか買っていくものなら奥様にばれてしまうのでご注意が必要です。

はっきり言えることは奥様に内緒でキャッシングをしないことや、キャッシングしてパチンコなどのギャンブルしないことをお薦めします。

キャッシングしてパチンコやると勝つ確率が非常に低くなりますのでお金がない時はキャッシングを我慢するか、パチンコを我慢することをお薦めします。

キャッシングの利用を夫に内緒にできるか?

主婦が夫に内緒でキャッシングやカードローンを利用するケースはよくあります。

特に、専業主婦の方は自分自身の収入がないため、「お金が必要だけど、旦那にバレずに内緒で借金したい」という声をよく聞きます。

2010年以降、貸金業法が改正されて「貸金業者は、利用者の年収の、3分の1までしか貸出しができない」という「総量規制」が導入されています。

そのため、現在では、収入を持たない主婦が消費者金融で借入をすることが非常に難しくなっています。

実際に、審査の際には「収入を証明するための書類」の提出が必要となります。

この貸金業法が改正された背景には、主婦など収入の不安定な人が、その返済能力を超えた融資を受けることにより多重債務や自己破産に陥るケースが増え、社会問題にもなったという事があります。

そのため、「多重債務者をこれ以上増やさない」という趣旨で施行されていますが、それでも借りたいという実情があるのは確かで、生活苦に陥るという事例もあります。

しかし、主婦でも収入を証明する書類提出を必要とせずに借入れする方法があります。

それは「銀行のカードローン」です。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」やみずほ銀行のカードローンなどがこれにあたります。

銀行が発行するカードローンは総量規制の対象外となるため、夫に内緒でお金を借りたいという主婦に人気です。

もちろん、主婦であっても、パートなどの収入があれば、銀行のカードローンではない消費者金融系のキャッシング会社など総量規制の対象であっても年収の3分の1までは借入することが可能です。

キャッシングの借入金を一括返済して金利を減らす

最近のキャッシングは、インターネット申込みの進歩により審査もスピーディになり、以前と比べてサービスも充実し、非常に申込みしやすくなりました。

カードローンや消費者金融でキャッシングしたお金には金利がかかります。

この金利(利息)をなるべく最小限に抑えるには、繰上げ返済や一括返済がポイントとなります。

キャッシングなどの返済方法は、毎月一定の金額を返済する方法が一般的で、借入している元金に対して決められた利息×日数分の計算で金利が発生します。

最近では銀行カードローンなど、金利の低いキャッシングも増えてきましたが、大抵のキャッシングに採用されている3年や5年という返済期間を考えると、金利は決して軽視できるものではありません。

また、返済方法に、利用金額がいくらであろうと、一定の金額を返済すればよいという「リボ払い」を採用しているクレジットカードなどは特に元金の充当額がいくらなのかを常に意識しておかなければ、「いつまで経っても借入れ元金が減らない」という状況に陥ってしまいます。

これらはクレジットカードだけではなく、アコムやプロミスなど、大手カードローンにも同様のことが言えます。

大手キャッシングのほとんどは一括返済が可能ですが、ATMを利用して一括返済をしたい場合には、小銭のおつりが受け取れないなどの問題があるので、おつりを受け取って清算する場合は、事前連絡のうえ窓口で手続きを行った方がスムーズに完済することができます。

キャッシングで一括返済した場合の利息はどうなる?

キャッシングやカードローンで借りていたお金を一括で返済した場合、利息はどうなるのでしょうか。

金利(利息)は、原則として利用した日数に対して付くので、借りていた日数分しか利息は発生しません。

一括返済をする場合は、多くのATMでは小銭のおつりが出ないため、ATMではなく窓口などで返済する必要があります。

また、一括返済でなくても、「今月は余裕があるので多めに返済しよう」と、通常の返済金額より多めに返済することを「繰り上げ返済」と呼びます。

この場合、通常支払う金額のなかに利息は既に含まれているので、余分に返済した分の金額はすべて元金に充当され、完済がより早くなります。

通常の返済期間よりも早く完済するためにも、「毎月余分にこれだけ返済したらどれくらい元金に充てられる計算になるか」などを意識しておくことが重要です。

ただし、繰り上げ返済ができない契約のキャッシングやクレジットカードも一部ありますので、審査申込みする際によく確認しておく必要があります。

クレジットカードを利用していて、リボ払いで返済している場合は、繰り上げ返済が可能なサービスがあります。

いくら借りても毎月一定の金額を返済すればよい、このリボ払いは、消費者金融や銀行のカードローンなどの返済方法ではあまり採用されませんが、クレジットカードでは一般的な返済方法です。

また、リボ払いは、元金にいくら充当されているかなど、よく確認しておかなければ、「支払い金額のほとんどが利息」ということもありますので、注意しましょう。

アコムのマスターカードでキャッシングを便利にする方法

アコムは通常のキャッシングのほか、ACマスターカードという、MasterCardブランドのクレジットカードを提供しています。

このように消費者金融がマスターカードと提携する事例は、世界でもアコムがはじめてのケースです。

アコムは、キャッシング事業で培った審査ノウハウがあり、これがクレジットカードの審査にも活用され、即日審査で融資が可能であるなど、カード発行に対しても非常にスピーディな審査を実現しています。

銀行カードローンの登場により、以前よりはキャッシング会社の利用に抵抗のある人が少なくなりましたが、まだまだクレジットカードの方が敷居が低い印象があります。

そもそも消費者金融の利用は、「信用情報機関に情報が残りそうで抵抗があるが、クレジットカードならショッピングにも利用出来るし持っていたい」という人も多く、返済方法もリボ払いという便利な方法があり、さらにはキャッシング機能もついていることから、このACマスターカードは隠れた人気があります。

金利も最高で14.6%と比較的低い設定になっており、気軽に持てるクレジットカードであると言えるでしょう。

クレジットカードには年会費がかかるケースがありますが、ACマスターカードは入会金が無料なのはもちろん、年会費も永久にかかりません。

また、気になるカードデザインも、「アコム」だと分からない様に、「MasterCard」の表記しかない、非常にシンプルなものになっており、こちらも人気の理由です。

アコムはコンビニでキャッシングが可能か?

誰もが知る大手キャッシングのアコムは、スピーディな審査により、時間がない場合など、急ぎで融資が必要な場合にも、即日借入も可能(申込み時間など条件があります)です。

アコムをはじめ、キャッシングを利用するにあたって、提携するコンビニのATMを利用する方法があります。

最近では、多くのコンビニや銀行ATMがカードローンやキャッシングにも対応しており、特に返済方法として、手数料も無料で便利なコンビニATMがよく利用されていますが、お金を借りる場面、つまり借入れをする場合に関してはどうでしょうか。

借入をするには、まず申込みをしたうえで審査をクリアし、契約を完了していることが条件となります。

しかも、コンビニATMの利用手数料が無料なので、すぐに返済するのであれば、銀行の口座からお金をおろすよりもお得な計算となり、これを上手く活用している人もいます。

初回の借り入れにつき、30日間無利息というサービスを提供しているので、短期間の借入を検討している方に適しています。

また、アコムは、ACマスターカードという、消費者金融としては、世界で初のマスターカードもあります。

ACマスターカードも、キャッシングのアコムと同じく、即日審査にも対応しており、年会費や入会金も無料で、キャッシング枠の限度額も最高300万円と大きく使え、クレジットカードのなかでも利便性が高いほうであるといえます。

このACマスターカードの利用にも、コンビニATMが利用可能です。

キャッシングの老舗アコムの特徴

カードローンやキャッシング会社の名前といえば、はじめに何を想像するでしょうか。

おそらく「アコム」と答える人や「若い頃、アコムでよくお金を借りた」という人は、意外に多いかと思います。

アコムは「むじんくん」という自動契約機を全国に設置し、業界では先駆者的な存在として、誰もが知るキャッシング会社として、プロミスやレイクなどと並んで多くの人に利用されてきました。

ここでは、消費者金融として老舗のアコムについて、その特徴やサービスを説明したいと思います。

アコムの公式ホームページでは、「借入3秒診断」という自動シミューレーション画面があり、簡単な情報を入力することにより、審査を受ける前に、コンピュータが自動で融資可能かをあらかじめ目安として表示します。

これにより、以前は多くの申込み情報を記入する必要があったのに対し、非常に簡素な情報入力のみで「自分は借入が可能かどうか」を、ある程度簡単に予想できる様になりました。

そして、以前は期間限定のキャンペーンであった「30日間金利0円サービス」が、現在は固定サービスとなっています。

こうしてアコムも、無利息サービスを提供するキャッシングとして、プロミスやレイクなどと並ぶことになりました。

返済方法に関しても、コンビニや銀行など、非常に多くのATMと提携しており、返済場所に困るということはほぼありません。

もちろん、アコム独自のスピーディな審査により、申込み時間に条件があるものの、「急な出費で即日借入したい」という場合にも対応しています。

65歳以上でもキャッシングが可能か

65歳になると「カードローンやキャッシングなど、金融機関の審査に通らなくなる」と言われています。

キャッシングの申込み条件には各社それぞれの年齢制限があり、多くの消費者金融は、「65歳以上の人はもう働いていないことが多く、おそらく安定した収入もないだろうから、融資をしても返済能力がないので、審査をするまでもない」などの理由から、申込みにあたって年齢を制限をしています。

一般的に、挙げている利用条件としてもっとも多いのが、「20歳以上、65歳未満(または以下)の安定した収入のある方」となっています。

このように65歳を境い目にしているケースが多く、この、65歳未満(または以下)という年齢上限には各社バラつきがありますが、銀行カードローンに関しては、65歳を上限としているところが多いようです。

一方、大手キャッシングとして有名な、プロミス、アコム、アイフル、モビットなどでは、年齢上限が69歳以下となっていますが、年金のみの収入しかない場合は対象外となりますので、注意が必要です。

どうしても65歳以上の方がお金を借りたいという場合は、各社の利用条件が掲載されたサイトなどで情報を確認してみるとよいでしょう。

また、大手のカードローン、キャッシング会社では、顧客サービスの一環として、利用者や申込みを検討している人からの様々な質問に回答するコールセンターを設けています。

「自分は○○歳で、収入はこんな状況だが、申込みは可能か?」などと相談してみることをお勧めします。

キャッシングで30日間無利息のサービスを受ける方法

キャッシングでお金を借りることは、利息が高いという印象があります。

事実、多くのカードローンや消費者金融が示す金利は決して低いものではありません。

法定利息の18%ギリギリとなる設定が多く、銀行カードローンであれば若干低めの利率であることが多いようですが、審査のハードルや返済額などを考えると、まだまだ高利息と言わざるを得ません。

例えば、50万円を1か月借入れした場合、その利息は(年率18%の場合)、7,500にもなります。

重要なのは、これが利息のみという点です。この様に、決して安くはない借入れ利息は、なるべく最小限に抑えたいものです。

そこで多くの人が利用している金利を限りなくゼロに近付ける方法が、プロミスや新生銀行のレイクなどに代表される、一定期間無利息サービスです。

初回の契約者に限り、融資を受けてから30日間は金利がかからないというもので、短期間の利用を考えている場合は、非常にお得なサービスです。

この30日間無利息(レイクでは「5万円までの融資なら180日間無利息」と、「利用額関係なく30日間無利息」からも選択可能です)を利用することにより、短期間での利用の場合、無利息期間内に全額を返済すれば、利息ゼロでお金を借りることが可能となります。

ただし、プロミスで30日無利息の特典を受けるには、「新規契約の方であることと、eメールアドレスを登録し、Web明細を利用すること」が条件となり、注意が必要です。レイクにも同様に、初回契約時のみという条件があります。

キャッシングへの申込みは母子家庭でも可能か

キャッシングの利用を検討する人のなかでよくある不安として、「母子家庭では申込みができないのでは」というものがあります。

結論からいうと、母子家庭というだけで審査に落ちるということはありません。

多くの審査は収入と希望額のバランスによって成り立ちますので、決して母子家庭であることそのものが審査落ちの理由はなり得ません。

最近では、シングルマザー家庭も増えており、女性一人で育児をしながら生活するということは、収入の面でも非常に厳しいものがあり、こうした母子家庭のシングルマザーとして頑張る女性の多くは、「できればアコムやプロミスなどの消費者金融でお金を借りたい」と思う場面が頻繁にあります。

しかし金利が低いことで人気の銀行カードローンは、「利用したくても審査や返済の面で不安がある」という声や、「即日で融資を受けられるのか」、「まとまった資金の融資が必要なのに、希望額を借りられない」といった声もあります。

そもそも「借金をして返済はどのように計画すればよいのか、その方法が分からない」といった根本的な問題もあります。

そこでお勧めしたいのが、女性専用のレディースローンです。

有名なところでは、「レディースレイク」や「プロミスのレディースキャッシング」など、大手のカードローンは女性オペレータが対応する専用窓口を設けており、返済方法や、「私でも借りられるの」などの相談にも対応しているので、こうした女性ならではの不安や悩みがある場合、活用しない手はありません。

意外と知らないキャッシング機能の便利な使い方

キャッシングやカードローンに抵抗のある方でも、クレジットカードを利用しているという人は多いのではないでしょうか。

クレジットカードであれば、利用する度にポイントが貯まるうえ、支払いに関しても、ローン返済の様な感覚で抵抗感も少ないという人も多いでしょう。

クレジットカードは、リゾート地の優待や、飲食店のクーポンなど、固有の特典やサービスなども魅力です。

銀行のカードローンやクレジットカードは、個人向けに融資を行う金融機関のなかでも馴染みがあり、借金をしているという感覚が薄く、多くの人が日常的に利用しています。

また、最近では多くのキャッシング会社が、大手メガバンクの資本参加に入り、銀行カードローンと消費者金融の垣根が曖昧になりつつあります。

そして審査のスピードも以前の平均よりも劇的に早くなり、気軽に申し込むことが可能になりました。

それでも消費者金融をはじめとするキャッシングには抵抗があり、「クレジットカードだけを所持していたい」という人が多いのも事実です。

実は、クレジットカードには、海外旅行に行った場合、便利な使い方があります。

旅行中に外貨が無くなっても、クレジットカードのキャッシング機能を利用して、契約した金額の範囲内であれば、対応するATMを使用した外貨キャッシング機能でお金を借りることが可能なのです。

こうしたキャッシング機能は、カードローンにもついている場合がありますので、クレジットカードをもっていない方も海外旅行の際は、現地のATM情報などを調べておくとよいでしょう。

キャッシングは住基カードでもできるのか?

キャッシングの申込時に身分証の提示は、どの企業でも求められます。

公的な身分証である住基カード(住民基本台帳カード)ですが、住基カードは認められる会社と認められない会社があります。

基本的には銀行系消費者金融では使用出来る場合が多いですが、ノンバンク系の中小金融機関では使えない場合もあることを覚えておきましょう。

使える貸金業者の一例は、アイフルやノーローン、みずほ銀行、スルガ銀行などです。

逆に住基カードが身分証として認められない業者は、アコムやモビット、銀行系ではバンクイックなどがありますが、申込時に各社に確認して下さい。

住基カードは偽造がしやすいため認めていない会社もありますが、キャッシング会社によっては相談すれば認めてもらえることもあるようです。

都市部に住んでいる人は運転免許証を持たない人も多いです。

免許証の無い方の身分証は社員証など限られたものしかありません。

社員証などが無い方もいますので、住基カードを作った方も多いはずです。

今後は廃止や回収される可能性が高いですが、住基カードをお持ちでキャッシングを希望される方は、各社の判断になりますので、申込時に確認が必要です。

住基カードでの審査は、写真付きのカードで住所も現住所に限られます。

今後はマイナンバーの写真付きがどのような扱いになるかは住基カードと同様、各社の判断になると思います。

現在住基カードを持っている方や運転免許証が無い方は、写真付きのマイナンバーカードを作っておくと便利になると言えるでしょう。

キャッシングの在籍確認 派遣社員はどうなるの?

近年、アルバイトやフリーターでも貸してくれる金融業者も増えていますが、派遣社員でも貸してくれる業者もあります。

安定した収入があれば派遣社員でもお金を貸してくれます。

貸金業者の審査の中で、もっともまわりに気を配るのが在籍確認ではないでしょうか?

働いている企業に電話が来るのですから、普段外からの電話が無い方なら同僚などから、どこからなど聞かれる場合もあります。

絶対に会社の人にバレたくない人は、在籍確認なしで借入できるキャッシングはないか?

と考えるかも知れません。

ですが在籍確認は、基本的にはどの貸金業者もします。

とはいえ、借り手に配慮して行われますから安心してください。

在籍確認の流れを説明しましょう。

どの会社も電話を掛けてきた場合は、貸金業者の企業名を出さないで、個人名でかけてきます。

その電話に出れた場合、氏名や生年月日などを聞かれて簡単に終わります。

もしも電話に出れない場合でも、電話に出た方が、「います」というだけで在籍確認が終わります。

しかしながら、派遣社員は派遣元にいないで、派遣先にいるのが基本ですから、申し込む先には、派遣元の情報を申し込めば良いのです。

しかしながら、派遣元に電話があれば申込者が出れないのは当然で、派遣元の従業員が出ます。

そうすると申込者に連絡が行き、不信感が生まれる可能性もあります。

そんなときには、電話での在籍確認をしない方法もあります。

社員証や給与明細など企業に勤めている証拠を提出すれば問題ありません。

銀行系のキャッシングのメリットは?

銀行系のキャッシングのメリットは色々ありますが、最も注目すべき点は金利です。

キャッシングの金利は、消費者金融やクレジットカード系の金利は10%以上などの上限金利ギリギリの設定になっている所が多いですが、銀行系では、大半が高くても11%前後で低い所では、優遇金利なども含めると3%台の所もあります。

3%台という事は、自動車ローンや不動産ローンなどの金利とも互角の設定になっています。

車を借りる時は自動車ローンだと思っている人は、銀行系のフリーローンも選択肢に入れても良いです。

銀行系ですと審査が厳しいと思う方もいますが、他社借入などの少ない方や新規に借入を考えている方にはおすすめです。

例えば、10万円借りた場合、単純計算ですが、消費者金融では金利15%として、年間1万5千円金利分返済しなければなりませんが、銀行系では、金利5%と計算した場合、年間で5千円の金利分の返済になります。

金利の数%は小さな差に感じられるかもしれませんが、借入金額がもっと高く100万円の場合は、年間で10万円も違ってきます。

10万円借りた場合、毎月の返済金額が同じ1万円の場合でも金利分がありますので、元本の減り具合が変わってきます。

消費者金融では毎月元本で約8千円の返済になりますが、銀行系では、毎月元本で約9千円の返済になりますので、借入期間も短くより多くの返済額で返せます。

インターネット系銀行の方が、金利が安くおすすめです。

楽天銀行スーパーローンは300万円まで収入証明書の提出が不要で、金利は4.9%~14.5%となっています。

キャッシングのユニーファイナンスってどんな会社?

ユニーファイナンスは、愛知県名古屋市に本社を置く小さな貸金業者です。

もともと不動産業からスタートしており40年の歴史ある会社です。

貸金業者としては中小企業ですが、安定企業として、名古屋市に有人店舗が1店舗あり、愛知県や三重県に無人機を9機設置しています。

ユニーファイナンスでは無担保ローンを行っているのはもちろんのこと、不動産担保ローンや事業者ローンも展開しています。

貸金業者を取り巻く環境は決して良くない時代になっており、多くの貸金業者が過払い金で他社が苦しんでいましたが、ユニーファイナンスでは拡大路線を取らずに地盤固めをしていますので、他社ほど影響が強くなかったです。

有人・無人機は愛知県と三重県しかないのですが、インターネットで全国何処からでも審査が受けられます。

振込キャッシングに対応しており、大手貸金業者のプロミスと提携していますので、近くのプロミスの機械で返済や借入が出来ます。

そのおかげで全国からのお客様も獲得しています。

限度額は300万まで、金利は12%~17.95%と銀行系に比べるとやや高めで、インターネットで調べると審査が緩いようなイメージを持ちますが、実際は大手並みの審査基準で融資を行っています。

アルバイトやパートでは審査に通りにくいですが、主婦(主夫)でも審査を通る可能性があります。

条件としては、配偶者の同意が必要です。

担保や保証人は原則不要となっています。

申込みは店頭、電話、FAX、インターネットで可能です。

必要書類は身分証明書(健康保険証や免許証)、収入証明書が必要になります。

キャッシングは郵便局でも出来る?郵貯銀行でお金を借りる?

郵便局でキャッシングと聞くと郵貯銀行でお金を借りると思うかも知れませんが、ATMで提携している信販会社や金融会社のローンカードで、キャッシングが出来ると考えてください。

一部のローン会社では返済も郵便局のATMで出来る場合もありますので、借りている会社に問い合わせると良いです。

そして実は、郵貯銀行でもお金を借りれます。


ただし郵貯銀行がお金を貸すわけではなく、スルガ銀行と提携して、申込や審査・貸付などを行います。

郵便局のATMは全国のどんな山奥でも集落に1個くらいはあるので、とても便利です。

郵便局のフリーローンやカードローンなどの貸付を受け付ける窓口も設置されています。

まだまだ数は少なく、大都市圏では複数ありますが、地方に行くと1県に1か所というのが現状ですが、これから増える可能性もあります。

窓口が遠い方は、インターネットや電話・郵送でも申し込み可能です。

キャッシングとは少し意味合いが違いますが、郵便局に口座があり、財形貯蓄や、預金を担保に貸し付けも行っています。

一般の銀行の定期預金の貸付のようなものですが、カードローンなどよりも金利が格段に低いのが特徴です。

もしも、財形や貯金があれば、カードローンなどに申し込まずに、貸付した方が返済が間に合わない時でも、財形や貯金を解約すれば返済金に回りますので、安心できます。

郵便局でのキャッシングの審査基準は、新規参入のため、厳しいや甘いなど現状ではわからないですが、スルガ銀行が提携していますので、金利が低い点が特徴です。

スルガ銀行は、低金利で拡大していますので注目です。

その他のポイントとしては、郵便局のATMや提携ATMで利用可能ですのでとても便利なキャッシングだと言えます。

キャッシング申込みを夜中にする際の注意点

大手キャッシング会社の多くは、全盛期と比較して店舗数を大幅に縮小しており、以前は国道沿いに多くあった消費者金融会社の看板や自動契約機ブースを見かけることも少なくなりました。

しかし現在は、各社ともにインターネットでの集客に力を入れており、決して申込みを受ける機能まで縮小した訳ではありません。

夜中にキャッシングの申込みをした場合の取り扱いについて説明します。

結論からすると、夜中に審査を受けることはほぼ無理と言えるでしょう。

カードローンやキャッシング会社は、融資審査の際に個人信用情報機関への問合せをしますが、信用情報機関が営業してる時間の関係上、夜中では情報の照会ができず、審査が十分にできないためです。

また、夜中に申込みをすると職場への在籍確認電話が難しいということも理由の一つとしてあげられます。

あくまで日中に審査を済ませておいて夜中にカードを受け取るという場合は問題ありませんが、夜中にお金が必要になり、即日で利用したいというケースでは難しいでしょう。

夜中でも思いついたタイミングでキャッシングを利用する方法としては、楽天カードのキャッシング機能を利用する方法があります。

楽天カードのキャッシング機能であれば、24時間いつでも口座への振込み融資が可能で、コンビニATMで、借入や返済がいつでもできます。

ただし、やはりこの方法も、事前に楽天カードに申し込んでおくといった事前の手続きが前提となります。

キャッシング申し込みに必要な書類って?

キャッシングやカードローンを初めて利用する方は、申込の際には何が必要なのかが分かりにくいかと思います。

審査に必要な書類としては、収入を証明する書類や、運転免許証やなどの本人確認書類があれば十分です。

収入を証明する書類に関しては、総量規制の関係上、キャッシング会社は申込者本人の年収の3分の1を超えて貸出しすることができないため、提出が必要となる場合があります。

銀行のカードローンであれば、この総量規制の対象とならないため、収入証明書の提出は義務付けられず、申込の際に必要な書類は身分証明書のみとなるケースが多くなっているようです。

また、本人確認書類(身分証明証など)の提出が審査のスピードに影響することがあるので、最近では、FAXだけではなく、スマートフォンのカメラで撮影してすぐに提出するための専用アプリを提供するサービスも充実させているキャッシング会社もあります。

最近ではインターネットでの申し込みが主流ですが、もちろん、郵送やFAXなど従来の申込方法も用意されているので、スマートフォンを利用した方法以外でも提出は可能です。

キャッシング会社に限らず、金融機関でお金を借りる際には、審査のうえで個人情報を提供することは必然であり、収入を証明する書類の提出も求められるのが通常です。

インターネットでの申込みやコンビニでの返済ができるなど、キャッシングに関するサービスが充実して本当に便利な時代となりましたが、「ご利用は計画的に」とのキャッチフレーズにもある様に、計画性のある利用が求められます。

複数社でキャッシングしていると申し込み時に不利になる?

キャッシングに申込むときに複数の会社で借入れがあると、審査に不利になるという噂があります。

果てしてこの噂は本当なのでしょうか?

■複数の借入れがあると審査上不利になる?

この噂は本当です。

まず、複数の借入れがあるということは「多重債務者」であるということを意味します。

なぜ多重債務者が審査上不利になるのかというと、返済実績があまりないと見なされてしまうためです。

カードローンは基本的に最初は高額の融資をしてくれません。

限度額を増やすには、返済実績を積み上げる必要があるんですね。

複数社で借りているということは、返済実績がないため、限度額を増枠してもらえず、複数社で借りざるを得ないと見なされてしまうのです。

審査において返済実績は重要な項目となりますので、返済実績が少ないと見なされると審査上不利になります。

その他にも、借入れ件数が多いと「この人はよっぽどお金に困っているのかも?ちゃんと返してくれるのだろうか」と思われてしまうため、やはり悪い印象を与えてしまいます。

■どのくらいの借入れ件数があると危険か?

これについては各社によって審査基準が違いますし、審査については完全ブラックボックスですので一概には言えません。

ですが、「借入れ件数が4件を超えると危険」と言われています。

ですので4件くらいが限界と思っておけばいいでしょう。

これ以上を超えると審査に通りずらくなりますので注意してください。

また、借入れ件数が多くなるほど金利が高くなってしまいますし、返済日等の管理も非常に大変になりますのでおすすめできません。

キャッシングのメリット・デメリット~利用前に知っておきたい基礎知識

キャッシングにはどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?

この記事では、キャッシングの良いところと悪いところをまとめています。

ご利用前に参考にしてみてください。

■キャッシングのメリット

キャッシングのメリットはその手軽さでしょう。

申し込みから審査~融資まで、早ければ1時間以内に済むこともあります。

審査に通った後はネットからすぐに借入れできますし、対応のATMでも、銀行でお金を降ろすように借りることができます。

そのため、「急にまとまった現金が必要になった!」といった場合など、お金のピンチに非常に役に立ちます。

たとえばプロミスの即日キャッシングなどを利用すれば、申し込みから数時間後には手元に現金を借り入れることも可能となります。

金利に関しても日割りとなっているため、借りてすぐに返済すれば、思ったよりも少なくなります。

無利息キャンペーンを実施している会社も多いので、利息0円での借入れも可能です。

■キャッシングのデメリット

一方、デメリットとしては金利が高いことです。

消費者金融のカードローンでのキャッシングは銀行等のローンと比べて審査を緩めにしている代わり、金利が高くなりがちです。

さらにクレジットカードとは違い、基本的に「一括返済」でも金利がつきます。

また、簡単にお金を借りられるようになっているが故、「気がついたら借金が雪ダルマ式に増えていた」なんてこともあります。

■まとめ

キャッシングは短時間で借入れできて便利ですが、金利がつくため、借りた額以上のお金を返済しなければいけません。

また、銀行でお金を降ろすように借りれてしまうが故、借りすぎてしまう可能性もあります。

借りすぎを防ぐためには借りる目的をはっきりさせ、返済できる範囲で利用するようにしましょう。

上記の点に気をつけて、上手に利用していけば便利なサービスになりますよ。

名義貸しは絶対するな!多額の借金を抱えてしまう可能性も

名義貸しは絶対するな!

多額の借金を抱えてしまう可能性も「知人からキャッシングの名義貸しを頼まれた。断るのも悪い気がするし・・・・・・・」もし、このように思っているなら絶対に断ってください。

ローン会社は名義貸しについて利用規約で禁止していますし、様々なトラブルの元にもなります。

実際に名義貸しを行ったことで、多額の借金を抱えてしまった人も多くいるのです。

■そもそも名義貸しとは「名義貸し」とは、他人に代わってキャッシングやローンの契約を行うことです。

契約は自分の名義で済まても、カードを他人に渡せばお金を借りることが可能です。

名義貸しを頼む人は、自分の名義では審査に通らない可能性が高いため、他人に契約してもらうしか方法がないんですね。

名義貸し自体は違法ではありませんが、キャッシング会社は禁止しています。

そのため、発覚した時点で契約を解消される可能性があります。

■なぜ名義貸しがいけないのか?

名義貸しはあなたの名前で契約したのですから、すべての責任はあなたのものになってしまいます。

そもそも、名義貸しを頼む人はなんらかの事情があって、審査に通ることができない人ですよね。

キャッシングの審査に落ちる理由は安定した収入がない、過去にローン等でトラブルを起こした、などの返済能力を疑われた場合がほとんどです。

そのような人がきっちりと返済してくれるとは限りません。

「お金だけ持って姿を消してしまった」なんてことはよくある話です。

仮にそうした自体になった場合、あなたが返済していかなくてはいけません。

いくら自分が借りたわけではないと言っても、契約上はあなたが借りたことになっていますので、すべての借金を背負わされてしまうのです。

ですから、名義貸しを頼まれても絶対に断るようにしてください。

キャッシングの無人契約機ってどんな感じ?24時間使えるの?

大手のキャッシング会社であれば、大抵の場合、店舗に「無人契約機」を設置しています。

無人契約機はその名の通り、機械によって契約をおこなうものですが、「どのような感じなのだろうか?」と気になっている方もいるでしょう。

そこで無人契約機での契約方法をかんたんにまとめてみました。

■無人契約機での契約はどのように行われるのか?

無人契約機での契約はまず、画面の指示に従いながらタッチパネルを押していき、必要な記入事項を入力していくことから始まります。

後は審査がおこなわれますので、結果を待つだけです。

審査に通ったら、その場でキャッシュカードが発行されますので、すぐに借入れを行うことができます。

詳細な部分はキャッシング会社によって違いますが、基本的にはこのような流れになっています。

補足として、たまに無人契約機とATMと勘違いしてしまう方がいますが、無人契約機ではお金を借りることはできませんので注意してください。

お金を借りたい場合はATMを利用する必要があります。

■24時間使えるのか?

ほとんどのキャッシング会社の無人機は24時間対応です。

ただし、土・日・祝日に関しては22:00までとなっているところも多いので、利用するキャッシング会社のHPで営業時間を調べておいてくださいね。

■無人契約機の審査に必要なもの無人契約機の審査に必要なものは「本人確認書類」と「収入証明書」になります。

本人確認書類とは、免許証や保険証などの身分を証明できるもので、収入証明書は給料明細や確定申告書などの収入を証明できるものです。

なお、収入証明書は限度額によって必要ない場合もあります。

この点は各キャッシング会社によっても違ってきますので、HPでしっかりと確認しておいてくださいね。

キャッシングの保証会社について~審査は2重構造になっている?

キャッシングを銀行カードローンで申し込むと、審査には保証会社が関わってきます。

ですから、審査に受かるためにも、保証会社がどういったものなのか知っておくのがおすすめです。

そこで保証会社とはどういったものなのか解説していきます。

保証会社とは


保証会社とは「あなたの連帯保証人の代わりを務めてくれる会社」です。

ひと昔前までは、お金を借りるときは保証人が必要でした。

しかし、現在では保証人を必要とせず無担保で借入れが可能です。

これは保証会社ができたからなんですね。

万が一、お金を貸した人が返せなくなっても、保証会社が代わりに返済してくれるため、キャッシング会社は無担保で融資することができるのです。

このように保証人の代わりをしてくれるのが、保証会社になります。


保証会社は無条件で保証人の代わりをするわけではない


保証会社は当然、無条件で保証人の代わりになってくれるわけではありません。

しっかりと返済能力があるかどうかを見極めた上で、保証人の代わりになってくれるのです。

そのため、あなたに返済能力があるかを判断するために審査を行います。

どのような審査になるかはブラックボックスですので正確には分りませんが、過去の返済履歴や他社の借り入れ件数、事故情報の有無などがチェックされていると言われています。


キャッシングの審査は2重構造になっている


また、保証会社の審査に通ったとしても即融資というわけではありません。

保証会社の審査とは別にローン会社の審査にも通らないといけないんですね。

つまり、キャッシングの審査は2重構造になっているわけです。


たとえば、三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスです。

SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスのことです。

三菱東京UFJ銀行の保証会社はアコムです。


このように銀行カードローンの保証会社を消費者金融や信販会社がになっています。

そのため、ローン会社と保証会社の2つの審査を突破しなければ、お金を借りることができないのです。

ですから、キャッシングの審査にはローン会社だけでなく、保証会社の審査に通りそうかも気にしておく必要があります。

キャッシングに保証人は必要か?

キャッシングに保証人は必要ありません。

そもそもキャッシングは、気軽に借入れできることを売りにしていますので、無担保・保証人なしで融資してくれるのです。

また、以下のような理由から保証人を必要としていません。

■申込者の信用を元に融資するため

キャッシング会社は、申込者の信用を元に融資する「信用貸し」が一般的です。

信用というのは返済能力と思ってもらえればいいでしょう。

キャッシング会社が一番恐れているのは、返済してもらえないことですので、融資申込者の返済能力を重視しています。

そのため、融資するか否かは、年収や職業、信用情報等をもとに審査され判断されます。

審査の結果、「この人にならお金を貸しても大丈夫だろう」と判断されれば、融資が行われます。

■キャッシングは金利が高めに設定されている

キャッシング会社は信用貸しなため、貸したお金を回収できなくなるというリスクを抱えています。

お金を回収できなければ赤字になってしまいます。

そこで、赤字のリスクを回避するために金利を高めにしているのです。

金利を貸金業法の上限金利20%を超えない範囲で、高めに設定して、赤字にならないよう経営しています。

■まとめキャッシングは保証人を必要としていません。

「信用貸し」が一般的ですから、キャッシング会社の審査基準を満たしていれば融資してもらえるのです。

保証人が必要ない分、金利が高くなる傾向にありますので、くれぐれも借りすぎには注意してくださいね。

キャッシングは免許証のみでも利用できるか?

キャッシング会社は、免許証のみでもお金を貸してくれるのでしょうか?

結論から言えば貸してくれます。

また、免許証に限らず、保険証やパスポート、住民票のみでも借入れが可能です。

ただし、いくつか条件や注意点もありますので理解しておきましょう。

■決められた限度額の範囲なら免許証のみでも可能

免許証のみで借入れできるのは決められた限度額の範囲のみになります。

例えばよくあるのが限度額50万円以下、他社合計が100万円以下なら、収入証明不要というものです。

この場合、限度額50万円以下、もしくは他社との合計が100万円以下であれば、収入証明がいらず、免許証のみで借入れすることが可能なんですね。

■在籍確認は必ずされるので注意!免許証のみで借入れできるとはいっても在籍確認は必ずされます。

これはちゃんと収入があるかどうかのチェックなので仕方ありません。

とはいえ、在籍確認は担当者の個人名で電話してくるため、キャッシング会社からとはまず分らないので安心してください。

■個人事情主は難しい場合がある決められた限度額の範囲内でのキャッシングでも、個人事情主は難しい場合があります。

理由は個人事情主は自宅を職場にしていることが多いため、在籍確認されても、収入があるという証にはなりにくいという特徴があるためです。

ですから、自宅を職場にしている個人事業主の方は、収入証明の提出を求められることが多く、免許証のみで借入れできないことが多々あります。

フリーターだけどキャッシングできる?審査落ちしない?

「フリーターだけどキャッシングしたい!」このようなときに気になるのが「審査に通るのか?」ですよね。

そこで今回はフリーターのキャッシングについてお伝えしていきます。

■フリーターはキャッシングできるのか?

結論から言えばフリーターであってもキャッシング可能です。

キャッシング会社が融資対象者として見なすのは、「満20歳以上で一定の収入がある方」です。

「一定の収入」というのはアルバイト収入も含まれます。

ですから、あなたがフリーターであっても満20歳以上であれば、融資対象者として見てもらえます。

■フリーターは審査で不利になる?

フリーターは正社員と比べると審査上不利になるのは間違いありません。

多くのキャッシング会社は「スコアリングシステム」といった審査基準を導入しています。

スコアリングシステムは職業や年収等をもとに、あなたの返済能力を採点化するプログラムのようなものです。

フリーターの場合ですと、非正規雇用者ですし、年収も低くなりますので採点も低くなり、審査上不利になってしまうんですね。

しかし、これはあくまで目安です。

キャッシング会社もできるだけお金を貸したいと思っていますので、信用情報に傷がある等、よっぽどのことがない限り、基本的に審査落ちにはしません。

■フリーターの限度額はどれくらい?

限度額は職業ではなく「年収」によって決まってきます。

これは貸金業法の「総量規制」という法律のためです。

総量規制とは、「貸金業者は年収の3分の1以上のお金を貸してはいけない」という法律になります。

そのため、年収が100万円なら33万円までしか借入れすることができません。

フリーターの場合、年収がそれほど多くありませんので、高額な借入れはできないと思ったほうがいいでしょう。

キャッシングは派遣社員でもできるのか?審査はどうなる?

「派遣社員だけどキャッシングしたい。でも審査に通らないかも?」このように不安になっている方は多いようです。

たしかに派遣社員は安定しているとはいえませんので、審査上不利になってしまうことは間違いありません。

ですが、たとえ派遣社員であってもプロミスなどのカードローンでキャッシングすることは可能です。

■条件さえ満たせば派遣であってもキャッシング可能!

そもそもキャッシングは条件さえ満たせば、派遣やアルバイト、パートなどの非正社員や学生でも利用可能です。

その条件とは以下の2つ。

・一定の収入があること
・満20歳以上であること

この2つの条件さえ満たしていれば、たとえ派遣社員であっても、キャッシングすることが可能です。

ですから、派遣社員だから借りられないということは基本的にありません。

■ただし派遣社員は正社員に比べて審査上不利

キャッシング会社は派遣社員であっても融資してくれます。

しかし、派遣社員は正社員に比べて審査上不利になることは間違いありません。

キャッシング会社が一番重視するのは返済能力=安定収入です。

派遣社員は正社員とは違い、安定しているとは言えませんから、どうしても審査上に不利になってしまいます。

また、限度額も「総量規制」がありますので、あまり多くの金額は望めません。

総量規制によって年収の3分の1以上は借りられないと決まっているので、正社員よりもお給料が少ない派遣社員では高額の借入れはできないのです。

それでも、多重債務状態であったり、過去にクレジットカードの支払いを遅延した等の理由がない限り、派遣であっても通常は融資してくれるはずです。

キャッシングが初めてだと気になる!借入れはどんな感じで行うの?

初めてキャッシングするときは、どのような感じなのか気になりますよね。

でも安心してください。キャッシングの手順は極めてシンプルです。

どのキャッシング会社であっても、「申込 → 審査 → 契約」の3ステップと共通しているんですね。

まずはキャッシング会社のHPや店舗等に申込んで、審査を受け、契約すれば融資決定となります。

■審査にはなにが必要になる?

審査に必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」になります。

本人確認書類とは、免許証や保険証などの身分を確認できる書類となり、収入証明書類は、給与明細や確定申告書などの収入を証明できる書類です。

収入証明書類に関しては借入れ額によって、必要ない場合もあります。

例えば、よくあるのが「限度額50万円以下であれば収入証明不要」といった場合です。

この場合、50万円を超えなければ基本的に収入証明は必要ありません。

収入証明が不要な限度額については、各キャッシング業者によって違いますので、ホームページ等で確認しておいてくださいね。

■審査内容について

審査はどのようなものかですが、申し込み時に記載した電話番号に電話がかかってきます。

そして本人確認や限度額の確認をします。

また、これとは別に「在籍確認」もされます。

在籍確認は職場に電話がかかってきますが、担当者の個人名でかけてくれます。

ですから、キャッシング会社からとは知られてしまうことはありませんので安心してください。

審査は会社によっても異なりますが、早ければ30分で終了します。

無事審査に通ったら、業者によっては即融資してくれるところもあります。

後日、キャッシュカードが郵送されますので、受け取ったらすべて終了になります。

これがキャッシングの大まかな流れになります。

とても簡単ですよね。

キャッシングは何社までOK?複数借入してもいいの?

キャッシングは何社までできると思いますか。

基本的に、2社目まではそれほど問題にはなりませんが、3社目から審査は厳しくなると考えてよいでしょう。

ただし厳密に決まりがあるわけではなく、借り手の職業や収入によってケースバイケースだと言えます。

はじめてのキャッシングの場合、10万円程度の枠からスタートするケースが多いでしょう。

10万円のキャッシングを3社からするのであれば、合計で30万円のキャッシングとなり、審査でもそれほど問題視されないと考えてよいでしょう。

年収の3分の1までキャッシングすることができるので、自分の年収に照らし合わせると、上限と思われる金額がおのずとわかります。

年収200万円なら借り入れできるのは60万円程度です。

1社から30万円づつ借りたとすると、3社目のキャッシングは難しいと言わざるを得ません。

また、借入件数が多いと審査の際にも不利となります。

多重債務は危険なため、借入の金額にかかわらず他社借入件数が審査のネックとなってしまう場合もあります。

借入件数は誤魔化したり虚偽の申告をしてもすべて信用情報機関の記録でわかってしまいますから、ウソをつくことはできません。

このように、借入件数に決まりはなくても制限される結果となっています。

実は、総量規制の対象外となる借り入れがあります。

それは銀行カードローンです。

銀行カードローンの借入と消費者金融の借入を組み合わせると、実質、年収の3分の1以上の金額を借入することができるのです。

借入件数が増えてしまった場合は、銀行カードローンでおまとめにするなどして借り換えを行うのがおすすめです。

キャッシングで勤め先に連絡がくるのはマズイと思った時は?

キャッシングすると勤め先に連絡があると聞くと不安になりますよね。

なぜローン会社や消費者金融が勤務先に電話をかけるのかを理解しておきましょう。

それは、審査の過程で職場へ在籍確認を行う必要があるためです。

在籍確認がスムーズに出来ないと、即日融資が利用できなくなる可能性もありますので、注意してください。

でも、勤め先にアコムやプロミスなどのカードローンの会社名で電話がかかってくると、お金を借りていることが会社の人にバレテしまうのではないかと気になりますよね。

実際には、在籍確認の際、ローン会社が会社名を名乗ることはありません。

個人名で電話をかけて「▲▲と申しますが○○さんはいらっしゃいますか?」と尋ねます。

決して「モビットの者ですが」などと名乗ることはありませんので安心してください。

銀行は銀行名を名乗ることが多いですが、銀行名を聞いてキャッシング会社と結びつける人はほとんどいませんので、この点も気にしなくてよいでしょう。(どうしても嫌な場合は、お願いすればたいてい個人名でかけてもらえます)

その際、あなた本人が電話に出られるのが一番よいですが、あなたが不在にしていても問題ありません。

その会社に所属していることがわかればよいので、電話を受けた人が「○○は外出しております」とか「○○はただいま会議中です」のように受け答えをすることで在籍確認がとれたことになります。

電話受けた人が「折り返しご連絡しますので電話番号を教えてください」と言った場合も、「またこちらからかけしますので結構です」とか「携帯にかけてみます」と返答します。

着信した番号に折り返し電話をかけても、専用の電話番号になっていて誰も出ないようになっていたり、ローン会社の名称で応答しないような仕組みとなっていたり、非通知でかける会社も多いですので、この点も安心です。

キャッシングサービスを提供する会社はこのようにかなり気を遣って配慮をしてくれています。

もし、どうしてもこの時間帯にかけてほしい、女性でなく男性からかけてほしい、など、様々な事情がある場合は、できる限り対応してくれるケースが多いですので、気になることは遠慮せずにあらかじめきちんと要望を伝えたり確認をとるなどして相談しておきましょう。

キャッシングの他社借入は審査に影響がある?

キャッシングで他社借入があると、審査に響くという話を聞いたことがありませんか。

新規の借り入れやクレジットカードの申込み時の審査が通りにくくなるというのは本当なのでしょうか。

他社借入があるかどうかは信用情報機関に登録されている情報でわかるようになっています。

ですので、借入件数を偽って申告することはやめておきましょう。

他社借入があると審査に絶対に通らないのかと言えばそんなことはありません。

・返済状況
・返済実績

などが審査のポイントとなります。

支払い期日を守って返済をしているかどうか、完済した実績があるかどうか、これらをしっかり行っている場合は、信用を積み重ねていることになりますので、借入できる可能性が高いです。

注意点として、実際に借入していなくても申し込みをしただけで信用情報に履歴が残るため、短期間に複数の履歴がついていると、審査の際に不利になってしまいます。

6か月は履歴が残るため、審査に落ちてしまった場合は半年程度間をあけて申込みするようにしましょう。

他社借入件数が多い状態を多重債務と言い、多重債務の状態で新規の借り入れはかなり厳しいと言わざるを得ません。

借入件数が多いと、返済もそれぞれバラバラになるため、総額で毎月かなりの金額を返済に充てなければならなくなり、負担が大きいです。

そこで、複数の借り入れを一本化するおまとめローンを利用することで、債務をひとつにまとめて借入件数を減らし、月々の返済金額を圧縮することが出来ます。

他社借入件数が多い方は検討してみてください。

キャッシングで土日祝日も即日でお金を借りることはできるのか?

突然お金が必要になった時に頼りになるのが「即日キャッシング」です。

即日キャッシングとは、ローンに申し込んでから実際にお金を手にするまでが同日ということです。

大手消費者金融などは朝申し込めば、当日の14時50分までにはお金の振りこみを行ってくれるということが一般的です。

では、銀行が空いていない土日に即日キャッシングを行う方法はないのでしょうか?

休日には振込でのキャッシングは銀行の為替の都合上、行うことはできません。

そのため、ATMからのキャッシングになります。しかし、ATMからキャッシングを行うにはカードが必要です。

つまり、休日に即日キャッシングを行うには即日でカードを受け取る必要があるということです。

審査自体はメガバンクや大手消費者金融は休日でも行っています。審査通過後に即日でカードを受け取る必要があります。

大手消費者金融や、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行は自動契約機というものを保有しています。

銀行のATMコーナーの片隅や大きな道沿いに自動契約機が設置されていますので、カードを郵送ではなく自動契約機で受取るという方法を選択すれば、契約機の営業時間内に審査に通過できれば、即日カードを受け取ることができます。

カードさえ受け取ってしまえば、併設されているATMやコンビニATMから即日キャッシングが可能です。

なお、メガバンクではすでに口座を保有している人で、インターネットバンキングに契約している人は審査に通過した時点で、手持ちのキャッシュカードにローン機能が付与され、すぐにキャッシングができるようになるという金融機関もあるようです。

キャッシングの相談時に携帯電話の契約を持ちかけられたら

キャッシングの相談を行った際に、業者から「いい話がある」と携帯電話の購入を持ち掛けられることがあります。

具体的には、携帯電話端末を分割購入する契約を携帯電話会社と結び、携帯端末を手に入れる。携帯電話のSIMカードだけ抜きとった状態で、業者が数万円で買い取ってくれるという話です。

業者はその端末を新古品のような形で転売します。

経験がある方も多くいるかと思いますが、携帯電話を分割購入する場合は多くの場合、初期費用が全く掛かりません。

そのため、初期費用ゼロで数万円を手に入れることができ、一見するとおいしい話のようにも思います。

しかし、業者が新古品のような形で転売するということは必ず新品よりも低い価格で販売すると決まっています。

つまり、分割購入で初期費用ゼロであるため実感はないですが、総支払額は業者が買い取った額よりも必ず多くなるようにできています。

業者が5万円で買い取ってくれたとすれば、総支払額は8万円~10万円程度になるのではないでしょうか?

確かに携帯電話に契約するだけでお金を手に入れることはできますが、業者は10万円の商品をあなたに買わせて5万円しか払わないという手口です。

キャッシングの相談に来ている時点で、お金に困っている、すぐにでもお金が欲しいということは業者は分かっています。

そのため、「携帯電話を契約するだけで現金が手に入る」というような甘い言葉で誘ってきます。

分割契約を解除するには残金を一括で清算しなければなりませんし、解約可能月に解約しないと違約金が1万円程度取られてしまったりと、一度契約するとなかなか解約できないのが今の携帯電話ですが、そのようなことは一度契約させてしまえば業者には関係ありません。

また、キャッシングの相談時にそのような話を持ち掛けてくる時点でヤミ金である可能性が高いため、携帯の転売はもちろん、そのような業者からお金を借りることも控えてください。

キャッシングに携帯滞納が影響あり?審査で不利になる理由

キャッシングでは携帯滞納があると審査に影響があることをご存知ですか。

携帯やスマートフォンは本体価格を分割で毎月の通話料と一緒に支払っていることが多いと思います。

分割払いはローンを組んでいることと同じですので、実は、本体価格の分割払いは信用情報に登録されています。

たかが電話料金だと思って携帯滞納を軽い気持ちで続けていると、信用情報に傷がついてしまう場合があるので注意してください。

キャッシングの審査でも不利になってしまいますし、住宅ローンや自動車ローンの審査にも影響が出てしまうことがあります。

例えばSoftBank、au、NTTdocomoといった携帯キャリアは個人信用情報機関のCICに加盟しています。

月々の支払いを滞納し続けているとCICに滞納の情報が記録されてしまいます。

キャッシングに申し込みをすると、キャッシング会社がCICに個人信用情報の照会を行い、その際に携帯滞納の記録があれば、当然キャッシング会社にその情報が渡ることとなります。

このようにしてキャッシングの審査に影響を及ぼしてしまうのです。

なお、滞納を続けていると金融事故として信用情報に登録されてしまい、その記録は完済してから5年経過するまで残り続けます。

その期間はずっとキャッシングやローンの審査に不利なままとなってしまいます。

また、携帯キャリアを変えても信用情報の記録は残ります。

携帯やスマホの料金の滞納は未払いにならないよう、支払期日を守って確実に支払いを行うようにしましょう。

キャッシングは健康保険証だけで出来る!所得証明も不要

キャッシングというと、運転免許証など顔写真のある身分証明書が必要なイメージがありますね。

なんとしても顔写真付きでなければならない、というローン会社があるのは確かですが、大手のアコムやプロミスなら健康保険証だけでキャッシングできます。

これは、運転免許証がない方にはありがたいサービスですね。

また、2015年から規制が少し緩くなり、50万円までの借り入れなら収入を証明する書類もいらないローン会社が増えました。

中には、楽天銀行ローンのように200万円まで収入証明不要なところもあります。

2010年に総量規制が始まってから、借り入れをしているすべてのローン会社の残高を合わせて年収の3分の1以上の借り入れは出来なくなり、新規で申し込む際は所得を証明する書類が必須となってしまっていました。

この時期は、前のように気前良く貸付できなくなったため、アコムやプロミスの店舗もバタバタ減っていきました。

大手のアコム、プロミス、レイク、アイフルがなくなったらどうしようと不安に思った方も多いことでしょう。

収入証明が、ある程度の貸付金額まではいらない、となると審査のスピードも上がり、貸付金額もローン会社の判断に委ねられます。

それでも年収の3分の1以上のは借りられませんが、少しは幅ができたということです。

健康保険証だけで借りられるキャッシング会社は、アコム、モビット、プロミス、アイフル、ノーローンなど。

銀行系のバンクイックやみずほ銀行カードローン、楽天銀行ローンも健康保険証だけで借り入れできます。

ここで注意したいのは、公式サイトで『健康保険証だけでOK』となっている場合でも、収入証明書を求められる場合もある、という点です。

特に、他社借り入れが多いとか、勤務先のない自営・自由業な場合は、審査の過程で収入を証明する書類の提出を求められることが多いです。

書類が用意できない場合は、客先からの振込みが記帳してある通帳を見せるとか、売り上げを付けている帳簿などを見せても大丈夫な場合もありますので、書類に関しては融資担当者に相談してみましょう。

基本、健康保険証だけでいいのですから、何がなんでも公的な収入証明書を出して、ということはありません。

そして、証明書がない場合、審査には通帳のほうが強いです。

証明書類が全く用意できない場合でも、限度枠は小さくなりますが他で延滞がなければ融資枠を作ってくれる会社もあります。

これはあくまで、ローン会社の判断に委ねることになりますから、キャッシングする際は相性のいい会社を探すことが大事になってきます。

総量規制はあっても、また健康保険証だけでキャッシングを申し込めるようになったのですから、お金が必要な時は迷わず!

キャッシングを使いましょう。

金利がおトクになる、キャッシングの繰上げ返済

前に、キャッシングの一括返済について書きましたが、繰上げ返済には色々な方法があります。

一括で返済できるなら、一括繰上げ返済するといいです。

これは一括返済と同じ。

一部繰上げ返済は、借り入れ残高の一部をまとめて返済することです。

支払い期間を短縮して、利息を節約するために、ボーナスなど臨時収入があったら一部を繰上げ返済にまわすといいです。

キャッシングの利息は、毎月、利用残高に対してかかるため、元金が減らないと利息も高いまま払い続けることになります。

半分でも繰上げ返済できれば、支払い期間も短くなり利息を減らすことができます。

繰上げ返済の方法は簡単で、ローン会社に電話して相談するか、店舗があるなら出向いてお金を返してくるか、ATMで繰上げ返済できるなら行っておく、等の方法があります。

キャッシングは無担保でお金が借りられて助かるのですが、そのかわり金利も高いため、多く返す余裕があるときは返しておいたほうが、その後の返済がラクになってきます。

もっと金利の節約をしたいなら、繰上げ返済後、月々の支払額も多めに設定し直して、返済期間を短くするといいです。

借り入れ残高の元金が減れば減るほど、月々の利息も少なくなってきますので、繰上げ返済+毎月の支払額増額で利息を節約しましょう。

繰上げ返済そのものはいつでも簡単に行えますので、いま多く返済しても大丈夫かどうかは、よく考えたほうがいいですね。

長い間、借金を抱えていたくないという気持ちはわかりますが、貯金や保険など、手持ちのお金を持っていたくてお金を借りている場合もありますから、繰上げ返済は本当に返しても大丈夫な時に行うのがおすすめ。

冠婚葬祭が続いたり、家に病人がいたりなど不意の出費が多い時期は、多少利息がソンだなと思っても、まとまったお金は持っている方がいいかもしれません。

なんのために高い利息を払っているか、じっくり考えてみましょう。

支払い期間が長くて利息が高くついても、担保も取られないで手持ちのお金ををキープできるための手数料が利息、という考え方もできます。

繰上げ返済はよくよく、いまの自分の経済状況を検討してからにしても遅くはありません。

順調に返済が続いているなら、繰上げ返済はあくまで『返しても大丈夫』な時でかまわないんですよ。

在籍確認は怖くない!親バレなしのキャッシング

しょっちゅうキャッシングしている人々の間でよく、『在確』という言葉が飛び交っています。

これは『在籍確認』の略で、キャッシングを申し込んだ時に職場と家の両方にカード会社から電話がかかってくることです。

すべてがweb完結以外の申込方法では、この在確は避けられないものと思ってください。

自宅と職場に、本当に在籍しているかを確認する電話ですから、文字通り在籍確認ですね。

実家にお住まいの方は、親バレせずにキャッシングしたいことでしょう。

なるべく、親には心配をかけたくないものです。

ただ、在籍確認で親バレ、はほとんどありません。

なぜなら、カード会社の担当者は、個人名で電話をかけてきます。

『田中ですが、○○さんはいらっしゃいますか?』という感じです。もし留守にしていれば『では、また改めてお電話します』と言って切ります。

間違っても『○○さんがお申し込みになったローンについてお電話いたしました』と、家族に言ったりすることはありません。

とはいっても、親なればこそ『借金かな』と、ピンとくる場合もあります。

徹底して親バレしたくないなら、在籍確認の電話には1回目で必ず出るようにしましょう。

そのためには、融資担当者に電話に出られる時間を教えておくといいです。

融資担当者は貸付のプロですので、様々な事情に柔軟に応じてくれます。

自分の携帯で在籍確認を済ます方法が主流ですが、中には携帯と自宅の両方で在籍確認を取る場合もありますから、自宅にいる時間帯を担当者に教えておき、その時間帯はお風呂にもトイレにも行かず在確の電話を待ちましょう。

在籍確認の時点では、融資が決まっていることが多いため、電話は短く終わります。

『○○さんですね。ではのちほどカードを郵送いたします』という程度で済みます。

ハイ、ハイと答えていればいい内容なので、これで在籍確認は終わり融資が実行されます。

さらに親バレしないコツは、申し込んだカード会社からの郵便物は自分で取ること。

アコムなどの店舗で申し込んだ場合、書類はカードと一緒に持たせてもらえるので、融資に関する書類が家に送られてくることはないのですが、他のカードの場合、融資だけは銀行振込で当日行ってくれても、カードと書類はあとで郵送されてくる場合があります。

モビットは店舗が全国展開していないので、カードはかならず郵送になります。

この書類は、封筒がローン会社とわからないようになってはいるのですが、なるべく郵便受けをマメに確認して、自分で取るようにしましょう。

郵便にローンカードが入っている場合は、本人限定郵便という事が多く自分しか受け取れませんので、速やかに受け取るためにはやはり、郵便が来そうな時間には自宅にいるといいです。

キャッシングを申し込んでから、融資が実行され、カードや書類が届くまでの間はできる限り自宅にいて在籍確認の電話や郵便物の受領に応じるための時間を作ることで、親バレはかなりの確率で防げます。

今日借りたい!そんな時に心強いおすすめキャッシング

急にお金が必要になることは、誰にでもあります。

キャッシング利用の理由で一番多いのが、冠婚葬祭関連というアンケート結果が出たこともあるくらい、日常生活では突然の出費が多いもの。

貯金を崩すにも、銀行へ行っている時間がない。

そもそも貯金が無い場合、お金が必要ならキャッシングするしかありません。

キャッシング枠のついたクレジットカードを持っていれば、その日のうちにATMで借り入れ可能ですが、無い場合は新規でローンを申し込むことになります。

クレジットカードだと、発行までに最短でも1週間はかかりますから、即日融資をしてくれるローン会社に申し込んでみましょう。

おすすめはモビット、アコム、プロミス、レイク、アイフルなどの大手消費者金融です。

審査が通れば申し込みの当日に借りられます。

金利や利息、限度額など契約内容に多少の違いはありますが、CMなどでもよく知られているような大手は、いずれも安心して利用できる会社です。

ただ、カード会社との相性というのが誰にでもあり、審査がなかなか通らないところには、いくら申し込んでも通りません。

相性のあわない会社とは、いくら安定収入があっても審査が通らないです。

逆に、フリーランスでも多重債務者でも借りられる時もあります。

プロミスやレイクはどちらかというとサラリーマン向けだと言えます。

フリーランスであったり、派遣、自営業の方が通りやすいキャッシング会社なら、アコムとモビットがおすすめです。

もちろん、定収入がなければ審査に時間はかかりますが、この2社は債務整理や返済の延滞がない限り、借入できる可能性が高いです。

申し込みだけはネットからしておくことをおすすめします。

その日のうちに、融資担当者の方から電話が来て、審査結果を伝えられます。

それで否決ということもあるのですが、webから申し込んだ場合、否決なら大抵メールで知らせが来ます。

仮審査が通ったら、いくつか必要事項を質問されて、必要書類の提示をすることになりますので、健康保険証や免許証、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書などを用意しておくと、本審査がスムーズに進みます。

モビットは全国に店舗があるわけではないため、審査そのものは電話のやりとりで完結します。

アコムは職業や他者借り入れ状況によって、店舗に呼ばれることもあります。

ほかに借り入れが多かったり、フリーランスだったりすると大抵、店舗で面談となりますが、そこまで話が進むとたいていは借りられますので、店舗へ行くのを面倒くさがらないようにしましょう。

即日融資と言っても、審査に時間がかかる場合に備えて、時間と心に余裕を持っていたいものです。

あと、必要書類は速やかに提出できるように用意しておくとよいです。

とくに自営業・フリーランスの方は、所得証明書など収入の証明になるものは、常に持っておきましょう。

あとは、地元の銀行のカードローンも、即日融資してくれるところがありますので、多少審査に時間がかかってもいい場合は検討してみるといいです。

女性なら、通販会社のローンサービスも即日融資がありますので、検討対象にしてみてください。

キャッシングを延滞したら信用情報はどうなる?上手な延滞のコツ

キャッシングを延滞したら、即、信用情報に傷がつく、ブラックリストに載ってしまうと思って怖くなり、他から借りて返済に回すのはちょっと待ってください。

各カード会社の判断によりますが、延滞が2、3ヶ月と長引いたり、債務整理をしたりしない限り、簡単に信用情報会社に延滞情報は流れないことが多いです。

信用情報とは、銀行やローン会社が加盟する信用情報機関で共有する個人の情報のこと。

名前、住所、職業などの個人情報と、カードローンの貸付枠、借入額などが登録されていきます。

信用情報機関の主な会社は、全国銀行個人情報センター、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)となります。

クレジットカード会社や消費者金融会社は、CICとJICCの両方に加入している事が多いです。

キャッシングの審査の時に、ここで申込人の信用情報を見て、貸すか貸さないかの判断材料にします。

信用情報だけが審査のすべてではないですが、スムーズにお金を借りたいなら、やはり長期間の滞納や債務整理はせず、信用情報をきれいにしておいた方がいいでしょう。

ただ、どうしても延滞になる場合もあると思います。

返済日になってお金が足りなかったり、家族が病気になって急にお金を使う用事ができたり、と生活していると色々あります。

毎月の支払いが順調にこともなく行くわけではないですね。

そういう時は、使うべきところに手持ちのお金を使い、支払いに関しては、まずカード会社に連絡しましょう。

返済日から遅れても、払うめどが立つなら事情をその通り伝えて、担当者の方と支払い方法を相談して、新たに決めた期日までに支払うと、延滞たった1回で信用情報に傷がつくことはほとんどないでしょう。

これを2、3回繰り返すと、限度枠が下がることもあるかもしれませんが、支払いを続けている限り強制的に契約解除などということはほとんどありません。

1回遅れたら、全額返済を迫られるという事も、昔の商工ローンなどではよくあったものの、大手のクレジットカード会社や銀行カードローン、消費者金融会社ではそういうことはありません。

払えない時は、すみやかに相談すると信用情報に傷がつかず済みます。

また、順調に支払えるようになるまで一時的に枠を減らされたとしても、もうこれ以上借金しないほうがいいサインだと思って、出費を見直しましょう。

また、延滞をしたからといって、即日取り立てが始まることもありません。

カード会社への連絡ができないまま支払いが遅れた場合、5日から1週間んくらいで、個人名で『お支払いのほう確認できませんでしたが、ご事情がおありでしょうか?』という内容で連絡が来ますので、その時は状況をきちんと説明しましょう。

支払いが遅れたのを放置するのが一番よくないので、払えないときは一刻も早くカード会社の担当者に相談するのがいいです。

無理して他から借りて支払い、自転車操業にならないようにしましょう。

また、カードの利用情報は、順調に支払いを終えても、信用情報機関に5年は記録されます。

キャッシングのリボ払いは損なのか?気になる金利の計算方法

キャッシングのリボ払いは、金利がローン会社によって違ってきますが、だいたい15%から18%という所が多いです。

数年前までは、キャッシングとなると普通に年利25%以上はあったのですが、いまは法律が変わり、100万円未満の貸付なら18%が上限金利となっています。

以前に比べると、銀行のカードローン並みに金利も安くなったものの、それでも借入残高の2割近くが利息となっています。

キャッシングのリボ払いは便利で、使いすぎにさえ気をつければ毎月の支払いは一定なため、キャッシングの支払いだけに振り回されず、貯金や保険の契約もできるようになってきます。

ただ、毎月の利息は常に借入残高に対して払うことになりますから、支払い方法によっては、ひと月の支払いがほぼ利息で、元金がなかなか減らないという事もあります。

キャッシングのリボ払いは、こういう利息の計算方法になっています。

一般的なローン会社では、借入残高×年利÷365日×30日で計算することが多いです。

50万円の借入残高があり、年利18%で借りている場合、ひと月の利息はだいたい7400円くらいになります。

利息と元金をまとめて2万円ずつ返済する、元利定額リボルビング払いだと、元金は12600円ちょっとしか減りませんね。

これが、支払い額の2万円に利息をプラスして支払う、元金定額リボルビング払いだと、元金は2万円減ります。

そのかわり、月々の支払いは27400円くらいになります。

ざっくりと計算してみるとこんな感じです。

支払いが厳しいときは、元利定額リボルビング払いのほうがラクですが、なかなか元金が減らず、また2万円くらいキャッシングしたいと思っても、2万円の枠が回復するまでにはあと数ヶ月かかってしまいますから、月々の支払額を少し多めにするなどして対処するといいです。

カード会社によっては、元利定額リボルビング払いか、元金定額リボルビング払いかを選べる会社もありますので、契約時によく調べるようにしましょう。

支払いが長引くと、それだけ利息も多く支払うことになりますので、まとまったお金があったら一部だけでも返済に回すと、返済回数が減って最終的に支払う利息は安くなります。

このように、キャッシングのリボルビング払いの利息はそれなりに高くつきます。

考えようによっては、払いが大変な時期でも、定額でとりあえず利息と元金を少々払っておけばいいので、やはりなくてはならない返済方法と言えます。

この便利さに対して、利息を払っているようなものでしょう。

キャッシングリボは一括返済がお得!返せるならサッサと返そう

キャッシングのリボ払いは支払いのラクさから、つい使いすぎてしまい借入残高が膨らみがちになります。

しかも、お支払いの期間が長引くと、利息もそれだけ付いてきますから、最終的な支払い金額は元金プラス利息数十万、という事が多いです。

この利息分がもったいないので、まとまったお金があるならキャッシングリボは一括返済しておいたほうがいいでしょう。

ボーナスが出た、貯金を下ろした、保険を解約した、または遺産が入った等の機会があったら、キャッシングリボの一括返済をおすすめします。

『カード会社は毎月利息で儲けているから、一括返済は受け付けてくれない』と思う方もいますが、それははるか昔の話です。

昔は利息も含めてキッチリ返済し続けなければならないローン会社もありました。

強制はされないものの、カードローンの一括返済は嫌がられ、店舗にお金を持って行ってもいつまでも待たされたりしたものですが、貸金業法も何度も変わり、いまはそういうことはありません。

安心してキャッシングリボの一括返済をしましょう。

ただし楽天カードでは海外キャッシングサービスをご利用になると、その支払いが自動的にリボ払いになり、一括返済はできないそうです。

ご返済方法は簡単で、カード会社に電話して返済額を聞き、返済日までの利息を添えて銀行振込するのが一般的な方法です。

またATMから一括返済できる場合もあります。

この時返す利息は、借入残高プラス返済日までの利息だけでいいのでお得です。

利息の計算方法は、カード会社によって違ってきます。

返済日の午前中に振り込むか、午後に振り込むかだけでも利息が変わってくるカード会社もありますので、一括返済したいときは支払日と、銀行に行ける時間と振込金額を担当者の方と詳しく相談するのがおすすめです。

また、クレジットカードのキャッシングリボだけ一括返済しておいて、ショッピングの借り入れは残すこともできます。

カードの借り入れを、ショッピング・キャッシング含めて全額返したいのか、キャッシングリボだけ返したいのかよく考えて返済しましょう。

返済のあとは、解約しない限りキャッシングの利用可能枠はそのまま残りますので、使いすぎが気になるならキャッシング枠を減らしてもらうのもいいでしょう。

まとまったお金が入ってきたら、自由に使いたいのが人情ですが、ここはグッと我慢して必要な現金だけ手元に残し、キャッシングリボの返済に回した方が、あとあとラクになってきます。

手軽すぎるキャッシングのweb完結!こんなに簡単に借りられていいの?

いまは、ほとんどのローン会社が金利やサービス内容の情報を提供するホームページを持ち、そこから直接申し込めるようになっています。

窓口へ行ったり、申込書を郵送して返事を待ったり…という手間がなく、審査結果がほぼ申込当日にわかり、可決の場合は即日融資もしてもらえるのがweb完結のすごいところです。

ローンカードを申し込んだ場合は後から郵送されてきますが、利用可能枠の範囲内なら、審査が通れば申し込み当日に銀行振込で融資してくれます。

ただ、このweb完結にはいくつかの条件をクリアする必要があります。

たとえばモビットの場合、モビットの提携先である三井住友銀行か、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが、ひとつ目の条件。

次は、健康保険証かパスポートのどちらかと、源泉徴収票などの収入の証明になる書類をweb上で提出することが、二つ目の条件。

次は勤め先を確認できる書類として、勤め先の健康保険証と、給与明細所を提出するのが、三つ目の条件となっています。

このすべての条件を満たせば、在籍確認の電話もなく、入会申込書などの書類のやりとりもなく、スムーズに融資を受けられます。

会社員の方で、提携先銀行の口座を持っている方向きなのが、モビットのweb完結です。

自由業・自営業の方は普通に、web上でカード申込をしましょう。

web完結と違う点は、確認の電話が担当者の方からかかってくるくらいです。

審査に少々時間はかかりますが、必要書類を提出し審査が通れば、その日のうちに借り入れができるようになりますので、それほど面倒なことはありません。

いわゆる『在確(在籍確認の略)』があるか、ないかの違いだけですので、webで申込してから融資が決定したら、web完結ということにもなるでしょう。

モビットのほかにも、アコム、プロミスなどの大手消費者金融も、webから申し込みができます。

在確の電話はかかってきますが、『アコムですが』ということはなく、担当者の個人名でかかってきますので、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。

キャッシングのweb完結の利点は、24時間いつでも申し込めることにあります。

忙しくて借り入れを申し込む時間がない時、深夜、明け方、早朝でも各ローン会社のサイトから申し込みだけはしておけます。

あとは、審査結果と担当者からの連絡を待つだけ。

お金が必要になりそうなのに、なかなか店舗へ行けない…。電話している時間がない…。そんなときはweb完結が最短でお金が借りられる方法だと言えます。

借りようと思い立ったら、早めに申し込んでおきましょう。

キャッシングのリボ払いとは?支払いはラク、使いすぎに注意

キャッシングの返済方法には『翌月一括払い』『分割払い』『リボ払い』と何種類かあります。

ここではリボ払いについて説明していきます。

リボ払いとは、リボルビング払いの略で、その月いくらキャッシングを使っても、返済額は毎月同じ、という返済方法のことです。

翌月一括払いや分割払いより、利息が高めに設定してある場合が多いですが、いくら利用しても月5000円程度から5万円程度の定額支払いになりますから、とてもラクな支払い方法です。

このリボ払い、月いくらずつ返すのかは、クレジット会社によってサービス内容が異なります。

たとえば、10万円までの利用残高なら月々5千円の支払いで良くても、借入残高が10万円を超えると1万円ずつの返済になったり、もっと借入残高が増えると1万5千円、2万円…と返済額が増えていくカード会社もあります。

逆に、いくら使っても返済額は設定した金額のまま、という場合もあります。

2万円のリボ払いに設定していれば、100万円使ったとしても2万円ずつのお支払い、という会社もあります。

リボ払いを利用するときは、お手持ちのカード会社のホームページをよく見て、リボ払いのコース内容や支払い方法を確認し、納得してから利用しましょう。

リボ払いの便利な点は、キャッシングの利用可能枠の範囲内ならどれだけ利用しても、毎月の支払い金額が抑えられることです。

今月は冠婚葬祭や車の故障で10万円キャッシングしてしまった…。

などの事情でも、毎月の返済額が変わらないのですから、急な出費に強い返済方法です。

月々の支払いが厳しいときは、迷わずリボ払いをご利用ください。

ただ、問題はリボ払いを使い続けていると、カード借入残高が減らずキャッシング枠を圧迫してしまうことです。

50万円のキャッシング枠で、2万円のリボ払いを設定し、借入残高が50万円いっぱいになってしまった場合、2万円ずつ返していても借り入れ枠は最高でも2万円しか空きません。

月々の支払い額が変わらないので、つい出費が多くなってしまうこともありますので、リボ払いの借り入れ残高を確かめて、多めに返済できる月は返済額を変更して大目に支払い、借り入れ枠を空けるのもひとつの手です。

あと、キャッシングのリボ払いは金利がたいてい18%と高めなので、まとまったお金ができたら早めにリボ払いの部分だけ返済しておくと、利息の節約になります。

一括返済の方法は、次の項で説明しますね。

キャッシング枠はいらない?利用停止するべき理由とその方法

クレジットカードが発行されると、ほぼ、もれなくキャッシング枠がついてきます。

はじめてカードを持った方は『キャッシングって何?』と、首をかしげることもあるでしょう。

クレジットカードは、買い物や携帯料金の支払いだけではなく、ATMでお金を借りることができます。

この機能が、キャッシング枠です。

わざわざアコムなど消費者金融や銀行カードローンに申し込まなくても、お金を借りられる機能がほとんどのクレジットカードにはついています。

急に現金が必要になった時には、とてもありがたい機能とはいえ、中にはキャッシング枠はいらないという言う方もいることでしょう。

その場合は、キャッシングの枠をなくすことが可能です。

キャッシング枠を利用停止にするメリットは、不正利用を防げることです。

カードを落としたり盗まれたりしたときに悪用され、キャッシング枠いっぱいにお金が引き出されてしまうこともあります。

この不正利用は、自分の責任でなければカード会社が補償してくれると思いがちですが、補償はあくまでカード会社の判断で決まります。

推察されやすい暗証番号だったとか、カードの保管がずさんだったとか、あるいは友人や身内が勝手にカードでキャッシングしてしまった、というケースでは、カードの名義人にも過失ありとみなされて、補償してもらえない事もあるのです。

また、カードをなくした時の手続きも煩雑です。

カード会社に電話して利用停止してもらい、警察に届け、再発行…等の手続きが必要になってきます。

手続きが終わる前に不正使用されたら、上記のように面倒な事になる場合もありますので、キャッシング枠がいらないならなくしておくのもひとつの安全策と言えます。

キャッシング枠のついたクレジットカードを財布の中に持つ、ということは、財布の中に手持ちの現金プラスいつでも引き出せるお金が数万から数十万あるのと同じ、という意識を持ちましょう。

キャッシング枠の停止は、クレジットカード会社に電話してお願いすれば簡単にできます。

カード会社によっては、インターネットから手続きできることもあります。

こうして、いらないキャッシング枠を止めておくと、なくした時にキャッシング枠いっぱいお金を引き出されてしまうような事は防げます。

また、自分自身の使いすぎ防止にもなりますね。

それと、キャッシング枠は信用情報機関に記録され、総量規制の対象になります。

いまは年収の3分の1までしか借金ができないので、無駄にキャッシング枠を持っていると他のローンを組む際の審査回答に響くこともありますから、絶対に使わないならなくしておいた方がいいでしょう。

ただ、緊急に現金が必要な場合のために、5万円から10万円くらいのキャッシング枠なら、残しておいてもいいかもしれません。

キャッシング枠の減額をなぜするの?限度額が減らされる理由は?

キャッシング枠の減額はなぜ行われるのでしょうか。

今まで利用していたキャッシング枠の限度額が減額された場合は、カード会社から信用度に疑いを持たれたからに他なりません。

返済の引き落としができずに延滞が何度か続いたりすると、なんの事前通告もなく問答無用で減額されたり利用停止にされたりします。

クレジットカードのキャッシング枠はいわゆる借金なので、総量規制の対象となっており、年収の3分の1を超えるキャッシング利用は法で禁じられているのです。

消費者金融などのカードローンを他社で利用した場合、総量規制によってカード会社が枠を減額することがあるのです。

増額のために申し込みするとその時点で再審査されるため、借入状況によっては増額どころか減額や利用停止になるケースがあります。

総量規制は収入に見合わない借金での生活破綻を防止するための法なため、銀行の住宅ローンや車のローンなど、担保がある借入は対象外になります。

ショッピング枠の利用額も対象外です。

なお、ショッピング枠を定期的に利用し支払も期日を守ってカードを使っていると、キャッシング枠が増額されることがあります。

ゴールドカードなどでは100万円の限度額になることもありますが、あえてこの増額された枠を減額する人たちもいます。

この場合は紛失時の悪用リスクを避けるためです。

また、住宅ローンを考えている人は、クレジットカードの与信が審査に大きく関係してきます。

キャッシング枠があるとキャッシングしているようにみなされ審査に不利になると言われています。

たとえキャッシング枠を利用していなくても、減額して0にしておいたほうがよいでしょう。

キャッシング枠は便利なサービスですが、将来の人生設計を踏まえたうえで賢く使いたいものです。

キャッシング枠の増額にはカードの利用実績が大事なポイント?

キャッシング枠の増額は可能なのだろうか?そうお考えの方に、キャッシング枠の変更や増枠のお申込みと審査についてお伝えします。

クレジットカードのキャッシング枠はわずらわしい手続きなしに現金が借りられるため、限度額を上げたいと考える人もいるでしょう。

キャッシング枠の増額は、クレジットカード会社に申し込み、審査を受けることで可能になります。

ネットから申し込みできるのは30万円程度までが目安です。

50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。

限度額の変更はカード会社の判断によりますので、希望額通りに増枠が行われるかどうかは審査結果次第となります。

キャッシング枠の増額では、まず現在のカードの利用状況がポイントとなります。

支払いの遅延がないことはもちろん大事ですが、注意したいのがショッピング枠のリボ払いです。

リボ払いの利用額は借入金とみなされます。

借入金の金額が年収の3分の1を上回る場合は、増枠は難しくなると考えてください。

借入金には、リボ払いの他に消費者金融でのキャッシングも含まれます。

キャッシング枠を限界まで使っている状態での増額申請もあまりおすすめしません。

再度審査が行われるため、あちこち借入している状態で申込みをすると、キャッシング枠が減額されたり停止になってしまうことすらあります。

一方で、利用実績が誠実と見なされれば、こちらから何もしなくてもキャッシング枠が増額されるカード会社もあります。

カードの利用履歴があり、定期的に期日を守って支払を行っていることが大事です。

逆に、まったく利用していない状態では増枠の必要がないと判断される可能性があります。

利用実績を踏まえて6か月から1年経過後に増額が可能になるカード会社がほとんどなので、この点も踏まえたうえで申込みをしましょう。

キャッシング枠の審査は甘い?厳しい?申込みするならココに注意を!

キャッシング枠の審査について不安に思っているかも知れません。

クレジットカードにはお金を借りることができるキャッシング枠がありますが、このキャッシング枠は審査のうえで付与されるものとなっています。

個人信用情報に基づいて審査が行われるため、他社借入や返済履歴などがチェックされます。

支払いの延滞や携帯電話、スマートフォンの利用料金の支払いに延滞がある場合は要注意です。

また、総量規制と言って年収の3分の1以上の借り入れができないため、消費者金融やカードローンなどでキャッシングをしている場合も、キャッシング枠が付かない場合があります。

クレジットカードのショッピング枠でリボ払いのご利用がある場合も、借金とみなされます。

ちなみに総量規制に銀行のローンは含みません。

自分の年収と現在の借入金額を照らし合わせて、オーバーするようであれば審査には通りませんので、現在の借入金の返済を行ってから申し込みする等、時期をずらした方がよいでしょう。

増枠の際の審査も同様で、ショッピング枠の支払い延滞や総量規制を超える借入がある場合は審査に通りません。(むしろキャッシング枠が0円になる可能性があります)

もしもキャッシング枠の審査に落ちてしまった場合は、申込みや審査結果が信用機関に6か月程度登録されるため、この期間が過ぎるまで新たなお申し込みは控えましょう。

なお、キャッシング枠の審査では、利用限度額の検討も行われるため、審査は慎重で時間がかかります。

審査回答に1週間以上かかるカード会社もあるため、急ぎの借入には向きません。

クレジットカードにキャッシング枠があると、いざという時に手軽にお金が借りられるため便利なのですが、このように審査が厳格であることがネックです。

キャッシング枠が0円になるのはどうして?考えられる3つの理由

20151129

キャッシング枠が0円になっているクレジットカードを受け取るとガッカリしますよね。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つが設けられており、キャッシング枠とは借入金の限度額のことを言います。

クレジットカードのキャッシング枠が20万円に設定されていれば、20万円のお金を借りることが出来るわけです。

クレジットカードのキャッシング枠は即日ATMから現金を引き出せるため、借金の方法として非常に便利なものです。

この限度額はクレジットカードの申込時に自分で申請が出来ますが、実際の限度額を決定するのはあくまでもクレジットカード会社であるため、希望通りの枠が与えられるわけではないという点を覚えておきましょう。

キャッシング枠30万円で申し込んだのに、審査の結果0円となることもあります。

キャッシング枠が0円になる理由のひとつとして、総量規制の影響があります。

現在は貸金業法の改正により年収の3分の1しか借入が出来ないため、キャッシング枠もその対象となっているのです。

他のクレジットカードでの借り入れやカードローン、消費者金融等でのキャッシングがあり、年収の3分の1を超えるようなことがあればキャッシング枠は0円となります。

もうひとつの理由が返済の延滞等による信用力の低下です。

信用が下がればカード会社がキャッシング枠を0円に設定することがあります。

また、主婦である場合も収入がないことからキャッシング枠は設定されません。

キャッシング枠目的でクレジットカードを作ろうと考えている人は注意が必要です。

クレジットカードの申込時にキャッシング枠に金額を書いて申請するとカード審査が通りにくくなるとも言われており、例えば楽天カードは入会して半年後でなければキャッシング枠の増額が申請できない決まりになっています。

カードが手元に届いてもすぐにキャッシングできるわけではないので注意してください。

キャッシングで金利が安いところはどこ?銀行カードローンに注目!

キャッシングで金利が安いところはどこでしょうか?

少しでも低金利なキャッシングを探すなら銀行カードローンに注目しましょう。

銀行カードローンは消費者金融よりも低い金利水準となっています。

各銀行カードローンを比較して金利の安い会社を見てみましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン 年4.6~14.6% 500万円まで
楽天銀行カードローン 年4.9~14.5% 500万円まで
イオン銀行カードローンBIG 年3.8~13.8% 500万円まで
みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン 年3.0~7.0% 1000万円まで
みずほ銀行カードローン コンフォートブプラン 年3.5~14.0% 1000万円まで
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5% 800万円まで
三井住友銀行カードゴールドローン 年3.5~9.8% 700万円まで

みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン(年3.0~7.0%)と三井住友銀行カードゴールドローン(年3.5~9.8%)が突出して金利が低いですね。

みずほ銀行カードローン エグゼクティブプランは2015年11月にサービス開始され、みずほ銀行カードローンの上級優良顧客向けの商品となっています。

申込み審査後、エグゼクティブプランかコンフォートプランに分かれますが、顧客側は選ぶことが出来ません。

審査の結果、コンフォートプランだった場合は10万円を借りたときの金利は14%となり、平均的な銀行カードローンの金利での借入となります。

エグゼクティブプランは借入限度額が200万円からとなっており、高額融資を希望する人が多いと言われています。

一般的に200万円の限度額を得るのは容易ではなく、ほとんどの人がコンフォートプランの利用になると考えられるため、狭き門です。

三井住友銀行カードゴールドローンは三井住友銀行カードローンと名前はよく似ていますが別の商品です。

最高金利が10%を切っていて、10万円を借入しても金利は9.8%と、非常にお得なキャッシングです。

しかしデメリットもあり、審査に時間がかかるのが特徴で、申し込みから審査まで3週間程度を要しますので、急ぎの方には向きません。

また、収入証明書の提出が必要で、年齢制限は55歳以下と厳しめです。

以上のように金利が安いところは審査や条件のハードルがやや高いと言えるでしょう。

時間に余裕がある人にとっては、三井住友銀行カードゴールドローンは非常に魅力的なサービスです。

キャッシングの金利を比較してみたら支払総額にこんなに違いが?

20151127

キャッシングの金利の比較をしたことはありますか。

どこで借りても同じだろう、と思われるかもしれませんが、金利によって返済する金額が多少変わってきます。

少しでも金利が安い方がいいですよね。

どのくらい差があるのかを比較してみましょう。

一般的に銀行カードローンは金利が安い傾向にあります。

3%~15%程度に設定されています。

一方で消費者金融では5%~18%が一般的な金利水準です。

ちなみに、いずれも金利に12~13%の幅があるのは、借入限度額が大きければ大きいほど金利が安くなる傾向があるからです。

消費者金融で10万円のキャッシングをした場合、金利は18%となるケースがほとんどです。

同じように10万円を銀行カードローンで借り入れた場合は、13%程度の金利がつくケースが多いでしょう。

では、この18%と13%の差の5%でどのくらいの違いがでてくるのか計算を行って比較してみましょう。

10万円を18%の年間利子率で1年間借りた場合
返済増額110,011円
支払利息総額10,011円
月額返済額9,167円

10万円を13%の年間利子率で1年間借りた場合
返済増額107,175円
支払利息総額7,175円
月額返済額8,931円

同じ10万円を借りても金利によって返済総額で2360円の差が生まれています。

このようにキャッシングでは金利がとても重要なポイントになります。

返済の負担を減らすためにも、金利は安ければ安いに越したことはありません。

キャッシングの際は金利の比較をすべきだということがおわかりいただけたでしょうか。

なお、実際の金利は借主の信用力に左右されますので、決定するのはキャッシング会社になります。

一番低い金利を見比べるのもよいですが、一番高い金利で比較することをおすすめします。

キャッシング審査どうしても通したい?それ本当に必要なお金ですか?

キャッシングの審査どうしても通したい!と考えているなら、審査が通るような条件を自分で整えるしかありません。

でも、それができれば苦労しませんよね。

そんなときに、100%通るとか、必ず審査に通るという文字を目にしたら、飛びついてしまいそうですが、100%審査に通るということは通常あり得ませんので、そのようなことを謳っている業者は怪しい会社だと考えたほうがよいでしょう。

どうしてもお金が借りたい、審査にどうしても通したい、と必死になっているときは、冷静な判断ができないこともあるので、くれぐれも注意してください。

そのような業者で安心してキャッシングすることはできないのです。

どうしても審査に通したいのなら、あなたの信用力をあげるほかないのです。

そのためには、期日を守って借入金を返済し続け、借入金の上限枠を上げるために自分の収入を上げる、などの一定の努力が必要です。

そんな悠長なことをやっている時間などない、今すぐお金を借りたいんだ、と思っているのなら、キャッシングの審査を通すということからいったん離れてみることをおすすめします。

本当にここでお金を借りる必要があるのか、今一度考えてみてください。

もし、支払いのためのお金に困っているのなら、支払い期日を延ばしてもらうように交渉してみましょう。

そんなことを言ったら恥をかくのではないか、馬鹿にされるのではないかと考えるかも知れませんが、危険な金融業者でキャッシングをするリスクを考えたら、潔く謝って期日を延長してもらう方がずっといいです。

プライドが高いとなかなか言い出しにくいものだと思いますが、正直に事情を打ち明けて相談することで、あっさりと解決できるケースもあります。

いったん心落ち着けて、そのお金は本当に今必要なのか?と自問してみてください。

キャッシングの審査が通らないのはこのせいだった!理由と対策とは?

20151125

キャッシングの審査に通らないと悩んでいるのなら、審査に通らない理由を考えてみましょう。

なぜ通らないのか?その理由や原因がわかれば対策ができるというものです。

まず、キャッシングの審査を受けるその前に、あなたの現在の借入状況、収入、返済状況を確認してみましょう。

例えば借り入れ状況の場合、年収の30%までと現在は貸金業法で決まっており、それ以上の金額を金融機関が借主に貸し出した場合は貸主がペナルティーを受けます。

このように上限が法で決まっているため、対策としては、順次返済を済ませていくことで個人の信用力が増すこととなり、再度借りることが可能になると言えます。

次に収入ですが、こちらに関してはご自身が副業を始めて収入が増大したり、または勤め先からボーナスが出るようになり年収が増えた場合をいいます。

この場合は収入証明書を提出して再度審査すれば、借り入れが可能となることがあります。

返済状況については、金融機関というものは非常にシビアに見てきます。

この返済状況でトラブルになるケースが多いようです。

人によっては考え方の違いで、「数日遅れてもきちんと返済しているんだから」「事情があったから遅れたんだ」など、個々の理由で自分を正当化しようとする傾向があります。

事情は分かりますが貸主側としましたら、期日に返済するのは当たり前となっていますので、1回から2回は大目に見ても3回も続くと確実に評価は下がります。

この返済日を確実に守るという意識をもって努力してください。

貸主側は理由もなく審査を落とすことはありません。

キャッシングの申し込みをする際には、事前に自分で各項目を自己評価をし、審査を受けることをおすすめします。

キャッシングの審査が甘い会社でお金を借りるのはちょっと待った?

キャッシングの審査が甘い会社を探している方は、すでに他社で複数の借り入れがあったり、返済の延滞があったりして審査が通らない経験をしているのではないでしょうか。

大手の消費者金融や有名どころのキャッシング会社、銀行カードローンなどで通常行われている審査ではもう通らない、とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

審査が甘いキャッシング会社なら、自分にもお金が借りられるかも知れない、と考えるのも無理はありません。

実際に、キャッシングの審査が甘い会社というのはあるのでしょうか。

インターネットなどで審査が甘いと紹介されているキャッシング会社を目にすることがあるでしょう。

その多くは、中小の貸金業者であり、あまり見聞きしたことのない会社名がずらりと並んでいます。

確かに、知名度があまりない会社は大手に対抗するために審査基準を緩めざるを得ないのかも知れませんが、こういった業者への申し込みは十分に注意することが必要です。

一般的なキャッシングの審査ではなく独自の審査基準を持っているため、他社で断られた方も融資可能な場合がある、と説明されていますが、その実態は貸金業規制法を守っていない会社や、悪徳業者である可能性もあります。

多重債務に陥っていたり、金融事故の履歴がある人でもお金が借りれるということは、よく考えれば返済できない人にお金を貸していることになります。

なぜ返済できない人にあえてお金を貸すのでしょうか。

厳しい取り立てでどんな手を使っても回収を行うからではないでしょうか。

なかにはそういった危険な業者もあるということを決して忘れないでください。

キャッシング即日融資の方法にはコツがある?今日中にお金を借りるには?

キャッシング即日融資の方法を説明します。

時間がない、忙しい、そんな人は即日融資がどんな風に行われるのか気になるかと思います。

申込みはどうやってするのか、審査はどのくらいかかるのか、お金はどうやって受け渡しするのか、本当に即日借りられるのか、心配事がいろいろあることでしょう。

実際のところ、キャッシング即日融資を行うにはいくつかコツがあります。

その方法を解説していきます。

まず、申し込みについてですが、インターネットか自動契約機を使って申し込みをすることです。

銀行の営業時間が15時までであるために、即日融資の受付は14時か14時半には締め切られてしまいます。(キャッシング会社によって異なります)

ネットからWEB契約をする際はこの時間までに行いましょう。

今日中に現金が手元に欲しい、と言う場合はこの時間に間に合わせることがポイントになります。

無事に審査通過し融資決定されると、自分の指定した口座にすぐにお金を振り込んでもらえます。

ですが、なかには仕事などの都合で14時までの手続きが難しい、と言う場合もありますよね。

その場合は、自動契約機を利用するという手があります。

例えばプロミスでは、ネット申し込みと審査を完了すると、自動契約機でカード発行が可能です。

そのカードを使ってコンビニATMなどで現金を借入することが出来るのです。

自動契約機は地域にもよりますが22時ごろまで営業しているので、夜遅い時間でもその日のうちに現金を手にすることが可能となっています。

自動契約機を利用する場合は、先にインターネット申込みと審査を済ませておくことがポイントです。

インターネット申込みは、パソコン、携帯、スマートフォンから行います。

キャッシング即日融資はある意味、時間との戦いです。

申込みの際の記入事項は間違いなく確実に記載しましょう。

特に電話番号やメールアドレスを間違えてしまうと審査結果が受け取れずに無駄に時間がかかってしまうので、注意してください。

審査の過程で在籍確認の電話がありますので、職場に電話がかかってくることも覚えておいてください。

女性の担当者から電話をかけないでほしい、希望する時間にかけてほしい、など要望がある場合は、あらかじめ電話でキャッシング会社に相談しておくのも大事なことです。

キャッシング即日審査なしで専業主婦がお金を借りる方法とは?

■被写体の人物はストックフォトモデルです。撮影許諾を得ています。■スタジオにて撮影したイメージ写真です。

キャッシングを即日で審査なしでしたい、そんな専業主婦の方には、知っておいてほしいことがあります。

お金を借りたい理由は人ぞれぞれ、様々な事情があることでしょう。

もしかしたらいま、とても切羽詰ってキャッシング先を探しているのかも知れません。

専業主婦で自分は仕事をしていないから、審査が通らないのではないか、だから審査なしのキャッシング会社で借りたほうがいいのではないか、もしかして、そう思っているのではありませんか。

専業主婦で収入のない方でも、キャッシングでお金を借りることは可能です。

審査を受けた上で、きちんとお金が借りられます。

ですから、審査なしの即日キャッシングがどんなに良さそうに見えたとしても、手を出すのは控えましょう。

審査なし、ということは誰にでもお金を貸すということです。

誰にでも貸すということは相手がどんな人間かわからないわけですから、貸す方は大きなリスクが伴います。

その分、借りる側のリスクも大きいのです。

つまり、金利などの返済面で非常に不利な条件でお金を借りることになる可能性が大です。

そのような大きなリスクをとるべきではありません。

専業主婦のキャッシング審査について少し説明させてください。

キャッシング会社の審査は、その人がお金を返す能力があるかどうかを見極めるためのものです。

いわば、その人の信用力をはかっているのです。

専業主婦は仕事をしていないから安定した収入はないかも知れませんが、配偶者である夫には安定した仕事と収入がある、それならば返済ができるだろうと見なされて融資を受けられる大手キャッシング会社があるのです。

ただしここで注意しておきたいのが、夫の会社に在籍確認などの連絡が入ったり、同意書が必要なケースがあることです。

夫に知られずにキャッシングしたいと考えている専業主婦の方が利用するには厳しいと言わざるを得ません。

その場合は銀行系のカードローンを選べば、配偶者に内緒のままお金を借りることができます。

即日融資を希望するならソニー銀行のカードローンをチェックしてみてください。

キャッシングの即日融資でスムーズに手早くお金を借りるには?

今すぐお金が必要なときに頼りになるのがキャッシングの即日融資です。

申込みから審査、融資までの時間が短く、早ければその日にお金が借りられるのが特徴です。

どうしても今日明日にでもお金が必要だ!という場合にもキャッシングを可能にしてくれる便利なサービスです。

こうしたスピード感のあるキャッシングは、忙しい現代人のライフスタイルのニーズにマッチしており、現在はほとんどの大手金融会社が即日融資のキャッシングサービスを提供しています。

誰もが聞いたことのある有名な会社やCMなどでよく見聞きする会社ですし、即日融資だからといって金利が特別高いというようなこともありませんので、安心して利用することができるでしょう。

申し込みはインターネットでパソコンやスマートフォンから手続することが可能です。

ネット申し込み後は、すぐに審査があり、融資可能かどうかの回答がキャッシング会社からメールや電話で送られてきます。

その後、本人確認書類の提出を行って契約成立すると、自分の指定口座にお金が振り込まれます。

本人確認書類の提出はアプリなどを使用して送ることが出来るので、手続き自体はそれほど難しいものではなく、キャッシング会社の案内も非常に丁寧なものですから、手続きに戸惑うことはありません。

早いところで最短30分~1時間で借り入れが可能とされていますが、注意しておきたいのが、即日審査や即日融資をするには時間の期限があるという点です。

各キャッシング会社によって何時までに申込みするかは若干異なりますが、たいてい14時前後がその日のリミットとなりますので、どうしてもその日にキャッシングをしたい場合は朝一番や午前中には申し込みを済ませたいところです。

申込みに必要な個人情報や本人確認のための書類もすぐに提出できるように手元に準備しておくと手続きがスムーズに進みます。

スマートフォン1台あれば、自宅に居ながらにしてその日のうちにキャッシングができる即日融資。

わずか数時間で自分の口座にお金が振り込まれますので、本当に便利なサービスです。

キャッシングが即日に審査なしで借りられるって本当ですか?

多くの方がお金に関しての悩みを持っています。

生活のためだったり、予測しなかった出費のために、お金が必要になることは誰にでも起こります。

そんなときに、即日でお金を貸してくれる消費者金融でキャッシングを考える人も多くいることでしょう。

ですが、今すぐお金が必要なのに、ある程度有名な大手消費者金融ならどこでも、キャッシングをするための審査というものがあります。

その審査に通らなければお金を借りることができません。

そこで審査なしの即日キャッシングという広告に目が行く人もいることでしょう。

もし審査なしで即日キャッシングができたら非常に助かりますし、お金に困っているときにはなおさらですね。

実際に、審査なしの即日キャッシングを行っている金融会社も存在しています。

ですが、審査なしでお金を貸してくれる業者の実態は、いわゆる闇金と言われる危険な会社です。

どうしてもお金に困っているときに、審査なしで即日融資をしてくれるところがあったら、駆け込みたい気持ちになるかも知れません。

しかし、こういったところでお金を借りると、法外に高い金利がつき、返せなければ厳しい追い込みが待っているため、手を出さないほうがよいでしょう。

キャッシングの審査は、この人にお金を貸してよいかどうかを決めるために行われます。

住所氏名などの個人情報はもちろん、安定した収入があるかどうか、返済能力はあるかなどを様々な角度から見ていきます。

キャッシング会社はお金を貸した以上は返済を受けて回収をしなければなりませんので、お金を返せそうにない人には当然貸さないのです。

そのためにもキャッシングの審査は必ず必要なものです。

安心安全にお金を借りるためには、審査をきちんと行っているキャッシング会社を利用するべきだと言えるでしょう。